シュテッティンの和約

シュテッティンの和約(シュテッティンのわやく。Freden i Stettin)は、1570年12月13日に締結された北方七年戦争平和条約神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世調停を行い、ポメラニア公国の首都シュテッティン(現ポーランドシュチェチン)で、スウェーデンデンマーク及びリューベックとの間で結ばれた。

主な内容編集

デンマークがスウェーデンへの請求を放棄したことで、スウェーデンとのカルマル同盟は最終的に撤廃された。また、両国の関係はこの戦争によって悪化することとなった。リューベックは、スウェーデンから賠償金を支払われることはなかった。