シュテファン1世 (バイエルン公)

シュテファン1世(Stephen I., 1271年3月14日 - 1310年12月10日)は、下バイエルン公。下バイエルン公ハインリヒ13世ハンガリーベーラ4世の娘エリーザベトの四男。オットー3世ルートヴィヒ3世の弟。

シュテファン1世
Stephen I.
下バイエルン公
在位 1290年 - 1310年

出生 (1271-03-14) 1271年3月14日
死去 (1310-12-10) 1310年12月10日(39歳没)
配偶者 ユディタ・フォン・シュヴァイトニッツ
子女 一覧参照
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 下バイエルン公ハインリヒ13世
母親 エリーザベト・フォン・ウンガルン
テンプレートを表示

聖職者になるはずだったが、これを拒否して下バイエルン公になった。次兄ルートヴィヒ3世が先に死去し、長兄オットー3世がハンガリー王に即位したため、短期間ながら不在の間のバイエルンを単独で統治している。1310年、オーストリア公フリードリヒ1世との戦闘のさなかに戦死した。

家族編集

1299年ヤヴォルシフィドニツァボルコ1世の娘ユディタと結婚、8人の子が生まれた。

  1. アグネス(1301年 - 1316年)
  2. ベアトリクス(1302年 - 1360年) - ゲルツ伯ハインリヒ3世と結婚。
  3. フリードリヒ(1303年)
  4. ユーディト(1304年)
  5. ハインリヒ14世(1305年 - 1339年) - 下バイエルン公
  6. エリーザベト(1306年 - 1330年) - オーストリア公オットー(フリードリヒ1世の弟)と結婚。
  7. オットー4世(1307年 - 1334年) - 下バイエルン公
  8. ルートヴィヒ(1308年)
先代:
ハインリヒ13世
下バイエルン公
1290年 - 1310年
オットー3世ルートヴィヒ3世と共同統治
次代:
オットー3世
ハインリヒ14世
オットー4世