シュノーケル (バンド)

日本のロックバンド

シュノーケル英語: SNOWKEL)は、日本スリーピースロックバンドである。2004年に結成され、2005年にシングル『大きな水たまり』でメジャーデビュー。2010年に一度活動休止し、2014年より活動再開。

シュノーケル
別名 西村晋弥とメガネメガネ[1]
出身地 日本の旗 日本 福岡県[2]
ジャンル
活動期間
レーベル
事務所 Hit&Run(2005年 - 2010年)
公式サイト SNOWKEL OFFICIAL SITE
メンバー

バンド名には、「人生という海に疲れたときに音楽で息継ぎをして欲しい」という願いが込められている[3][注釈 1]。また、メンバー全員が眼鏡を掛けていることから、「3ピース・ギターロック・メガネ・バンド」と紹介されることがある[7]

メンバー編集

※公式サイト「PROFILE」を参照[8]

名前 プロフィール 担当 血液型
西村晋弥
(にしむら しんや)
(1982-01-21) 1982年1月21日(39歳)
  宮崎県
ボーカルギター A型
KABA_3
(かばさん)
(1982-07-29) 1982年7月29日(38歳)
  福岡県
ベース B型
山田雅人
(やまだ まさと)
(1982-11-09) 1982年11月9日(38歳)
  福岡県
ドラムス A型

サポートメンバー編集

サポートメンバー一覧
人名 パート(ライブ) パート(レコーディング) 参加期間
河野圭 キーボード プログラミング
ピアノ
キーボード
2006年 - 2008年
フジタユウスケ ギター 不参加 2008年 - 2009年
2017年 -(不定期)
岡愛子
(BimBamBoom)
ギター
コーラス
ギター
コーラス
2015年 - 2018年
つるうちはな キーボード
ピアノ
コーラス
キーボード
ピアノ
コーラス
2015年 - 2019年
砂塚恵 キーボード キーボード
ピアノ
2019年 -

来歴編集

2003年〜2005年 : 結成〜メジャーデビュー前編集

2003年5月18日、2002年より福岡のライブ喫茶・照和でライブを行っていた西村が「シュノーケル」名義を使用し始めた[9]

2004年1月、10代の頃に出場したバンドオーディションで知り合った西村、KABA_3[注釈 2]、山田の3人で「シュノーケル」を結成し、2月1日、天神ビブレホールにて初ライブを敢行。3月7日、地元福岡のテレビ局KBCが主催するバンドオーディション「V3新人オーディション」でグランプリを獲得。その後福岡県を中心にライブ活動を開始[9]。12月18日、4曲入り自主制作盤CD『シュノーケル』を発表し、DRUM SONにて初のワンマンライブを開催[10]

2005年5月27日に奥田民生のライブ、6月15日から6月24日のPUFFYのライブツアーなどでオープニングアクトを務め[9]、6月1日、TURTLE RECORDSよりミニアルバム『ソラカラフル』をリリース。同アルバムの収録曲「レコード」、「空穴」は元the pillowsのベーシストでリーダーの上田ケンジがプロデュースした。

2005年〜2010年 : メジャーデビュー〜活動休止編集

2005年8月、メジャーデビューすることが決定し、11月2日に1stシングル『大きな水たまり』をリリースし、SME Recordsからメジャーデビュー。

2006年1月1日にテレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト-』のオープニングテーマとして使用されていた「波風サテライト」を2ndシングルとして発売。2月19日から2月25日にかけて、メジャーデビュー後初のライブツアー『波風サテライト Japan Tour '06』を開催。同年8月22日から25日にかけてBase Ball Bearチャットモンチーとのスプリットツアー『若若男女サマーツアー'06』が開催された[11]

2007年4月18日に自身初の映画主題歌となった6thシングル『天気予報』を発売し、8月8日に7thシングル『奇跡』を発売。「奇跡」は、テレビ東京系アニメ『銀魂』のエンディングテーマに抜擢[12]され、オリコンシングルチャート32位を記録し、自身最高位となった。

2009年9月16日、初のベスト・アルバム『Best+』を発売[13]し、12月9日にCHELSEA HOTELで開催されたライブにて活動休止することを発表[14]

2010年2月11日より活動休止前最後のライブツアー『SNOWKEL THE LAST TOUR "素潜り"』がスタートし、3月14日の千秋楽を以て活動休止[15]

