メインメニューを開く

シュライカー大阪(シュライカーおおさか、Shriker Osaka)は、日本大阪府大阪市をホームタウンとする[1]日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブ。

シュライカー大阪
原語表記 シュライカー大阪[1]
呼称 シュライカー大阪[1]
クラブカラー      オレンジ
創設年 2002年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン Fリーグディビジョン1
ホームタウン 大阪府大阪市[1]
ホームスタジアム 大阪市中央体育館
運営法人 ハマダ株式会社[1]
代表者 濱田隆司
監督 木暮賢一郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ホームアリーナは大阪市中央体育館。チーム内のカテゴリーは、ジュニア低学年、ジュニア高学年、ジュニアユース、レディース、エンジョイ、マグ、シュライカーサテライト、シュライカーに分かれている。

歴史編集

「いつでも、どこでも、だれでも」をスローガンに2002年4月に前身となるMAG'S FUTSAL CLUB(マグフットサルクラブ)が発足。2003年から2007年まで関西フットサルリーグ4連覇を果たすなど、関西を代表するフットサルチームとして君臨。また全国大会でも4位入賞をはじめ実績を残してきた。

2007年に発足した日本フットサルリーグ(Fリーグ)に参戦するためにシュライカー大阪に改称。なお、日本フットサルリーグへの申請時のチーム名はマグ大阪であった。

シュライカーはシュライク(モズ)とストライカーによるかばん語。モズは大阪府の府鳥であるとともに、季節を告げる鳥と言われているため、フットサルの新時代を告げるという願いからつけられた。ストライカーは最後までゴールを狙うという想いからつけられた[2]

2008年6月15日、大洋薬品オーシャンアリーナカップ2008において、決勝で名古屋オーシャンズを下して優勝。

2014-15シーズンではレギュラーシーズン5位からプレーオフ1回戦・準決勝を勝ち上がり、プレーオフ決勝で名古屋に対し1勝1分(名古屋にアドバンテージの1勝あり)として優勝決定延長戦まで持ち込んだが、延長戦に敗れて準優勝に終わった。

2016-17シーズンではレギュラーシーズンの勝ち点で9年間連続1位だった名古屋を初めて上回り初の年間1位を獲得。プレーオフはファイナルステージより出場し、ASVペスカドーラ町田を2勝1敗(アドバンテージ1勝含む)で下し初優勝を果たした。

2018年1月18日、Fリーグが2018-2019シーズンから2部制を導入するにあたって新設されるFリーグディビジョン1(F1)へ参加することが決定した[1]

獲得タイトル編集

2018-19シーズン所属選手編集

ホームアリーナ編集

ホームアリーナ
- 収容人数 2015-16
開催数
大阪市 大阪市中央体育館(大阪中体) 10,000人 5試合
住吉スポーツセンター(住吉) 3,500人 1試合
舞洲アリーナ(舞洲A) 7,000人 -
泉州 岸和田市総合体育館(岸和田総合) 2,500人 6試合

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色
GK(2nd) 黄色 黄色 黄色
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

チームカラー編集

  • チームカラーはオレンジ

ユニフォームサプライ編集

マスコットキャラクター編集

マスコットキャラクターモズをモチーフにした「シュラッピー」であり、名前は一般公募で募集された。背番号は、鳥のモズ(百舌)の漢数字にかけて100番。 (スポーツのマスコットキャラクター一覧も参照。)

出典編集

外部リンク編集