メインメニューを開く
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

(しょうが、簡体字: 漳河, 拼音: zhāng hé)は、中華人民共和国北部(華北)を流れる河川で、衛河の支流。海河水系に属する。古くはとも。

河南省を流れる.mw-parser-output .jis2004font{font-family:"源ノ角ゴシック JP Normal","源ノ角ゴシック JP","Source Han Sans Normal","Source Han Sans","NotoSansJP-DemiLight","Noto Sans CJK JP DemiLight","ヒラギノ角ゴ ProN W3","ヒラギノ角ゴ ProN","Hiragino Kaku Gothic ProN","メイリオ",Meiryo,"新ゴ Pr6N R","A-OTF 新ゴ Pr6N R","小塚ゴシック Pr6N M","IPAexゴシック","Takaoゴシック","XANO明朝U32","XANO明朝","和田研中丸ゴシック2004絵文字","和田研中丸ゴシック2004ARIB","和田研中丸ゴシック2004P4","和田研細丸ゴシック2004絵文字","和田研細丸ゴシック2004ARIB","和田研細丸ゴシック2004P4","和田研細丸ゴシックProN",YOzFont04,"IPA Pゴシック","Yu Gothic UI","Meiryo UI","MS Pゴシック";font-feature-settings:"jp04"1}漳河。紅旗渠付近
河南省を流れる河。紅旗渠付近
延長 466 km
流域面積 18,200 km²
河口・合流先 衛河
流域 中国
テンプレートを表示

山西省の東南の山岳地帯に発する、(せいしょうが)と(だくしょうが)の二つの川が合流して河となる。清河は太行山脈石灰岩と石英岩の地質を流れており、水中の泥や砂は比較的少なく、水も比較的澄んでいる。一方、濁河は黄土高原を流れており、水は泥色を呈している。二つの川は河北省の西南辺にある合村で合流し、河となる。東へ向かって流れ、河北省邯鄲市河南省安陽市の境界をなし、館陶で衛河に合流する。全長は466キロメートル、流域面積は18,200平方キロメートル。

戦国時代西門豹河流域の(ぎょう、現在の河北省臨漳県にあった都市)の知事となった時期、河は洪水を起こすかと思えば干上がることもあり農民を苦しめる川であった。流域の農民は災害に苦しみ、娘を川に投げ込み川の神の生贄にする「河伯娶婦」という習わしを行っていた。西門豹はこの悪習をやめさせ、黄河河から運河を引く事業を行い、合計十二の渠(運河)を築いて水田を潤しを豊かにした。これは西門豹渠と呼ばれており中国でも古い時期の大規模灌漑事業である。1960年から1969年にかけて、上流の林県(現在の河南省林州市)では灌漑を行うため、住民らが自力で岩山を貫いて河からの引水路(紅旗渠)を築いている。

同名の河川編集

同名の河川・河が安徽省にあり、長江の支流になっている。湖北省にも漳河と称する川がある。

外部リンク編集