シュノーケル (バンド)

日本のロックバンド

シュノーケル英語: SNOWKEL)は、日本スリーピースロックバンドである。2004年に結成され、2005年にシングル『大きな水たまり』でメジャーデビュー。2010年に一度活動休止し、2014年より活動再開。

シュノーケル
別名 西村晋弥とメガネメガネ[1]
出身地 日本の旗 日本福岡県[2]
ジャンル
活動期間
レーベル
事務所 Hit&Run(2005年 - 2010年)
共同作業者
公式サイト SNOWKEL OFFICIAL SITE
メンバー

バンド名には、「人生という海に疲れたときに音楽で息継ぎをして欲しい」という願いが込められている[3][注釈 1]。また、メンバー全員が眼鏡を掛けていることから、「3ピース・ギターロック・メガネ・バンド」と紹介されることがある[7]

メンバー編集

※公式サイト「PROFILE」を参照[8]

名前 プロフィール 担当 血液型
西村晋弥
(にしむら しんや)
(1982-01-21) 1982年1月21日(39歳)
  宮崎県
ボーカルギター A型
KABA_3
(かばさん)
(1982-07-29) 1982年7月29日(39歳)
  福岡県
ベース B型
山田雅人
(やまだ まさと)
(1982-11-09) 1982年11月9日(39歳)
  福岡県
ドラムス A型

サポートメンバー編集

サポートメンバー一覧
人名 パート(ライブ) パート(レコーディング) 参加期間
河野圭 キーボード プログラミング
ピアノ
キーボード
2006年 - 2008年
フジタユウスケ ギター 不参加 2008年 - 2009年
2017年 -(不定期)
岡愛子
(BimBamBoom)
ギター
コーラス
ギター
コーラス
2015年 - 2018年
つるうちはな キーボード
ピアノ
コーラス
キーボード
ピアノ
コーラス
2015年 - 2019年
砂塚恵 キーボード キーボード
ピアノ
2019年 -

来歴編集

2003年〜2005年 : 結成〜メジャーデビュー前編集

2003年5月18日、2002年より福岡のライブ喫茶・照和でライブを行っていた西村が「シュノーケル」名義を使用し始めた[9]

2004年1月、10代の頃に出場したバンドオーディションで知り合った西村、KABA_3[注釈 2]、山田の3人で「シュノーケル」を結成し、2月1日、天神ビブレホールにて初ライブを敢行。3月7日、地元福岡のテレビ局KBCが主催するバンドオーディション「V3新人オーディション」でグランプリを獲得。その後福岡県を中心にライブ活動を開始[9]。12月18日、4曲入り自主制作盤CD『シュノーケル』を発表し、DRUM SONにて初のワンマンライブを開催[10]

2005年5月27日に奥田民生のライブ、6月15日から6月24日のPUFFYのライブツアーなどでオープニングアクトを務め[9]、6月1日、TURTLE RECORDSよりミニアルバム『ソラカラフル』をリリース。同アルバムの収録曲「レコード」、「空穴」は元the pillowsのベーシストでリーダーの上田ケンジがプロデュースした。

2005年〜2010年 : メジャーデビュー〜活動休止編集

2005年8月、メジャーデビューすることが決定し、11月2日に1stシングル『大きな水たまり』をリリースし、SME Recordsからメジャーデビュー。

2006年1月1日にテレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト-』のオープニングテーマとして使用されていた「波風サテライト」を2ndシングルとして発売。2月19日から2月25日にかけて、メジャーデビュー後初のライブツアー『波風サテライト Japan Tour '06』を開催。同年8月22日から25日にかけてBase Ball Bearチャットモンチーとのスプリットツアー『若若男女サマーツアー'06』が開催された[11]

2007年4月18日に自身初の映画主題歌となった6thシングル『天気予報』を発売し、8月8日に7thシングル『奇跡』を発売。「奇跡」は、テレビ東京系アニメ『銀魂』のエンディングテーマに抜擢[12]され、オリコンシングルチャート32位を記録し、自身最高位となった。

