シュタイン (ミッテルフランケン)

ドイツ、バイエルン州フュルト郡の市
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Stein COA.svg Locator map FÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
フュルト郡
緯度経度: 北緯49度24分
東経11度00分
[1]
標高: 海抜 304 m
面積: 19.51 km2[2]
人口:

13,996人(2018年12月31日現在) [3]

人口密度: 717 人/km2
郵便番号: 90547
市外局番: 0911, 09127
ナンバープレート:
自治体コード: 09 5 73 127
行政庁舎の住所: Hauptstraße 56
90547 Stein
ウェブサイト: www.stadt-stein.de
首長: クルト・クレーマー (Kurt Krömer)
郡内の位置
Stein in FÜ detailed.svg
地図
レドニッツ川沿いの木組み建築

シュタイン (ドイツ語: Stein, ドイツ語発音: [ʃta‿in][4]、東フランケン方言: Schdah) はドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケン行政管区フュルト郡に属す市である。本市は、ニュルンベルクと直接市境を接しており、レドニッツ川が流れている。

地理編集

位置編集

シュタインはニュルンベルクの南西、レドニッツ川の左岸に位置している。レドニッツ川は、本市の北数kmのフュルト市内でペグニッツ川と合流し、レグニッツ川となる。

隣接する市町村編集

隣接する市町村は北から時計回りに以下の通りである: ニュルンベルクロールロスタールツィルンドルフオーバーアスバッハ

市の構成編集

本市は以下の10地区からなる[5]:

 
フュルト郡地図
  • バーテルスドルフ
  • エッカースホーフ
  • グッツベルク
  • ロッホ
  • オーバービューフライン
  • オーバーヴァイアースブーフ
  • ジッヒャースドルフ
  • シュタイン
  • ウンタービューフライン
  • ウンターヴァイアースブーフ

かつて存在していたドイテンバッハ市区は公式には廃止されたが、道路標識、サッカークラブ STV ドイテンバッハやドイテンバッハ消防団、ドイテンバッヒャー通り(ニュルンベルク=クロッテンバッハ地区の通り名)や地元での呼び名に生き続けている。市区の入り口は標識で示されている。ドイテンバッハという名称はさらに、乗合バスの停留所にも使われている。ファーバー=カステルの本社複合体やファーバーシュロスが位置するレドニッツ川の東岸の市域であるシュピッツガルテン市区の名称も現在は使われていない。地元の人の会話に時折習慣的に現れるフェルゼン市区は、フェルゼン通りにその名を留めている。これらの通りは、レドニッツ通りやカステル通りと同様に市境を越えてニュルンベルクに通じている。

歴史編集

町の形成まで編集

この集落は、1227年landriht zv dem Staine(シュタインの地方裁判所)として初めて文献に記録されている。この名称はおそらく、13世紀から存在した、レドニッツ橋のゲリヒトシュタインから転じたものである。ここでは、1296年1297年にも zu der steinbruke の法廷が開かれた[6]

 
1590年頃のシュタイン・バイ・ニュルンベルク

その後数世紀の間この集落は成長していったが、1499年にクンツ・ショットによって破壊された。復興後シュタインは、約50年後の1552年第二次辺境伯戦争によって再び破壊された。その後の復興は1560年代まで続いた。シュタインの三度目の破壊は、三十年戦争中の1632年に起こったツィルンドルフ近郊アルテ・フェステの戦いによるものであった。戦後1660年に、現在のアルター・キルヒプラッツ(旧教会広場)に福音主義改革派の教会が建設された。

1719年から最初の鉛筆製造業者がシュタインにあった。この会社は1758年にカスパー・ファーバーとしてシュタインに拠点を置き、これが大企業ファーバー=カステルの基盤となった。

18世紀末、シュタインには38戸が存在した。高等裁判権はブランデンブルク=アンスバッハ侯領のリヒターアムト(判事局)ロスタールが行使した。行政権は、ヘロルツベルク騎士領に属すニュルンベルクの世襲領主ゴイダー家が有した。土地領主としては、ゴイダー家、グーゲル家、エルハーフェン家があった[7]

