メインメニューを開く

シュムシュガレイ (占守鰈、学名:Lepidopsetta polyxystra) はカレイ目カレイ科海水魚である。日本の市場においては同属のアサバガレイ(浅羽鰈、Lepidopsetta mochigarei)と混称される為、注意が必要である。[1]

シュムシュガレイ
No Photo Available.svg
保全状況評価
Not evaluated
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カレイ目 Pleuronectiformes
: カレイ科 Pleuronectidae
: シュムシュガレイ属 Lepidopsetta
: シュムシュガレイ L. polyxystra
学名
Lepidopsetta polyxystra
J. W. Orr & Matarese, 2000
和名
シュムシュガレイ
英名
Northern rock sole

目次

分布編集

砂泥底の水深 19mから246m程度、特に700m前後によく見られる 底生魚である。棲息域はピュージェット湾からアラスカ(棲息域がロックソール英語版と重複する)、アリューシャン列島周辺のベーリング海 及び千島列島周辺のオホーツク海 (棲息域がアサバガレイと重複する)にかけての温帯の北部太平洋である。 オスは69センチメートル (27 in) 、メスは49センチメートル (19 in)まで成長し、 寿命は最大18年である。[2]

分類編集

2000年以前はシュムシュガレイはロックソール(Lepidopsetta bilineata)と同一種と考えられていたが、オアとマタレーズが2000年に同属三種に再分類した。[3]

この再分類の結果ロックソール(L.bilineata)を指して"サザン"ロックソールとし、シュムシュガレイ(Northern rock sole、学名: L.polyxystra)との混乱を避ける場合もある。[4]

生態編集

シュムシュガレイは食物連鎖においてやや高位を占める。

食性編集

肉食で底生生物多毛類端脚類などを捕食する。[5]

天敵編集

シュムシュガレイを捕食する生物は海棲哺乳類およびサメスケトウダラコガネガレイタイヘイヨウオヒョウ英語版 、マダラなどの魚類である。

産卵編集

シュムシュガレイの繁殖期間は4から7歳時で、冬から早春に産卵する。 卵は海底に産み付けられ、6~25日で孵化する。

利用編集

シュムシュガレイはアラスカ湾の商業漁業において重要な魚種の一つである。1960年代に乱獲されたが資源量が回復し、 その資源量はアリューシャン列島やベーリング海においてとても多い状態だと評価され、維持可能な資源量の二倍程度に達するとされている。 2008年に推定されたシュムシュガレイのアラスカ湾における資源量は102,303トンで、漁獲量が2004年は453トン、2006年は4,330トンである。

シュムシュガレイの米国沿岸における漁獲は北太平洋漁業委員会英語版及び、8つの米国地域漁業管理協議会より管理されている。

参考文献編集

  1. ^ シュムシュガレイ”. 東京都福祉保健局. 2018年1月28日閲覧。
  2. ^ Ed. Ranier Froese and Daniel Pauly (2009年7月15日). “Lepidopsetta polyxystra”. Fishbase. 2009年11月17日閲覧。
  3. ^ Orr, James W.; Matarese, Ann C. (July 2000). “Revision of the genus Lepidopsetta Gill, 1862 (Teleostei: Pleuronectidae) based on larval and adult morphology, with a description of a new species from the North Pacific Ocean and Bering Sea” (PDF). Fishery Bulletin 98 (3): 539–82. http://fishbull.noaa.gov/983/07.pdf 2009年11月18日閲覧。. 
  4. ^ Rock sole”. FishWatch. National Marine Fisheries Service (2009年10月29日). 2008年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月18日閲覧。
  5. ^ Poltev, Y. N.; Labai, V. S.; Mukhametov, I. N. (August 2008). “On the diet of the rock sole Lepidopsetta polyxystra off the eastern coast of the northern Kuril Islands and the southern extremity of Kamchatka” (PDF). Journal of Ichthyology 48 (7): 505–14. doi:10.1134/S0032945208070047. http://www.springerlink.com/content/915m64648566k3p2/fulltext.pdf 2009年11月18日閲覧。. 

外部リンク編集