2014年〜 : 活動再開以降編集

2014年6月13日、五反田文化センターにて西村の弾き語りライブ「ピンシュノ2014」が開催された。ゲストで香葉村が参加し、アンコールにて観客として見に来ていた山田を呼び、4年ぶりに3人が揃い演奏した[16]。10月20日に「西村晋弥とメガネメガネ」という名義でライブに出演し、ステージ上で復活ライブの開催を発表[1]し、12月18日、CHELSEA HOTELにて、シュノーケル復活ライブ“I'm OK!”を開催[17]。なお、この日はシュノーケルとしての初ライブから丸10年となる。

2015年5月24日、活動再開後初の作品となる9thシングル『RESTART/FIND』をTURTLE RECORDSから発売[18]。7月17日にブラジルサンパウロで開催された「Anime Friends 2015」、7月18日にブラジル・レシフェで開催された「Super-Con Brazil 2015」に出演し、自身初の海外でのライブを敢行[19]。12月16日に3rdアルバム『EYE』を発売[20]

2017年12月3日、10thシングル『いいじゃん/factor』リリース。同日に渋谷GUILTYで開催された『シュノーケル ワンマンライブ「波風立てないと!!」』を開催[21]し、ステージ上でクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」内でファンクラブ形式で未発表音源を配信する企画「UNSUNG SONGS」の発足を宣言した[22]

2018年7月7日・9日、ブラジル・サンパウロで開催された「Anime Friends 2018」に出演。同イベントのテーマ曲として「Best Friends」を書き下ろした[23]

ディスコグラフィ編集

シュノーケルのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
ベスト・アルバム 1
EP 2
シングル 11
スプリット・シングル 2
ライブ会場限定シングル 1
参加作品 10

メンバーのソロ名義での作品や単独での参加作品に関しては、個人の項を参照。

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[24]
初収録アルバム
SME Records レーベル
1st 2005年11月2日 大きな水たまり 12cmCD SECL-266 140位 SNOWKEL SNORKEL
2nd 2006年1月1日 波風サテライト 12cmCD SECL-277 37位
3rd 2006年4月5日 旅人ビギナー 12cmCD SECL-360 121位
4th 2006年8月23日 solar wind 12cmCD SECL-425 69位 EQ
5th 2007年1月1日 Bye-Bye × Hello 12cmCD SECL-465 198位
6th 2007年4月18日 天気予報 12cmCD SECL-494 88位
7th 2007年8月8日 奇跡 12cmCD SECL-520 32位
8th 2008年7月9日 ナツカゼ 12cmCD SECL-647 99位 Best+
TURTLE RECORDS レーベル
9th 2015年5月24日(ライブ会場) RESTART/FIND 12cmCD KAME-02 圏外 EYE』(#1)
アルバム未収録(#2)
2015年12月16日(全国発売)
10th 2017年12月3日 いいじゃん/factor 12cmCD KAME-05 NEW POP
11th 2019年9月18日 君に響け 12cmCD KAME-07

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[25]
1st 2006年4月26日 SNOWKEL SNORKEL CD SECL-370 82位
2nd 2007年10月3日 EQ CD+DVD SECL-536〜537(初回生産限定盤) 60位
CD SECL-538(通常盤)
3rd 2015年12月16日 EYE CD KAME-03 215位
4th 2017年3月15日 popcorn labyrinth CD KAME-04 201位
5th 2018年6月6日 NEW POP CD KAME-06 276位

ベスト・アルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)[25]
1st 2009年9月16日 Best+ CD+DVD SECL-802〜803(初回生産限定盤) 158位
CD SECL-804(通常盤)

スプリット・シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
(オリコン)
初収録アルバム
2008年8月6日 A SIDE SPLIT Vol.2
〜water field〜
CD SECL-661 168位 Best+
2008年11月17日 A SIDE SPLIT Vol.3
〜snow field〜
CD CTCR-80057 171位 アルバム未収録

ライブ会場限定シングル編集

発売日 タイトル 規格 初収録アルバム
1st 2016年5月27日 TODAY/妄想中 CD popcorn labyrinth

インディーズ盤編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
自主制作盤 2004年12月18日 シュノーケル CD
Mini 2005年6月1日 ソラカラフル CD KAME-01 TURTLE RECORDS

共演作品編集

タイトル 名義 備考
LUCKY DAY Snowkel vs AuraBreak 2018年12月15日開催の南米のアニメ・コンベンション『Ressaca Friends』のステージ上で演奏された楽曲[26]。『Ressaca Friends』の翌日にミュージック・ビデオが公開[27]されたが、未音源化作品となっている。

未音源化作品編集

タイトル 備考
Love Me Shelley 西村が初めて監督・脚本を務めた映画『E干サークル』の主題歌[28]