19世紀から20世紀編集

1806年にシュタインはバイエルン王国に移管された。市町村令に伴い、1808年にシュトイアーディストリクト(徴税区)シュタインが形成された。この徴税区には、オーバーヴァイアースブーフ、シュピッツガルテン、ウンターヴァイアースブーフが属した。同じ年にルーラルゲマインデ(市町村にあたる)シュタインが形成されたが、その管轄範囲は上記の徴税区と同じであった。この町は、行政と司法はニュルンベルク地方裁判所の下、財政上はレントアムト(財務局)フュルトの下に置かれた。世襲裁判所の管轄としては、1821年から1848年までゲーバースドルフ世襲裁判所の下に1か所、1823年から1848年までシュタイン世襲裁判所の下に27か所の屋敷が置かれていた。1841年12月4日にルーラルゲマインデ・ヴィアースブーフが形成された。これにはオーバーヴァイアースブーフとウンターヴァイアースブーフが属した。1862年からベツィルクスアムト(地方行政局)ニュルンベルクがこの町を管轄した。司法上は1880年からニュルンベルク区裁判所の管轄下に属した。財務行政は、1870年からレントアムト・ニュルンベルク(1920年からフィナンツアムト・ニュルンベルクと改名)が担った[8][9]。1961年時点のこの町の面積は 9.117 km2 であった[10]

1861年に、マルティン=ルター広場に新しい福音主義ルター派教会マルティン=ルター教会が完成した。

 
ニュルンベルク=シュタイン駅

この町は、1875年アンスバッハへの鉄道路線上のニュルンベルク=シュタイン駅開業により、鉄道網に接続した。1889年、シュタインのレドニッツ橋が新設され、交通インフラストラクチャが強化された(新レドニッツ橋の完成は1971年)。1926年にニュルンベルク=フュルター・シュトラーセンバーンによって、ニュルンベルク=シュヴァイナウ - シュタイン (キルヒェ) 間の乗合バスが開業した。5年後にメインストリートが敷石で舗装された。第二次世界大戦後の復興後、1949年にニュルンベルク=シュヴァイナウとシュタイン (ローゼンシュトラーセ) との間でトロリーバスが運行を開始した。トロリーバス路線は1962年に再び廃止された。

1906年にファーバーシュロスが完成した。ニュルンベルク継続裁判1945年11月20日 - 1949年4月14日)のために、アーネスト・ヘミングウェイがジャーナリスト兼レポーターとして、シュタインのファーバー=カステル城に滞在した。ファーバー=カステル城は、国際弁護士や裁判のレポーターの宿泊施設として利用されていた。ジョン・スタインベックもその1人であった。1953年に、最後のアメリカ軍の占領兵士がこの城を明け渡した。城はそれまで報道拠点として利用されていた。1957年に新しい町役場が完成した。ゲーテリング周辺の衛星都市は、1973年に完成した。

1922年にシュタインをニュルンベルクに合併するという議論が起こったが、実行されなかった。1972年7月1日にシュタインは、バイエルン州の地域再編に伴い、ニュルンベルク郡からフュルト郡に移管された。1977年4月1日に、シュタイン・バイ・ニュルンベルクは公式にシュタインと改名され、1977年5月6日に「市」となった[11]

1979年、屋外プール「パーム・ビーチ」によってレジャー施設が完成した。1993年にはハインツ・シュタインハルトが所有者となった[12]

1982年ギムナジウム・シュタインが完成した。新しいカトリック教会聖アルベルトゥス・マグヌス教会は1989年に、ドイテンバッハ地区の福音主義パウル=ゲルハルト教会は1992年に完成した。

市町村合併編集

1992年に、廃止された自治体ドイテンバッハ(シュヴァーバッハ郡)の一部が合併した。1927年には、1870年までオーバーヴァイアースブーフに属していたヴァイアースブーフが加わった。1967年に、それまでシュヴァーバッハ郡に属してたベルテルスドルフとエッカースホーフが合併した。フュルト郡に属していたグッツベルクは1972年7月1日に合併した[13]。同時にシュタインがフュルト郡に移管されたため、グッツベルクの所属する郡は変更されなかった。

