メインメニューを開く
シュノーケリング
シュノーケル、マスク、フィンの3点セット

シュノーケリングまたはスノーケリング: snorkeling: snorkelling: Schnorcheln)とは、シュノーケルを身につけて、水面または比較的浅い水中を游泳するレクレーション活動またはマリンスポーツである[1]。同様の器材を用いる場合であっても、潜水を主目的とする場合は『スキンダイビング』と呼んで区別される。

概要編集

語義によれば、シュノーケル(ドイツ語: Schnorchel)又はスノーケル(英語: snorkel)と呼ばれる器材を用いて行う游泳一般を指すが、上述のとおり、水面または比較的浅い水中を游泳する場合に特に用いられる。

スクーバダイビングに比べ、必要な器材がシュノーケル、マスク、フィンのいわゆる3点セットのみと少なく、軽量・安価であること、Cカードを取得する必要がないこと、海岸近くなどでも行えることなどから、手軽なレジャー、スポーツとして人気が高い。

ドイツ語の Schnorcheln / schnorcheln は、名詞でも動詞でもあるが、いずれの場合も英語の動名詞を表す"-ing"が付くことはない。一般的に用いられている日本語表記のシュノーケリングは、英語とドイツ語を混同した転写あるい文法の誤りであり、英語の snorkeling / snorkelling の転写としては『スノーケリング』がより正確である。

器材編集

シュノーケルのみでの游泳も可能であるが、通常はマスク及びフィンを併用することが多い。

シュノーケルは、口にくわえ、先端を水面上に出して吸排気を行う。シュノーケル装着時には口のみから呼吸をすることになるので、誤って鼻呼吸して水を吸い込むことがないように、マスクは鼻までを覆った専用のものが用いられる。

脚注編集

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、173頁。

関連項目編集