収録作品編集

発売日 タイトル 収録曲
2006年8月2日 NARUTO BEST HIT COLLECTION 2 「波風サテライト」
2006年12月20日 「牙」 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 「solar wind [TV ver.]」
2009年3月25日 銀魂BEST 「奇跡」
2016年6月29日 アニソンLOVE! 紫組 「波風サテライト」
2016年6月29日 アニソンLOVE! 翠組 「奇跡」
2017年12月13日 NARUTO FINAL BEST 「波風サテライト」

参加作品編集

アーティスト タイトル 初出
Various Artists おかしな2人 ユニコーン・トリビュート[注釈 3]
河合杏林 「オレンジ -アイリとシュノーケル-」 MONSTaR
フジタユウスケ 「時を重ねて」 『Road of Life』
つるうちはな 「ぶっちぎって光」 ぶっちぎって光

タイアップ編集

出演編集

ラジオ編集

連載編集

  • シュノーケルの水中タイムス(WHAT's IN?、不明 - 2007年01月号)

ライブ編集

単独編集

合同編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、西村は「これは後付けで、一人ユニット名を考えている際にテレビでシュノーケリングの番組が放送されているのを見て決めた」ということを、中村貴子との対談で明かしている[6]
  2. ^ 当時は「香葉村多望」名義
  3. ^ ただし、『ユニコーン・トリビュート』に先行して、6thシングル『天気予報』にカップリング曲として収録されている。
  4. ^ topics 〜シュノーケル レコ発〜」というタイトルで開催。
  5. ^ シュノーケルレコ発ツアー ×LIVEHOLIC「EYEと青春の旅立ち」」というタイトルで開催。
  6. ^ シュノーケルレコ発ツアー ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち」」というタイトルで開催。
  7. ^ シュノーケルレコ発ツアー 「EYEと青春の旅立ち〜アコースティックディナーショー〜」」というタイトルで開催。
  8. ^ ウーヴ Presents シュノーケル 「EYEと青春の旅立ち 〜アコースティック編ファイナル〜」」というタイトルで開催。
  9. ^ シュノーケルレコ発ツアー ワンマンライブ「EYEと青春の旅立ち ファイナル」」というタイトルで開催。
  10. ^ a b アルバム『popcorn labyrinth』レコ発記念ワンマンライブ 「宇宙に夢中」」というタイトルで開催。
  11. ^ 『popcorn labyrinth』レコ発記念Acousticワンマンライブ 「宇宙に夢中」@福岡HAPPY HILL」というタイトルで開催。
  12. ^ a b 「○○」には地方名が入る。
  13. ^ 特別編『シュノーケルNEW POPレコ発記念ツーマン 「に恩返シュ」』として開催。

