シュッテ対アファーマティブ・アクション防護連合事件

シュッテ対アファーマティブ・アクション防護連合事件(シュッテたいアファーマティブアクションぼうごれんごうじけん、Schuette v. Coalition to Defend Affirmative Action)572 U.S. 291 (2014)は、大学受験において人種や性別を考慮して差別是正措置を行うことを公立大学に対し禁じることを定めた州憲法は、アメリカ合衆国憲法修正第14条の平等保護条項に違反しているかどうかをアメリカ合衆国連邦最高裁判所が判断した事件[1][2][3]

シュッテ対アファーマティブ・アクション防護連合事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:2013年10月15日
判決:2014年4月22日
事件名: Schuette, Attorney General of Michigan v. Coalition to Defend Affirmative Action, Integration and Immigration Rights and Fight for Equality By Any Means Necessary (BAMN) et al.
裁判記録番号: 12-682
前史 539 F. Supp. 2d 924 (E.D. Mich. 2008); 539 F. Supp. 2d 960 (E.D. Mich. 2008); 592 F. Supp. 2d 948 (E.D. Mich. 2008); 652 F.3d英語版 607 (6th Cir. 2011); 701 F.3d 466 (6th Cir. 2012); cert. granted, 568 U.S. 1249 (2013).
弁論 口頭弁論
裁判要旨
人種や性別を考慮して差別是正措置を行うことを禁じる制度は、平等保護条項に違反しない。
意見
多数意見 ケネディ
賛同者:ロバーツ、アリート
同意意見 ロバーツ
同意意見 スカリア
賛同者:トーマス
同意意見 ブレイヤー
少数意見 ソトマイヨール
賛同者:ギンズバーグ
ケイガンは不参加。
参照法条

この事件は、2006年に州の住民投票によって成立した、アファーマティブ・アクションを禁じることを定めたミシガン州憲法は違憲であると2012年に判決した第6巡回区控訴裁判所の上告審として、2013年10月15日に審理された[4][5]アメリカ合衆国連邦最高裁判所は、巡回区控訴裁判所の判決を逆転させ、ミシガン州憲法を支持する判決を出した。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集