2009年9月16日、初のベスト・アルバム『Best+』を発売[13]し、12月9日にCHELSEA HOTELで開催されたライブにて活動休止することを発表[14]

2010年2月11日より活動休止前最後のライブツアー『SNOWKEL THE LAST TOUR "素潜り"』がスタートし、3月14日の千秋楽を以て活動休止[15]

2014年〜 : 活動再開以降編集

2014年6月13日、五反田文化センターにて西村の弾き語りライブ「ピンシュノ2014」が開催された。ゲストで香葉村が参加し、アンコールにて観客として見に来ていた山田を呼び、4年ぶりに3人が揃い演奏した[16]。10月20日に「西村晋弥とメガネメガネ」という名義でライブに出演し、ステージ上で復活ライブの開催を発表[1]し、12月18日、CHELSEA HOTELにて、シュノーケル復活ライブ“I'm OK!”を開催[17]。なお、この日はシュノーケルとしての初ライブから丸10年となる。

2015年5月24日、活動再開後初の作品となる9thシングル『RESTART/FIND』をTURTLE RECORDSから発売[18]。7月17日にブラジルサンパウロで開催された「Anime Friends 2015」、7月18日にブラジル・レシフェで開催された「Super-Con Brazil 2015」に出演し、自身初の海外でのライブを敢行[19]。12月16日に3rdアルバム『EYE』を発売[20]

2017年12月3日、10thシングル『いいじゃん/factor』リリース。同日に渋谷GUILTYで開催された『シュノーケル ワンマンライブ「波風立てないと!!」』を開催[21]し、ステージ上でクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」内でファンクラブ形式で未発表音源を配信する企画「UNSUNG SONGS」の発足を宣言した[22]

2018年7月7日・9日、ブラジル・サンパウロで開催された「Anime Friends 2018」に出演。同イベントのテーマ曲として「Best Friends」を書き下ろした[23]

ディスコグラフィ編集

シュノーケルのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
ベスト・アルバム 1
EP 2
シングル 11
スプリット・シングル 2
ライブ会場限定シングル 1
参加作品 10

メンバーのソロ名義での作品や単独での参加作品に関しては、個人の項を参照。

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[24]
初収録アルバム
1st 2005年11月2日 大きな水たまり 12cmCD SECL-266 140位 SNOWKEL SNORKEL
2nd 2006年1月1日 波風サテライト SECL-277 37位
3rd 2006年4月5日 旅人ビギナー SECL-360 121位
4th 2006年8月23日 solar wind SECL-425 69位 EQ
5th 2007年1月1日 Bye-Bye × Hello SECL-465 198位
6th 2007年4月18日 天気予報 SECL-494 88位
7th 2007年8月8日 奇跡 SECL-520 32位
8th 2008年7月9日 ナツカゼ SECL-647 99位 Best+
9th 2015年5月24日(ライブ会場) RESTART/FIND KAME-02 圏外 EYE』(#1)
アルバム未収録(#2)
2015年12月16日(全国発売)
10th 2017年12月3日 いいじゃん/factor KAME-05 NEW POP
11th 2019年9月18日 君に響け KAME-07

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[25]
1st 2006年4月26日 SNOWKEL SNORKEL CD SECL-370 82位
2nd 2007年10月3日 EQ CD+DVD SECL-536〜537(初回生産限定盤) 60位
CD SECL-538(通常盤)
3rd 2015年12月16日 EYE KAME-03 215位
4th 2017年3月15日 popcorn labyrinth KAME-04 201位
5th 2018年6月6日 NEW POP KAME-06 276位

ベスト・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[25]
1st 2009年9月16日 Best+ CD+DVD SECL-802〜803(初回生産限定盤) 158位
CD SECL-804(通常盤)

スプリット・シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)
初収録アルバム
2008年8月6日 A SIDE SPLIT Vol.2
〜water field〜
CD SECL-661 168位 Best+
2008年11月17日 A SIDE SPLIT Vol.3
〜snow field〜
CTCR-80057 171位 アルバム未収録