出典編集

  1. ^ a b “シュノーケル、12月に復活ライブ開催”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年10月20日). https://natalie.mu/music/news/129168 2018年8月11日閲覧。 
  2. ^ MUSIC CITY 天神 2015|シュノーケル”. MUSIC CITY 天神 2015. ミュージックシティ天神運営委員会. 2015年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月24日閲覧。
  3. ^ a b “シュノーケル ━━ 王道J-ROCKに様々な情景を詰めて描く、洗練された世界観”. muevo voice (株式会社muevo). https://media.muevo.jp/articles/6431 2019年8月28日閲覧。 
  4. ^ a b Eremenko, Alexey. “Snowkel|Biography & History”. AllMusic. All Media Network. 2020年2月4日閲覧。
  5. ^ シュノーケル”. CDJournal. 株式会社ジャーナル. 2020年2月25日閲覧。
  6. ^ EYEと青春の旅だち 公式ツアー本「アイボン」
  7. ^ シュノーケル(シュノーケル)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年2月3日閲覧。
  8. ^ PROFILE”. SNOWKEL OFFICIAL SITE. 2019年10月13日閲覧。
  9. ^ a b c シュノーケル - 2019年10月13日閲覧
  10. ^ シュノーケル|2ndアルバム「EQ」発売記念スペシャル企画!IQチェック・解答発表!! - シュノーケル オフィシャルホームページ:水中庭園(2018年9月17日閲覧)
  11. ^ “チャットモンチー、BaseBallBear、シュノーケルの3バンドが夏ツアー〈若若男女サマーツアー'06〉を開催”. タワーレコード (タワーレコード). (2006年6月13日). https://tower.jp/article/news/2006/06/13/100007517 2020年12月12日閲覧。 
  12. ^ a b “[シュノーケル]強力タイアップ新曲&若若追加公演”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2007年6月12日). https://natalie.mu/music/news/2163 2018年9月22日閲覧。 
  13. ^ “シュノーケル初のベストにチャット橋本作詞の新曲も収録”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年8月26日). https://natalie.mu/music/news/20395 2018年8月2日閲覧。 
  14. ^ “シュノーケル、活動休止...SNOWKEL THE LAST TOUR "素潜り"発表!”. シュノーケル|ソニーミュージック オフィシャルサイト. (2009年12月10日). http://www.sonymusic.co.jp/artist/Snowkel/info/327730 2018年9月22日閲覧。 
  15. ^ “シュノーケル、来年3月ツアー後に活動休止 (2009/12/10) 邦楽ニュース|音楽情報サイト”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2009年12月10日). https://rockinon.com/news/detail/28475 2018年9月22日閲覧。 
  16. ^ 2014年6月13日(金) 西村晋弥#3「ピンシュノ」 - うわの空・藤志郎一座 劇団員リレー日記・2018年8月11日閲覧
  17. ^ “シュノーケル「これからもよろしく!」万感の復活ライブ”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年12月19日). https://natalie.mu/music/news/134285 2018年8月11日閲覧。 
  18. ^ “シュノーケル、復活後初シングルをライブ会場でリリース”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年4月3日). https://natalie.mu/music/news/142909 2018年8月2日閲覧。 
  19. ^ “シュノーケル、地球の裏側へ再び! ブラジルアニメフェス出演決定!”. JUNGLE★LIFE. (2017年10月12日). https://www.jungle.ne.jp/newsfeature/snowkel_20171012/ 2020年12月12日閲覧。 
  20. ^ “シュノーケルが8年ぶりオリジナルアルバム、12月にはレコ発ワンマン”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年9月26日). https://natalie.mu/music/news/161091 2018年9月22日閲覧。 
  21. ^ “シュノーケル、12/3に10thシングル『いいじゃん/factor』リリース決定。同日のワンマン・ライヴより販売開始”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2017年10月28日). http://skream.jp/news/2017/10/snowkel_new-single_release.php 2018年9月22日閲覧。 
  22. ^ “シュノーケル、未発表音源を届けるファンクラブ企画&通年イベントを発表”. UROROS. (2017年12月3日). http://uroros.net/eventnews/56267/ 2018年10月6日閲覧。 
  23. ^ Fuhito Kitahara (2019年4月6日). “シュノーケル、4度目のブラジルへ!南米最大級のアニメイベント『Anime Friends 2019』出演決定”. UROROS. http://uroros.net/eventnews/90232/ 2019年5月30日閲覧。 
  24. ^ シュノーケルのシングル作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年2月3日閲覧。
  25. ^ a b シュノーケルのアルバム作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年2月3日閲覧。
  26. ^ “シュノーケル、ブラジルのバンド AURABREAKと共作した楽曲「LUCKY DAY」MV公開”. Skream! (激ロックエンタテインメント株式会社). (2018年12月16日). https://skream.jp/news/2018/12/snowkel_aurabreak_collaboration_mv.php 2018年12月16日閲覧。 
  27. ^ Snowkel vs AuraBreak (2018年12月15日). Snowkel vs AuraBreak - 「LUCKY DAY」MV. https://www.youtube.com/watch?v=l-InjxyWLmw 2020年11月12日閲覧。 
  28. ^ a b “シュノーケル、新曲「Love Me Shelley」が映画"E干サークル"主題歌に決定。監督は西村晋弥(Vo/Gt)が担当”. Skream! (激ロックエンタテインメント). (2019年4月2日). https://skream.jp/news/2019/04/snowkel_e-boshi-circle_movie.php 2019年4月3日閲覧。 
  29. ^ ホンダ“翼ある人。自由へ”篇のCM曲は?”. CDJournal. 株式会社音楽出版社 (2006年8月31日). 2018年12月11日閲覧。
  30. ^ “福岡出身3ピースバンド〈シュノーケル〉と世界最大の恋愛結婚マッチングサイト〈match.com〉のコラボ映像が公開”. タワーレコードオンライン (タワーレコード). (2007年12月6日). http://tower.jp/article/news/2007/12/06/100011653 2018年12月11日閲覧。 
  31. ^ RESTARTがCMソングに!! 西村晋弥のブログ 2017年1月23日付
  32. ^ 【CM情報!】シュノーケルの「QUEST」が“ミラコン2017”のCMソングとして北日本放送でオンエア中です!こちらからもCMを見る事ができます。頑張れ!高校生!!”. シュノーケルOfficial. シュノーケル (2017年4月5日). 2018年12月11日閲覧。
  33. ^ 妄想家ポップ職人の本領発揮! まっすぐねじ曲がったポップ・ワールド完成 (2/4)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2018年). 2018年12月11日閲覧。
  34. ^ 妄想家ポップ職人の本領発揮! まっすぐねじ曲がったポップ・ワールド完成 (3/4)”. Skream!. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2018年). 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集