キュレネのシュネシオス古希: Συνέσιος : Synesius 370年ごろ - 413年ごろ[1])は、東ローマ帝国初期・古代末期新プラトン主義哲学者第二次ソフィストキリスト教司教ヒュパティアの教え子。複数の著作、書簡讃歌が現存する。

16世紀に描かれた肖像画

生涯編集

370年ごろ、キュレネ異教徒貴族の家に生まれる[2]。読書と狩りの田園生活を過ごし、アレクサンドリアヒュパティアの学校に入る[2]。395年から399年、アテナイに滞在する[3]

399年、減税陳情の使者に任命され[4]、401年までコンスタンティノポリスアルカディウス帝の宮廷に滞在する[2]。滞在中に下記『統治論』『エジプトの話』を作る[2]

403年、キュレネでキリスト教徒の女性と結婚し3人の子をもうける[2]。405年、キュレネを蛮族の襲撃から守るため私兵を組織する[5]

410年、プトレマイス英語版司教に任命され、6ヶ月悩んだすえ受諾、これに伴い離婚する[2]。この司教任命も結婚式も、アレクサンドリア総主教テオフィロス英語版キュリロスの先代)によるものだった[2][6]。任命された理由は、シドニウスと同様、信仰の厚さよりも人材としての有能さのためだった[2]。シュネシオスは当初、非哲学的な司教職に就くことを嫌がっていたが、最終的に哲学的なやりがいを見出して妥協した[7]

没年は413年と推定される[2][8]。これは、同年に死の床からヒュパティアに書簡を宛てていること、および415年のヒュパティアの死に言及する書簡がないことによる[2]

著作・思想編集

以下の著作が現存する。すべて原語はギリシア語[9]。英訳あり[10]

散逸した著作に、『狩猟論[2]』や、書簡で言及される詩がある。

イアンブリコス新プラトン主義の系譜に属しながらも、その影響はあまり伺えない[17]。これは師のヒュパティアと同様である[17]。わずかな影響として、『夢について』や讃歌に『カルデア人の神託英語版』の影響[17]、書簡にポルピュリオスの影響[13]などが窺える程度である。

受容編集

1489年、マルシリオ・フィチーノが『夢について』のラテン語訳を刊行し、ルネサンス期を通じて版を重ねた[14]

1562年、ジェロラモ・カルダーノが『夢について』を出発点にした夢理論の書『シュネシオス派夢の書』(: Somniorum Synesiorum)をラテン語で刊行し、翌1563年にはドイツ語でも刊行した[14]

2009年の映画『アレクサンドリア』(原題: Ágora)では、ルパート・エヴァンスがシュネシオス役を演じた。

脚注編集

  1. ^ Synesius of Cyrene - Livius”. www.livius.org. 2022年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m バウダー 1994, p. 165.
  3. ^ 書簡 54,136
  4. ^ シュネシオス[キュレネの]』 - コトバンク
  5. ^ ワッツ 2021, p. 119.
  6. ^ ワッツ 2021, p. 140.
  7. ^ ワッツ 2021, p. 115-117.
  8. ^ Synesius, Letter 016 - Livius”. www.livius.org. 2018年12月28日閲覧。
  9. ^ 松原 2010, p. 637.
  10. ^ a b c d e f Texts of Synesius - Livius”. www.livius.org. 2022年5月25日閲覧。
  11. ^ ワッツ 2021, p. 117.
  12. ^ a b 南川 2013, p. 180f.
  13. ^ a b c d ワッツ 2021, p. 93.
  14. ^ a b c d 榎本 2013, p. 139-141.
  15. ^ a b c ワッツ 2021, p. 88.
  16. ^ ワッツ 2021, p. 63-66.
  17. ^ a b c ワッツ 2021, p. 60.

参考文献編集

  • ダイアナ・バウダー編著、小田謙爾・荻原英二・兼利琢也・長谷川岳男訳 『古代ローマ人名事典』原書房、1994年。ISBN 9784562026050 
  • エドワード・J・ワッツ著、中西恭子訳 『ヒュパティア 後期ローマ帝国の女性知識人』白水社、2021年。ISBN 9784560097946 
  • 榎本恵美子著、坂本邦暢解説、ヒロ・ヒライ編集 『天才カルダーノの肖像: ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈』勁草書房〈bibliotheca hermetica 叢書〉、2013年。ISBN 4326148268 
  • 松原國師 『西洋古典学事典』京都大学学術出版会、2010年。ISBN 9784876989256 
  • 南川高志 『新・ローマ帝国衰亡史』岩波書店〈岩波新書〉、2013年。ISBN 978-4004314264 

関連文献編集

  • ニール・ブロンウェン著、土橋恵子訳「シュネシオスと五世紀アレクサンドリアにおける夢解釈 : 神に近づくこととしての夢見」『パトリスティカ : 教父研究』18号、103-120頁、教友社、2015年、NAID 40021304355
  • 土橋茂樹「解題 シュネシオスと夢解釈」『パトリスティカ : 教父研究』18号、121-125頁、教友社、2015年、NAID 40021304374