ライブ会場限定シングル編集

発売日 タイトル 規格 初収録アルバム
1st 2016年5月27日 TODAY/妄想中 CD popcorn labyrinth

インディーズ盤編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
自主制作盤 2004年12月18日 シュノーケル CD
Mini 2005年6月1日 ソラカラフル KAME-01 TURTLE RECORDS

共演作品編集

タイトル 名義 備考
LUCKY DAY Snowkel vs AuraBreak 2018年12月15日開催の南米のアニメ・コンベンション『Ressaca Friends』のステージ上で演奏された楽曲[26]。『Ressaca Friends』の翌日にミュージック・ビデオが公開[27]されたが、未音源化作品となっている。

未音源化作品編集

タイトル 備考
Love Me Shelley 西村が初めて監督・脚本を務めた映画『E干サークル』の主題歌[28]

収録作品編集

発売日 タイトル 収録曲
2006年8月2日 NARUTO BEST HIT COLLECTION 2 「波風サテライト」
2006年12月20日 「牙」 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 「solar wind [TV ver.]」
2009年3月25日 銀魂BEST 「奇跡」
2016年6月29日 アニソンLOVE! 紫組 「波風サテライト」
アニソンLOVE! 翠組 「奇跡」
2017年12月13日 NARUTO FINAL BEST 「波風サテライト」

参加作品編集

アーティスト タイトル 初出
Various Artists おかしな2人 ユニコーン・トリビュート[注釈 3]
河合杏林 「オレンジ -アイリとシュノーケル-」 MONSTaR
フジタユウスケ 「時を重ねて」 『Road of Life』
つるうちはな 「ぶっちぎって光」 ぶっちぎって光

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ 初出
2005年 レコード KBCテレビ『V3』2005年6月度エンディングテーマ インディーズ盤『ソラカラフル』
空穴 KBC高校野球イメージソング
大きな水たまり テレビ東京系『LIVE BANG!』2005年11月度エンディングテーマ シングル『大きな水たまり』
全国音楽情報番組『MUSIC B.B.』2005年11月度オープニングテーマ
KBCテレビ『ドォーモ』2005年11月度エンディングテーマ
KBCテレビ『V3』2005年11月度エンディングテーマ
2006年 波風サテライト テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト-』第7期オープニングテーマ シングル『波風サテライト』
旅人ビギナー テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2006年4月度エンディングテーマ シングル『旅人ビギナー』
100,000hp 本田技研工業「翼ある人。自由へ篇」CMソング[29] アルバム『SNOWKEL SNORKEL』
solar wind テレビ東京系アニメ『牙 -KIBA-』第2期エンディングテーマ シングル『solar wind』
テレビ神奈川saku saku』2006年8月度エンディングテーマ
2007年 天気予報 日活配給映画『あしたの私のつくり方』主題歌 シングル『天気予報』
NTTドコモ CMソング
奇跡 テレビ東京系アニメ『銀魂』第6期エンディングテーマ[12] シングル『奇跡』
アイラブユー マッチングサイト「match.com」タイアップソング[30] アルバム『EQ』
2009年 J SPORTS『野球好きニュース』挿入曲 ベスト・アルバム『Best+』
2016年 How to make your smile ハウスマイル web CMソング シングル『君に響け』
2017年 RESTART 日産プリンス金沢TVCMソング[31] シングル『RESTART / FIND』
QUEST 北日本放送「ミラコン2017」CMソング[32] アルバム『EYE』
2018年 NewPOP 翻訳出版社「NewPOP」タイアップソング[33] アルバム『NEW POP』
Best Friends アニメコンベンション「Anime Friends 2018」テーマ曲[34]
2019年 Love Me Shelley 映画『E干サークル』主題歌[28] N/A
WARP ハウスマイル web CMソング シングル『君に響け』

出演編集

ラジオ編集

連載編集

  • シュノーケルの水中タイムス(WHAT's IN?、不明 - 2007年01月号)

