紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Schotten (Stadt).png Locator map VB in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ギーセン行政管区
郡: フォーゲルスベルク郡
緯度経度: 北緯50度30分
東経09度07分
標高: 海抜 330 m
面積: 133.56 km²
人口:

10,099人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 76 人/km²
郵便番号: 63679
市外局番: 06044, 06045
ナンバープレート: VB
自治体コード: 06 5 35 016
行政庁舎の住所: Vogelsbergstraße 184
63679 Schotten
ウェブサイト: www.schotten.de
首長: ズーザンネ・シャープ (Susanne Schaab)
郡内の位置
Mittelhessen Vogelsberg Sot.png

ショッテン (Schotten) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州中部フォーゲルスベルク郡の市である。最寄りの大きな都市は、北のアルスフェルト、東のフルダ、南のフリートベルク (ヘッセン)、西のギーセンである。

地理編集

位置編集

ショッテンは州認定のルフトクアオルト(空気の清浄な保養地)で、フォーゲルスベルク山地の西斜面、高度 168 m から 773 m に位置している。近隣には、ホーアー・フォーゲルスベルク自然公園[2]の2つの最高峰であるホーエローツコプフ (764 m)、タウフシュタイン (773 m) がある。ショッテンは、冬のスノースポーツや夏の広大な森の散策で、人気の行楽地である。ニッダシュタウゼー(ニッダ川の堰止め湖)でウォータースポーツも楽しめる。

市域の最も北東外れにニッダ川の水源があり、散策に人気の目的地となっている。

隣接する市町村編集

ショッテンは、北はウルリヒシュタイン、北東はヘルプシュタイン、東はグレーベンハイン(以上3市町村はフォーゲルスベルク郡)、南はゲーデルンおよびヒルツェンハイン、西はニッダ(以上3市町村はヴェッテラウ郡)およびラウバッハ(ギーセン郡)と境を接している。

市の構成編集

自治体ショッテンは、中核市区ショッテンの他に、ベッツェンロート、ブロイゲスハイン、ブルクハルツ、ブーゼンボルン、アイナーツハウゼン、エッシェンロート、ゲッツェン、カウルシュトース、ミヒェルバッハ、ラインロート、ルーディングスハイン、ジッヒェンハウゼン、ヴィンガースハウゼンの各市区からなる。

歴史編集

 
1655年に出版されたマテウス・メーリアンの銅版画に描かれたショッテン

ショッテン市内からの出土品は新石器時代にまで遡る。数多くの丘陵墓や成立年代不明の環状防塁「アルテブルク」や「ヴィルトハウスコプフ」が先史時代を物語っている。1960年代に現在の屋外プール付近でハルシュタット期の球状の器が発掘され、現在、ショッテンのフォーゲルスベルク郷土博物館に収蔵されている。

ショッテンは、778年に初めて記録されている。集落の形成は、8世紀中世盛期の開拓時代の開始と関連している。ショッテンは、ニッダ川沿いにフォーゲルスベルク山地を越える古い広域街道沿いに位置していた。この街道とおそらくは初期のショッテン集落の防衛のために、1000年頃に現在のアルテブルクパークに建設されたアルテブルク(城)が利用された。この城を建設した人物は明らかでないが、おそらくニッダ伯による建立を推定されている。最初のショッテンの教会は、アイルランド=スコットランド系修道士の創設とされている。大規模なゴシック建築の聖母教会は14世紀に建設され、その後数十年間、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路沿いの人気の巡礼教会であった。

中世後期、ショッテンはエップシュタイン家とトリムベルク家に属した。これら騎士家に属する盗賊騎士とのフェーデの過程でライン都市同盟1385年にこの街を占領し市壁とエップシュタイン城およびおそらくアルテブルクをも破棄した。1403年からショッテンはヘッセン方伯領となった。この時代に、それまで破壊されていたエップシュタイン城も再建された。

市域の拡大編集

1970年代の地域再編によって、15の市町村から現在のショッテンが形成された。

行政編集

 
ショッテンの旧市庁舎

議会編集

ショッテン市議会は、37議席からなる[3]

紋章編集

青地。金色の山の上にとまった、赤い嘴や爪で威嚇する翼を広げた銀の鷹。

金色の山はフォーゲルスベルク山地を象徴している。鷹は、この街の創設伝説にその起源を持つ。

姉妹都市編集

この他、ボーゲンバイエルン州)、エルムスホルンシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州)、オジメクポーランドオポーレ県)と友好都市関係にある。

文化と見所編集

 
聖母教会のマリア祭壇

建築編集

旧市街では、有名なマリア祭壇を持つゴシック様式の聖母教会を見学することができる。この有翼祭壇は、無名の画家によって1385年頃に製作された。その近くに建つ旧市庁舎は、1512年建造の堂々たる木組み建築である。この歴史的建造物は、旧市街の近代化に伴い、1984年 - 1987年に修復された。

年中行事編集

この街は、モータースポーツの分野では、ショッテンリング・レースで知られている[4]

経済と社会資本編集

 
ニッダシュタウゼー
 
冬にスキー場となったホーエローツコプフ

交通編集

連邦道 B455号線と B276号線が市内を通っている。最寄りのアウトバーンは A5号線と A45号線である。ゲーデルンからショッテンを経由してラウバッハへの B276号線は、伝説のモーターバイク・コースであり、晴れた週末には多くのモーターライダーが訪れる。これはコース上に、ファルトーアハウスをはじめとする集合場所があることにもよる。いわゆる「アプラウスクルヴェ(喝采のカーブ)」は、ドイツ全土のモーターライダーに有名である。ここは長く伸びた 180° のカーブで、大きくハングオンするライダーを、多くの見物人(そのほとんどは別のライダーたちである)が見つめ、歓声を上げる(あるいは動画や写真に撮影する)。

余暇施設とスポーツ施設編集

ニッダシュタウゼー(ニッダ川の堰止め湖)とホーエローツコプフは、人気のハイキングの目的地である。

トゥルン・ウント・ゲザンクフェライン 1859 e.V. と S. V. Blau Weiß Schotten e.V. が首邑ショッテンの 2大スポーツサークルである。

改修された通りによって、この街の地域はモーターバイクに最適である。

ショッテンには野鳥パークがある。

引用編集

  1. ^ Bevölkerungsstand am 31.12.2019
  2. ^ Naturpark Hoher Vogelsberg(2012年7月30日 閲覧)
  3. ^ 2011年3月27日の市議会議員選挙結果、ヘッセン州統計局(2012年7月30日 閲覧)
  4. ^ Motorsport Rund um Schotten(2012年7月30日 閲覧)

外部リンク編集