シュトラッケア (小惑星)

小惑星

シュトラッケア (1019 Strackea) は小惑星帯に位置する小惑星。ハンガリア群の1つである[1]ハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台で、ドイツの天文学者カール・ラインムートによって発見された。

シュトラッケア
1019 Strackea
仮符号・別名 1924 QN
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ハンガリア群
発見
発見日 1924年3月3日
発見者 K. ラインムート
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 1.911 AU
近日点距離 (q) 1.776 AU
遠日点距離 (Q) 2.047 AU
離心率 (e) 0.071
公転周期 (P) 2.64
軌道傾斜角 (i) 26.98
近日点引数 (ω) 122.11 度
昇交点黄経 (Ω) 144.46 度
平均近点角 (M) 351.78 度
物理的性質
直径 8.37 km
自転周期 3.832 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 12.63
アルベド(反射能) 0.2236
色指数 (B-V) 0.953
色指数 (U-B) 0.513
Template (ノート 解説) ■Project

ドイツの天文学者グスタフ・シュトラッケに因んで命名された。彼が小惑星に直接自分の名前が付けられることを望まなかったため、ラインムートは1227番から1234番までの小惑星の頭文字を並べると "G. Stracke" となるように名前を付けたが、その後1019番にもこの名前が付けられた。

関連項目編集

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ Spratt, Christopher E. (April 1990). “The Hungaria group of minor planets”. Royal Astronomical Society of Canada, Journal (ISSN 0035-872X) 84 (2): 123–131. http://adsabs.harvard.edu/abs/1990JRASC..84..123S. 
前の小惑星:
アーノルダ (小惑星)
小惑星
シュトラッケア (小惑星)
次の小惑星:
アルカディア (小惑星)