シュテファン・クラフト

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ステファン・クラフト

シュテファン・クラフトStefan Kraft1993年5月13日 - )はオーストリアスキージャンプ選手である。2017年の世界選手権個人2冠や、2回のワールドカップ総合優勝を果たしている。

シュテファン・クラフト
FIS Ski Jumping World Cup 2014 - Engelberg - 20141220 - Stefan Kraft 1.jpg
基本情報
フルネーム Stafan Kraft
誕生日 (1993-05-13) 1993年5月13日(28歳)
出身地 オーストリアの旗 オーストリア
ザルツブルク州シュヴァルツァッハ・イム・ポンガウドイツ語版
身長 166cm
選手情報
クラブ SV Schwarzach
最高記録 253.5m (ノルウェーの旗 ヴィケルスン)
ワールドカップ
シーズン 2012年 -
優勝回数 21
他の表彰台 51
表彰台獲得数 72
獲得メダル
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
2017 ラハティ 個人NH
2017 ラハティ 個人LH
2021 オーベルストドルフ 個人LH
2015 ファールン 男子団体LH
2017 ラハティ 混合団体NH
2019 ゼーフェルト 男子団体LH
2019 ゼーフェルト 混合団体NH
2021 オーベルストドルフ 男子団体LH
2015 ファールン 個人NH
2017 ラハティ 男子団体LH
2019 ゼーフェルト 個人NH
2021 オーベルストドルフ 混合団体NH
ノルディックスキージュニア世界選手権
2011 オテパー 団体
2011 オテパー 個人
2012 エルズルム 団体
2013 リベレツ 個人
ワールドカップ
2016/17シーズン 総合成績
2019/20シーズン 総合成績
2018/19シーズン 総合成績
2014/15シーズン 総合成績
男子 スキーフライング
スキーフライング世界選手権
2016 バートミッテンドルフ 個人
2016 バートミッテンドルフ 団体
最終更新日:2021年4月7日
テンプレートを表示

経歴編集

クラフトのスキージャンプ・ワールドカップデビューは2012年1月のビショフスホーフェンであった。 彼はワールドカップで12勝、2014/15シーズンのスキージャンプ週間で総合優勝している[1]。個人記録はヴィケルスンで2017年に記録した253.5mでこれは2020/21シーズン終了時点で同ジャンプ台のヒルレコードかつ最長不倒距離の世界記録である。ファールン2015年ノルディックスキー世界選手権 では男子団体ラージヒルで銀メダル、個人ノーマルヒルで銅メダルを獲得している。

2016/17シーズンはラハティ2017年ノルディックスキー世界選手権 では個人二冠、混合団体では銀メダル、男子団体ラージヒルで銅メダルを獲得した。今シーズンからスキージャンプ・ワールドカップの一部として開催されたRaw Airの初代タイトルを獲得し、また世界選手権後のワールドカップで4勝を挙げ自身初の総合優勝を達成した。

2017/18シーズンは前年度総合王者、世界選手権個人二冠また平昌プレ大会2試合で1位、2位であり平昌五輪の金メダル有力候補と目されたが個人ノーマルヒル13位、個人ラージヒル18位、団体戦4位であった。平昌五輪時点では総合7位だったが、総合4位まで巻き返しシーズンを終えた。

2018/19シーズンは序盤やや出遅れたがジャンプ週間から表彰台に度々上がるようになりザコパネから札幌2連戦にかけて3連勝した。世界選手権は地元開催、世界選手権個人種目前回王者ということで期待がかかったが個人種目では個人ラージヒル6位、個人ノーマルヒル銅メダル獲得にとどまった。男子団体ラージヒル、混合団体ではともに銀メダルを獲得した。世界選手権後は小林陵侑Raw Airのタイトルを激しく争ったがヴィケルスン個人戦で3位だったクラフトを同試合で2位に入った小林が2.9ポイント上回り2度目のタイトル獲得はならなかった。総合2位でシーズンを終えた。