住民編集

人口推移 編集

1818 1840 1852 1861 1867 1871 1875 1880 1885 1890 1895 1900 1905 1910 1919 1925 1933 1939 1946 1950 1961 1970 1987 1995 2008 2017
人口 796 657 873 897 1,098 1,320 1,432 1,698 1,855 2,054 2,048 2,064 2,295 2,400 2,284 3,015 4,079 4,967 6,326 6,672 7,455 9,167 13,267 14,116 13,895 13,916
戸数[14] 74 49 97 123 164 242 590 926 2,416 2,993
出典 [15] [16] [17] [18] [17] [19] [17] [17] [20] [17] [17] [21] [17] [17] [17] [22] [17] [17] [17] [23] [10] [24] [25] [26] [26]

行政編集

市議会編集

市議会は24議席で構成されている[27]

首長編集

シュタインの首長(町長および市長)を列記する。

  • 1966年 - 1978年 ヨーゼフ・デュンメルベック (Freie Wähler)
  • 1978年 - 1990年 アルフレート・シュスター (Freie Wähler)
  • 1990年 - 1996年 ヴェルナー・ビーヴァルト (CSU)
  • 1996年 - 2008年 ベルンハルト・ゴットベヒュート (FDP)
  • 2008年 -  クルト・クレーマー (SBG)

姉妹都市編集

文化と見所編集

 
ファーバーシュロス
 
シュタイン郷土博物館

ファーバー=カステルに関連した建築、施設が印象的である。レドニッツ川沿いの工場施設は、主に19世紀の建造物からなり、20世紀にたびたび増改築が繰り返された。

特に印象的なのがファーバーシュロスの歴史的な城館複合体(19世紀から20世紀初頭)である。この城館は、ネオルネサンス様式の古い部分と、古くはネオロマネスク様式で建てられた新城館からなる。代表的な部屋のいくつかは、当時の傑出した建築家ブルーノ・パウルドイツ語版英語版によって設計された[31]。広大な庭園(ファーバーパーク)は20世紀後半にバイエルン州およびニュルンベルク市に譲渡された。

福音主義のマルティン=ルター教会とその北側に連なる墓地の建物は、歴史主義様式に属す。

ニュルンベルク自然史協会が運営するレドニッツグルントには、保養・レジャープール「クリスタル・パーム・ビーチ」[32]、青年の家、フライラント水族館およびテラリウム[33]がある。2015年にシュタイン・フライラント水族館および同テラリウムは、その90年の歴史を回顧する展示を行った。

博物館編集

シュタイン郷土博物館は、1635年に建設された最も古い建物内に、2008年5月31日に開設された[34]。レドニッツ川西岸に博物館「アルテ・ミーネ」がある。ここでは爆弾製造が見学できる[35]。この博物館は、北バイエルン工業街道の一部である[36]

イベント編集

シュタインは5月に「文化の春・市祭」を祝う。3日間のこのイベントでは、数多くの団体や施設が参加するファミリー都市ラリーが開催される。これと並行して、様々な展覧会が、多くは市庁舎やアカデミー・ファーバー=カステルで、さらにはショッピングセンター FORUM でも開催される。土曜の夜には、メクレンブルガー広場で「文化の春」が開催される。ここではコメディーや音楽関係の様々な公演が行われる。市祭の日曜日には通常、商店が開いた日曜日となる[37]

6月には「デア・シュタットパルク・クリングト」(直訳: シュタットパルクが鳴り響く)が開催される。このイベントでは、シュタインのシュタットパルクで様々なグループや演奏者が、アコースティックな音楽を演奏する。「デア・シュタットパルク・クリングト」は無料で入場できるので、レドニッツグルントの高台にある小さな、牧歌的なシュタットパルクを、音楽を聴きながら散策することができる。

1996年から農民市が開催されている。第1回は1996年3月30日に開催された。農民市は、最初の5年間はマルティン=ルター教会前で開催されていた。第20回の農民市は、2016年9月24日にメクレンブルガー広場で開催された[38]