ライブ編集

単独編集

合同編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、西村は「これは後付けで、一人ユニット名を考えている際にテレビでシュノーケリングの番組が放送されているのを見て決めた」ということを、中村貴子との対談で明かしている[6]
  2. ^ 当時は「香葉村多望」名義
  3. ^ ただし、『ユニコーン・トリビュート』に先行して、6thシングル『天気予報』にカップリング曲として収録されている。
  4. ^ topics 〜シュノーケル レコ発〜」というタイトルで開催。
  5. ^ シュノーケルレコ発ツアー ×LIVEHOLIC「EYEと青春の旅立ち」」というタイトルで開催。
  6. ^ シュノーケルレコ発ツアー ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち」」というタイトルで開催。
  7. ^ シュノーケルレコ発ツアー 「EYEと青春の旅立ち〜アコースティックディナーショー〜」」というタイトルで開催。
  8. ^ ウーヴ Presents シュノーケル 「EYEと青春の旅立ち 〜アコースティック編ファイナル〜」」というタイトルで開催。
  9. ^ シュノーケルレコ発ツアー ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち ファイナル」」というタイトルで開催。
  10. ^ a b アルバム『popcorn labyrinth』レコ発記念ワンマンライブ 「宇宙に夢中」」というタイトルで開催。
  11. ^ 『popcorn labyrinth』レコ発記念Acousticワンマンライブ 「宇宙に夢中」@福岡HAPPY HILL」というタイトルで開催。
  12. ^ a b 「○○」には地方名が入る。
  13. ^ 特別編『シュノーケルNEW POPレコ発記念ツーマン 「に恩返シュ」』として開催。

