SO.9000/SO.9050 トリダン

ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されているトリダン I

ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されているトリダン I

SNCASO SO.9000 トリダン(SNCASO SO.9000 Trident)は、1950年代フランスの複合動力プロトタイプ要撃機超音速で飛行する能力を有していたが、1957年7月、試作機12機が製造された時点で計画は中止された。

設計と開発編集

フランス空軍は、シュド・ウエストに拠点防衛要撃機の開発を命じ、研究は1948年10月から開始された[1]。提案された機体は、主動力をSEPR社のロケットエンジンとする肩翼機で、増強のために翼端にターボジェットエンジンを装備した。初飛行は1953年3月2日に、テストパイロットのJacques Guignardによって実施されたが、ターボジェットのみを使用したために、離陸には滑走路一杯を使う必要があった[1]。1955年3月から、ダッソーが製造した合計推力7.34 kN(1,654 lbf)のアームストロング・シドレー ヴァイパーターボジェットエンジンを装備したトリダン Iが飛行試験を開始した。このエンジンのおかげで、ロケットエンジンを使用しない場合でも、緩降下時にマッハ1を超えることが出来た[2]

トリダンの試験飛行は、ノンフィクションライターのBill Gunstonによると、1954年9月にロケットエンジンが装備されるまでは「身の毛がよだつ」ようなものだったと描かれている。18ヶ月間に100回以上の試験飛行が実施され、最高速度はマッハ1.8、到達高度は20,000メートル(65,000 ft)に達した[1]

トリダン IIのうち1機は、1957年5月21日に、事故のため失われた[3]

計画は1957年7月に中止された。これは有人航空機ではなくミサイルに重点を置くという、英国1957年度国防白書の影響を受けたものであった[1]。また、トリダンよりさらに高性能で実用性の高いミラージュIIIの開発が成功(1956年11月17日に試作機が初飛行)したことも影響している。

バリエーション編集

SO.9000 トリダン I

2機製造。初号機は1952年の後半に完成した。2号機は1953年9月の初飛行時に墜落した。3チャンバーのSEPR 481 ロケットエンジンを装備し、2,755 lbf(12.25 N)の推力を発生した。

SO.9050 トリダン II

先行量産機として1953年に10機が発注された。より高出力(推力2,645 lbf)のチュルボメカ社製のGabizoターボジェットエンジンと、2チャンバーのSEPR 631ロケットエンジン(より微細に制御できるよう、それぞれのチャンバーが独自に着火できた)。初飛行は1955年12月21日であった。

展示機編集

トリダン初号機は、パリ郊外のル・ブルジェ航空宇宙博物館1956年から展示されている。

仕様(トリダン I)編集

出典: Gunston[4]

諸元

乗員: 1名

  • 全長: 14.0 m
  • 全高: 3.70 m
  • 翼幅: 8.15 m
  • 翼面積: 14.50 m2
  • 空虚重量: 3,350 kg
  • 運用時重量: 5,500 kg
  • 動力:
性能
  • 最大速度: マッハ1.6

関連項目編集

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Gunston 1981, pp. 218—219.
  2. ^ Jane's All the World's Aircraft 1956/7, pages 154-5
  3. ^ Flight, 1957 Retrieved: 15 October 2010
  4. ^ Gunston 1981, p. 219.

出版物編集

  • Bridgman, Leonard (1956). Jane's All the World's Aircraft 1956-57. London: Jane's All the World's Aircraft Publishing Co. Ltd 
  • Gunston, Bill. Fighters of the Fifties. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1981. ISBN 0-85059-463-4
  • Taylor, John W.R. Jane's Pocket Book of Research and Experimental Aircraft, London, Macdonald and Jane's Publishers Ltd, 1976. ISBN 0356 08409 4.

外部リンク編集