毎年ファーバー=カステルの敷地内で城館コンサートが開催される。

クラブ編集

STV ドイテンバッハ 1961 e.V. は1961年7月に設立された。トゥルン・ウント・シュポルトフェライン・シュタイン 1875 e.V. は、バスケットボールハンドボール卓球体操バレーボールなど多くの部門を有している。

自然保護区編集

シュタイン町域北西部に、全国的に重要な砂地の草原であるハインベルク自然保護区がある[39]

経済と社会資本編集

シュタインは、中世末期頃からブライシュティフトミューレ(直訳: 鉛筆水車)で知られており、現在も鉛筆製造で有名である。この街は筆記具メーカーのファーバー=カステルの本社所在地である。2015年11月にショッピングセンター「フォーラム・シュタイン」がかつての「メーベル・クリューゲル」の敷地跡に建設された[40]

交通編集

 
シュタイン周辺の近郊交通機関網

道路編集

市内を連邦道ドイツ語版英語版 B14号線が通っており、ジュートヴェストタンジェンテ(自動車道)のニュルンベルク=シュヴァイナウ・インターチェンジで自動車道・アウトバーン網に接続している。連邦道 B14号線は、ニュルンベルク方面およびアンスバッハ方面への通り抜け交通により非常に通行量が多い。市町村連絡道は西のウンターアスバッハへ、別の市町村連絡道は南のドイテンバッハに通じている。

鉄道編集

地域鉄道のアクセスは、ニュルンベルク=シュタイン駅を介するが、この駅はニュルンベルクとの市境から離れた市外のニュルンベルクのゲーバースドルフ地区にあり、鉄道ニュルンベルク - クライルスハイム線に面している。この路線をニュルンベルクSバーンの S4号線(ニュルンベルク中央駅 - アンスバッハ)が運行している。シュタインの近くでは、隣のウンターアスバッハに同じ路線の駅が存在する。

近郊交通編集

シュタインは、ニュルンベルク広域交通連合 (VGN) の地域内にあり、VGN-乗合バスの63号、64号で、公共近郊交通網に接続する。両路線は、ニュルンベルク側はU-バーン U2号線のレーテンバッハ駅に接続している。また、地域バス路線154号と713号およびデマンドバス714号が郊外の市区とS-バーン S4号線に接続する駅とを結んでいる。金曜日と土曜日の夜間には夜行乗合バス N7号 (VAG) がニュルンベルク中央駅からシュタイン経由でロスタールへ運行している。

U2号線をこれまでの終点レーテンバッハドイツ語版英語版からシュタイン市内まで延長する長期計画がある。このプロジェクトの資金調達は長らく明らかではなく、中期での実現の可能性は低い(2011年現在)[41]

 
シュタイン基礎課程学校

教育機関編集

シュタインには、基礎課程学校 1校、中等学校 1校、ギムナジウム 1校[42]、フュルト緊急医療労働共同体 e.V. の救難補助のための私立職業専門学校シュタイン[43]がある。アカデミー・ファーバー=カステルは、造形美術とデザイン分野の学習課程を持つ芸術、文化、デザインのためのアカデミーである[44]。シュタイン市民大学は成人のための教育機関である[45]。1991年からシュタイン音楽学校もある[46]