2019/20シーズンはワールドカップで優勝5回、2位8回など着実にポイントを重ね、2度目の総合優勝を飾った。

2020/21シーズンは、序盤に新型コロナウイルス感染症にかかり[2]、また背中の痛みなどを抱えたため全般に不調であったが、世界選手権個人ラージヒルでは優勝を果たした。また、男子団体2位、混合団体3位のメンバーとなった。

主な競技成績編集

冬季オリンピック編集

世界選手権編集

スキーフライング世界選手権編集

ジュニア世界選手権編集

ワールドカップ編集

総合順位編集

季節 総合 4H SF RA
2011/12 67位 N/A
2012/13 31位 40位 32位 N/A
2013/14 10位 27位 29位 N/A
2014/15     7位 N/A
2015/16 6位 5位 7位 N/A
2016/17   6位 1位 1位
2017/18 4位 20位 4位 4位
2018/19   17位 8位  
2019/20   5位   8位
2020/21 17位 8位 22位 N/A

勝利編集

No. Season Date Location Hill Size
1 2014/15 2014年12月29日   オーベルストドルフ Schattenbergschanze HS137 (夜間) LH
2 2015年1月15日   ヴィスワ Malinka HS134 (夜間) LH
3 2015年3月8日   ラハティ Salpausselkä HS130 LH
4 2015/16 2016年1月24日   ザコパネ Wielka Krokiew HS134 LH
5 2016/17 2016年12月30日   オーベルストドルフ Schattenbergschanze HS137 (night) LH
6 2017年2月4日   オーベルストドルフ Heini-Klopfer-Skiflugschanze HS225 (夜間) FH
7 2017年2月5日   オーベルストドルフ Heini-Klopfer-Skiflugschanze HS225 FH
8 2017年2月15日   平昌 Alpensia Ski Jumping Centre HS140 (夜間) LH
9 2017年3月12日   オスロ ホルメンコーレンジャンプ競技場 HS134 LH
10 2017年3月16日   トロンハイム Granåsen HS140 LH
11 2017年3月24日   プラニツァ レタウニツァ・ブラトウ・ゴリシェク HS225 FH
12 2017年3月26日   プラニツァ レタウニツァ・ブラトウ・ゴリシェク HS225 FH
13 2018/19 2019年1月20日   ザコパネ Wielka Krokiew HS140 LH
14 2019年1月26日   札幌 大倉山 HS137 LH
15 2019年1月27日   札幌 大倉山 HS137 LH
16 2019年3月12日   リレハンメル Lysgårdsbakken HS140 LH
17 2019/20 2019年12月8日   ニジニ・タギル Tramplin Stork HS120 LH
18 2020年2月2日   札幌 大倉山 HS137 LH
19 2020年2月16日   バート・ミッテルンドルフ Kulm HS200 FH
20 2020年2月22日   ルシュノヴ ルシュノブジャンプ競技場 HS97 NH
21 2020年2月28日   ラハティ Salpausselkä HS130 LH

個人(121)編集

シーズン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ポイント
2011/12                                                     0
q 54
2012/13                                                       202
23 3 28 11 19 11 38 6 14 42 27 22
2013/14                                                         539
14 q 22 25 25 19 12 13 50 30 12 20 33 21 21 22 24 16 15 7 5 2 4 9 11 8 13 9
2014/15                                                               1578
2 13 13 17 11 4 3 6 9 1 6 2 3 2 1 2 2 4 7 6 2 5 1 3 9 10 5 3 4
2015/16                                                           1006
6 4 14 22 27 7 8 7 9 11 4 4 1 2 5 6 2 11 8 3 11 4 21 22 10 12 10
2016/17                                                       1665
9 4 3 3 8 6 3 1 3 18 25 2 4 2 1 1 3 3 1 2 1 1 5 1 1

参考文献編集

  1. ^ Stefan Kraft wins 4-Hills, Michael Hayboeck takes win in Bischofshofen” (Swedish). Sveriges Radio. 2015年1月7日閲覧。
  2. ^ FIS. “Stefan Kraft crowns his winter” (英語). www.fis-ski.com. 2021年4月7日閲覧。

外部リンク編集