メインメニューを開く

ショウロ科(ショウロか、Rhizopogonaceae)は真正担子菌綱イグチ目菌類。この仲間は球形、地下生のものが多い。代表的な種類はショウロ。3属152種が存在するとされる[1]

ショウロ科
Rhizopogon rubescens
地中から掘り出されたショウロ(Rhizopogon roseolus).
分類
: 菌界 Fungi
亜界 : ディカリア亜界 Dikarya
: 担子菌門 Basidiomycetes
亜門 : ハラタケ亜門 Agaricomycotina
: ハラタケ綱 Agaricomycetes
亜綱 :  ハラタケ亜綱 Agaricomycetidae
: イグチ目 Boletales E.-J. Gilbert
亜目 : ヌメリイグチ亜目 Suillllineae Besl and Bresinsky
: ショウロ科 Rhizopogonaceae
学名
Rhizopogonaceae

トリュフとして知られるセイヨウショウロは名前こそ似ているが、子嚢菌門盤菌綱チャワンタケ目セイヨウショウロ科キノコの総称であり、非常に離れた関係になっている。

また、ニセショウロの名が付く一群のきのこがあるが、これは担子菌門真正担子菌綱イグチ目ニセショウロ科のキノコである。セイヨウショウロ科から比べれば近い関係ではあるが関係性は低い。

脚注編集

  1. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi (10th ed.). Wallingford: CABI. p. 599. ISBN 978-0-85199-826-8. 

関連項目編集