人物編集

出身者編集

ゆかりの人物編集

参考図書編集

  • August Gebeßler (1961). Landkreis Nürnberg. Bayerische Kunstdenkmale. 11. München: Deutscher Kunstverlag. pp. 67–69. 
  • Gerhard Hirschmann (1962). Stein bei Nürnberg – Geschichte eines Industrieortes. Nürnberg: Frankenverlag Spindler. pp. 259-. 
  • Gerhard Hirschmann (1991). Stein – vom Industrieort zur Stadt (2 ed.). Nürnberg: Lorenz Spindler Verlag. p. 313. 
  • Hanns Hubert Hofmann (1954). “Nürnberg-Fürth”. Historischer Atlas von Bayern, Teil Franken. I, 4. München: Komm. für Bayerische Landesgeschichte. p. 174. https://geschichte.digitale-sammlungen.de/hab/gehezuseite/bsb00008039?page=174 2019年12月27日閲覧。. 
  • Hanns Hubert Hofmann (1954). “Nürnberg-Fürth”. Historischer Atlas von Bayern, Teil Franken. I, 4. München: Komm. für Bayerische Landesgeschichte. pp. 245-246. https://geschichte.digitale-sammlungen.de/hab/gehezuseite/bsb00008039?page=245 2019年12月27日閲覧。. 
  • Georg Büttner; Waldemar Knaupp (1999). Stein an der Rednitz in alten Bildern. 
  • Wolf-Armin von Reitzenstein (2009). “Oberfranken, Mittelfranken, Unterfranken”. Lexikon fränkischer Ortsnamen. Herkunft und Bedeutung. München: C. H. Beck. pp. 213–214. ISBN 978-3-406-59131-0. 
  • Werner Sprung (1983). Rund um Stein – Die Geschichte der eingemeindeten Ortschaften. Schriftenreihe der Altnürnberger Landschaft. 31. Korn & Berg, Nürnberg. ISBN 978-3-87432-093-1. 

