シュベツォフ ASh-62

シュベツォフ ASh-62 あるいは M-62ロシア語: Швецов АШ-62 / М-62)は、ソビエト連邦で開発された空冷星型9気筒の航空用エンジンである。アメリカのライト R-1820サイクロンエンジンのライセンス生産品であるM-25の発展型で、二速式過給器や改良された吸気システムを採用している。これらの変更で、オリジナルのサイクロンでは775hpだった出力が1,000hpにまで向上した。

ポーランドのライセンス生産品 ASz-62

量産は1937年に始まり、ソ連国内だけで40,361基が生産されたとみられている。このエンジンは当初は「M-62」と呼ばれていたが、生産途中に航空用エンジンの命名規則が改定され、「ASh-62」に改名された。またポーランドでは、「ASz-62」として現在でもライセンス生産が行われている(2007年現在)。他に中華人民共和国でも生産が行われていた。

諸元 (ASh-62)編集

  • タイプ:空冷星型単列9気筒
  • ボア×ストローク:156mm × 175mm
  • 排気量:29.8 L
  • 圧縮比:6.4
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 過給器:機械式遠心過給器1段2速
  • 出力 
    • 1000hp / 2,200rpm (離昇出力)
    • 850hp / 2,100rpm (高度4,200m)
  • 比出力:33.6 hp/L
  • 出典[1]

主な搭載機編集

参考文献編集

  1. ^ Liss 1966, p9
  • Gunston, Bill (1986). World Encyclopedia of Aero Engines. Wellingborough: Patrick Stephens. pp. 154 
  • Russian Aviation Museum
  • Venik's Aviation
  • Kotelnikov, Vladimir (2005). Russian Piston Aero Engines. Crowood Press Ltd.. pp. p.119-122 
  • Liss, Witold (1966). The Polikarpov I-16 (Aircraft in Profile Number 122). Profile Publications Ltd 

関連項目編集