出典編集

  1. ^ a b “シュノーケル、12月に復活ライブ開催”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年10月20日). https://natalie.mu/music/news/129168 2018年8月11日閲覧。 
  2. ^ MUSIC CITY 天神 2015|シュノーケル”. MUSIC CITY 天神 2015. ミュージックシティ天神運営委員会. 2015年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月24日閲覧。
  3. ^ a b “シュノーケル ━━ 王道J-ROCKに様々な情景を詰めて描く、洗練された世界観”. muevo voice (株式会社muevo). https://media.muevo.jp/articles/6431 2019年8月28日閲覧。 
  4. ^ a b Eremenko, Alexey. “Snowkel|Biography & History”. AllMusic. All Media Network. 2020年2月4日閲覧。
  5. ^ シュノーケル”. CDJournal. 株式会社ジャーナル. 2020年2月25日閲覧。
  6. ^ EYEと青春の旅だち 公式ツアー本「アイボン」
  7. ^ シュノーケル(シュノーケル)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年2月3日閲覧。
  8. ^ PROFILE”. SNOWKEL OFFICIAL SITE. 2019年10月13日閲覧。
  9. ^ a b c シュノーケル - 2019年10月13日閲覧
  10. ^ シュノーケル|2ndアルバム「EQ」発売記念スペシャル企画!IQチェック・解答発表!! - シュノーケル オフィシャルホームページ:水中庭園(2018年9月17日閲覧)
  11. ^ “チャットモンチー、BaseBallBear、シュノーケルの3バンドが夏ツアー〈若若男女サマーツアー'06〉を開催”. タワーレコード (タワーレコード). (2006年6月13日). https://tower.jp/article/news/2006/06/13/100007517 2020年12月12日閲覧。 
  12. ^ a b “[シュノーケル]強力タイアップ新曲&若若追加公演”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2007年6月12日). https://natalie.mu/music/news/2163 2018年9月22日閲覧。 
  13. ^ “シュノーケル初のベストにチャット橋本作詞の新曲も収録”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年8月26日). https://natalie.mu/music/news/20395 2018年8月2日閲覧。 
  14. ^ “シュノーケル、活動休止...SNOWKEL THE LAST TOUR "素潜り"発表!”. シュノーケル|ソニーミュージック オフィシャルサイト. (2009年12月10日). https://www.sonymusic.co.jp/artist/Snowkel/info/327730 2018年9月22日閲覧。 
  15. ^ “シュノーケル、来年3月ツアー後に活動休止 (2009/12/10) 邦楽ニュース|音楽情報サイト”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2009年12月10日). https://rockinon.com/news/detail/28475 2018年9月22日閲覧。 
  16. ^ 2014年6月13日(金) 西村晋弥#3「ピンシュノ」 - うわの空・藤志郎一座 劇団員リレー日記・2018年8月11日閲覧
  17. ^ “シュノーケル「これからもよろしく!」万感の復活ライブ”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年12月19日). https://natalie.mu/music/news/134285 2018年8月11日閲覧。 
  18. ^ “シュノーケル、復活後初シングルをライブ会場でリリース”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年4月3日). https://natalie.mu/music/news/142909 2018年8月2日閲覧。 
  19. ^ “シュノーケル、地球の裏側へ再び! ブラジルアニメフェス出演決定!”. JUNGLE★LIFE. (2017年10月12日). https://www.jungle.ne.jp/newsfeature/snowkel_20171012/ 2020年12月12日閲覧。 
  20. ^ “シュノーケルが8年ぶりオリジナルアルバム、12月にはレコ発ワンマン”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年9月26日). https://natalie.mu/music/news/161091 2018年9月22日閲覧。 
  21. ^ “シュノーケル、12/3に10thシングル『いいじゃん/factor』リリース決定。同日のワンマン・ライヴより販売開始”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2017年10月28日). http://skream.jp/news/2017/10/snowkel_new-single_release.php 2018年9月22日閲覧。 
  22. ^ “シュノーケル、未発表音源を届けるファンクラブ企画&通年イベントを発表”. UROROS. (2017年12月3日). http://uroros.net/eventnews/56267/ 2018年10月6日閲覧。 
  23. ^ Fuhito Kitahara (2019年4月6日). “シュノーケル、4度目のブラジルへ!南米最大級のアニメイベント『Anime Friends 2019』出演決定”. UROROS. http://uroros.net/eventnews/90232/ 2019年5月30日閲覧。 
  24. ^ シュノーケルのシングル作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年2月3日閲覧。
  25. ^ a b シュノーケルのアルバム作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年2月3日閲覧。
  26. ^ “シュノーケル、ブラジルのバンド AURABREAKと共作した楽曲「LUCKY DAY」MV公開”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2018年12月16日). https://skream.jp/news/2018/12/snowkel_aurabreak_collaboration_mv.php 2018年12月16日閲覧。 
  27. ^ Snowkel vs AuraBreak (2018年12月15日). Snowkel vs AuraBreak - 「LUCKY DAY」MV. https://www.youtube.com/watch?v=l-InjxyWLmw 2020年11月12日閲覧。 
  28. ^ a b “シュノーケル、新曲「Love Me Shelley」が映画"E干サークル"主題歌に決定。監督は西村晋弥(Vo/Gt)が担当”. Skream! (激ロックエンタテインメント). (2019年4月2日). https://skream.jp/news/2019/04/snowkel_e-boshi-circle_movie.php 2019年4月3日閲覧。 
  29. ^ ホンダ“翼ある人。自由へ”篇のCM曲は?”. CDJournal. 株式会社音楽出版社 (2006年8月31日). 2018年12月11日閲覧。
  30. ^ “福岡出身3ピースバンド〈シュノーケル〉と世界最大の恋愛結婚マッチングサイト〈match.com〉のコラボ映像が公開”. タワーレコードオンライン (タワーレコード). (2007年12月6日). http://tower.jp/article/news/2007/12/06/100011653 2018年12月11日閲覧。 
  31. ^ RESTARTがCMソングに!! 西村晋弥のブログ 2017年1月23日付
  32. ^ 【CM情報!】シュノーケルの「QUEST」が“ミラコン2017”のCMソングとして北日本放送でオンエア中です!こちらからもCMを見る事ができます。頑張れ!高校生!!”. シュノーケルOfficial. シュノーケル (2017年4月5日). 2018年12月11日閲覧。
  33. ^ 妄想家ポップ職人の本領発揮! まっすぐねじ曲がったポップ・ワールド完成 (2/4)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2018年). 2018年12月11日閲覧。
  34. ^ 妄想家ポップ職人の本領発揮! まっすぐねじ曲がったポップ・ワールド完成 (3/4)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2018年). 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集