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

出典編集

  1. ^ Statistik kommunal 2018 Stadt Stein (PDF)”. p. 3. 2019年12月26日閲覧。
  2. ^ Stadt Stein – Daten & Zahlen”. 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ Bayerisches Landesamt für Statistik – Tabelle 12411-001
  4. ^ Duden Aussprachewörterbuch (Duden Band 6), Auflage 6, ISBN 978-3-411-04066-7
  5. ^ Bayerische Landesbibliothek Online (BLO) - Stein, St”. 2019年12月26日閲覧。
  6. ^ Wolf-Armin von Reitzenstein (2009). Lexikon fränkischer Ortsnamen. Herkunft und Bedeutung. Oberfranken, Mittelfranken, Unterfranken. München: C. H. Beck. pp. 213–214. ISBN 978-3-406-59131-0. 
  7. ^ Hanns Hubert Hofmann (1954). “Nürnberg-Fürth”. Historischer Atlas von Bayern, Teil Franken. I, 4. München: Komm. für Bayerische Landesgeschichte. p. 174. https://geschichte.digitale-sammlungen.de/hab/gehezuseite/bsb00008039?page=174 2019年12月27日閲覧。. 
  8. ^ Hanns Hubert Hofmann (1954). “Nürnberg-Fürth”. Historischer Atlas von Bayern, Teil Franken. I, 4. München: Komm. für Bayerische Landesgeschichte. pp. 245-246. https://geschichte.digitale-sammlungen.de/hab/gehezuseite/bsb00008039?page=245 2019年12月27日閲覧。. 
  9. ^ Adreß- und statistisches Handbuch für den Rezatkreis im Königreich Baiern. Ansbach: Kanzlei Buchdruckerei. (1820). p. 63. https://books.google.de/books?id=w7JAAAAAcAAJ&pg=PA63#v=onepage&q&f=false 2019年12月27日閲覧。. 
  10. ^ a b Bayerisches Statistisches Landesamt, ed (1964). Amtliches Ortsverzeichnis für Bayern, Gebietsstand am 1. Oktober 1964 mit statistischen Angaben aus der Volkszählung 1961. Heft 260 der Beiträge zur Statistik Bayerns. Abschnitt II. München. p. 812. https://daten.digitale-sammlungen.de/0005/bsb00059538/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00059538&seite=458 2019年12月27日閲覧。. 
  11. ^ Statistisches Bundesamt, ed (1983). Historisches Gemeindeverzeichnis für die Bundesrepublik Deutschland. Namens-, Grenz- und Schlüsselnummernänderungen bei Gemeinden, Kreisen und Regierungsbezirken vom 27.5.1970 bis 31.12.1982. Stuttgart/Mainz: W. Kohlhammer. p. 714. ISBN 978-3-17-003263-7. 
  12. ^ “Kristall-Chef und Bäder-König Heinz Steinhart ist tot”. nordbayern.de. (2016年7月20日). https://www.nordbayern.de/region/kristall-chef-und-bader-konig-heinz-steinhart-ist-tot-1.5358975 2019年12月27日閲覧。 
  13. ^ Wilhelm Volkert, ed (1983). Handbuch der bayerischen Ämter, Gemeinden und Gerichte 1799–1980. München: C. H. Beck. p. 543. ISBN 978-3-406-09669-3. 
  14. ^ Es werden nur bewohnte Häuser angegeben. 1818 wurden diese als Feuerstellen bezeichnet, 1840, 1852 als Häuser, 1871 bis 2016 als Wohngebäude.
  15. ^ Alphabetisches Verzeichniß aller im Rezatkreise nach seiner durch die neueste Organisation erfolgten Constituirung enthaltenen Ortschaften: mit Angabe a. der Steuer-Distrikte, b. Gerichts-Bezirke, c. Rentämter, in welchen sie liegen, dann mehrerer anderer statistischen Notizen. Ansbach. (1818). p. 88. 
  16. ^ Eduard Vetter, ed (1846). Statistisches Hand- und Adreßbuch von Mittelfranken im Königreich Bayern. Ansbach. p. 209. https://books.google.de/books?id=KZRBAAAAcAAJ&pg=PA209#v=onepage&q&f=false 2019年12月27日閲覧。.  ただし、Historischem Gemeindeverzeichnis によれば 656人である。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l Bayerisches Statistisches Landesamt, ed (1954). Historisches Gemeindeverzeichnis : Die Einwohnerzahlen der Gemeinden Bayerns in der Zeit von 1840 bis 1952. Heft 192 der Beiträge zur Statistik Bayerns. München. p. 181. https://daten.digitale-sammlungen.de/0006/bsb00066439/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00066439&seite=192 2019年12月27日閲覧。. 
  18. ^ Joseph Heyberger (1867). Topographisch-statistisches Handbuch des Königreichs Bayern nebst alphabetischem Ortslexikon. Bavaria. Landes- und Volkskunde des Königreichs Bayern. 5. München: Literarisch-artistische Anstalt der J. G. Cotta’schen Buchhandlung. p. 1066. https://bavarica.digitale-sammlungen.de/de/fs1/object/display/bsb10374496_549.html 2019年12月27日閲覧。. 
  19. ^ Kgl. Statistisches Bureau, ed (1877). Vollständiges Ortschaften-Verzeichniss des Königreichs Bayern. Nach Kreisen, Verwaltungsdistrikten, Gerichts-Sprengeln und Gemeinden unter Beifügung der Pfarrei-, Schul- und Postzugehörigkeit … mit einem alphabetischen General-Ortsregister enthaltend die Bevölkerung nach dem Ergebnisse der Volkszählung vom 1. Dezember 1875., 2. Abschnitt (Einwohnerzahlen von 1871). München: Adolf Ackermann. p. 1232. https://daten.digitale-sammlungen.de/0005/bsb00052489/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00052489&seite=652 2019年12月27日閲覧。. 
  20. ^ K. Bayer. Statistisches Bureau, ed (1888). Ortschaften-Verzeichniss des Königreichs Bayern. Nach Regierungsbezirken, Verwaltungsdistrikten, … sodann mit einem alphabetischen Ortsregister unter Beifügung der Eigenschaft und des zuständigen Verwaltungsdistriktes für jede Ortschaft. LIV. Heft der Beiträge zur Statistik des Königreichs Bayern., Abschnitt III. München. p. 1166. https://daten.digitale-sammlungen.de/0006/bsb00066440/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00066440&seite=633 2019年12月27日閲覧。. 
  21. ^ K. Bayer. Statistisches Bureau, ed (1904). Ortschaften-Verzeichnis des Königreichs Bayern, mit alphabetischem Ortsregister. LXV. Heft der Beiträge zur Statistik des Königreichs Bayern., Abschnitt II. München. p. 1238. https://daten.digitale-sammlungen.de/0006/bsb00066402/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00066402&seite=683 2019年12月27日閲覧。. 
  22. ^ Bayerisches Statistisches Landesamt, ed (1928). Ortschaften-Verzeichnis für den Freistaat Bayern nach der Volkszählung vom 16. Juni 1925 und dem Gebietsstand vom 1. Januar 1928. Heft 109 der Beiträge zur Statistik Bayerns., Abschnitt II. München. p. 1276. https://daten.digitale-sammlungen.de/0005/bsb00052487/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00052487&seite=706 2019年12月27日閲覧。. 
  23. ^ Bayerisches Statistisches Landesamt, ed (1952). Amtliches Ortsverzeichnis für Bayern – Bearbeitet auf Grund der Volkszählung vom 13. September 1950. Heft 169 der Beiträge zur Statistik Bayerns., Abschnitt II. München. p. 1108. https://daten.digitale-sammlungen.de/0005/bsb00052490/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00052490&seite=720 2019年12月27日閲覧。. 
  24. ^ Bayerisches Statistisches Landesamt: “Amtliches Ortsverzeichnis für Bayern. Heft 335 der Beiträge zur Statistik Bayerns”. p. 174 (1973年). 2019年12月27日閲覧。
  25. ^ Bayerisches Landesamt für Statistik und Datenverarbeitung, ed (November 1991). Amtliches Ortsverzeichnis für Bayern, Gebietsstand: 25. Mai 1987. Heft 450 der Beiträge zur Statistik Bayerns. München. p. 337. https://daten.digitale-sammlungen.de/0005/bsb00059539/images/index.html?fip=193.174.98.30&id=00059539&seite=369 2019年12月27日閲覧。. 
  26. ^ a b Statistik kommunal 2018 Stadt Stein, Bevölkerungsentwicklung seit 1840 (PDF)”. p. 6. 2019年12月27日閲覧。
  27. ^ Statistik kommunal 2018 Stadt Stein, Wahl der Stadt- bzw. Gemeinderäte am 16. März 2014 (PDF)”. p. 10. 2019年12月28日閲覧。
  28. ^ Stadt Stein – Partnerschaft mit Guéret”. 2019年12月28日閲覧。
  29. ^ Stadt Stein – Partnerschaft mit Falkenstein”. 2019年12月28日閲覧。
  30. ^ Stadt Stein – Partnerschaft mit Puck”. 2019年12月28日閲覧。
  31. ^ Faber-Castell Castle”. 2019年12月28日閲覧。
  32. ^ Kristall Palm Beach in Stein bei Nürnberg”. 2019年12月28日閲覧。
  33. ^ Freiland-Aquarium und -Terrarium Stein”. 2019年12月28日閲覧。
  34. ^ Heimat- und Kulturverein Stein e. V. - Heimatmuseum”. 2019年12月28日閲覧。
  35. ^ Museum „Alte Mine“”. 2019年12月28日閲覧。
  36. ^ Ihr Portal für Museen rund um das Thema Industriegeschichte und Technik- und Industriedenkmäler | industriegeschichte.net”. 2019年12月28日閲覧。
  37. ^ Stadt Stein – Stadtfest”. 2019年12月28日閲覧。
  38. ^ Stadt Stein – Bauernmarkt”. 2019年12月28日閲覧。
  39. ^ Bund Naturschutz Nürnberg - Das Naturschutzgebiet Hainberg (PDF)”. 2019年12月29日閲覧。
  40. ^ Forum Stein”. 2019年12月29日閲覧。
  41. ^ “Nürnberg: U-Bahn-Verlängerung nach Stein wird erneut geprüft”. Bus & Bahn. (2018年4月3日). https://www.busundbahn.de/nachrichten/infrastruktur/detail/news/deutsche-wirtschaft-schrumpft-im-4-quartal-2012-um-06-prozent.html 2019年12月29日閲覧。 
  42. ^ Statistik kommunal 2018 Stadt Stein - Allgemeinbildende Schulen und Wirtschaftsschulen 2017/18 (PDF)”. p. 17. 2019年12月29日閲覧。
  43. ^ Die AGNF ist Berufsfachschule für Notfallsanitäter”. 2019年12月29日閲覧。
  44. ^ Vorstudium Kommunikationsdesign Bildende Kunst Nürnberg Stein”. 2019年12月29日閲覧。
  45. ^ Volkshochschule Stein”. 2019年12月29日閲覧。
  46. ^ Musikschule Stadt Stein”. 2019年12月29日閲覧。

外部リンク編集