ショットガン (ニュース)

ショットガン』は、1987年4月から1989年3月にかけて、フジテレビジョンで放送されたスポットニュースの番組である。

目次

概要編集

従来の5分間(実際にはステーションブレイク=スポットコマーシャルがあるので正味2 - 3分間)のニュースとは別に、主として番組切り替え前の毎正時前1分間を使い、フジテレビの女性アナウンサーなどが担当して最新の重要なニュースを簡潔に伝えるというユニークな放送体裁を取って行われた。関東ローカル番組として放送されたが、19:58からの放送は、全国ネットで放送された(一部の系列局ではタイトルが差し替えられた)。

番組冒頭に通算回数を表示し、担当アナウンサーの顔面をアップにして映し出す。また、一部の時間帯では、フリーアナウンサーの中安みゆきが関西弁でニュースを伝えるなどそれまでのニュースとは違った演出もなされた。

本番組が終了した後も19:58の全国ネット枠は、『FNNニュース』として、体裁を通常のミニニュース枠に戻し、(一部曜日を除き)1994年9月まで続けられた。

1987年10月に放送された「なんてったって好奇心」(「ドキュメント・フジテレビ10月改編の裏側」)において、この番組をスタートさせるに至る経緯が紹介されているが、この中では当初の構想として、「日中の毎正時に限りなく近い時間帯に、1分間の情報ゾーンを設ける」ものであったことが紹介されている。さらに、午後0時59分にも同枠を編成すべく、当時の「笑っていいとも!」プロデューサーであった横澤彪と編成担当者が折衝する様子も紹介されていた。

放送時間編集

  • 平日は7:58、9:59、14:00、16:00、19:58の5回。19:58に限り全国ネット(地域によってタイトル差し換えあり)
  • 土・日は全国ネットの19:58のみだが、日は1987年だけ8:59、19:58の2回放送されていた。
  • 19:58放送版は当初は土・日のみだったが、1988年から月・水も行われた。
番組内容
  • 9:59の枠は「あなたのニュース買います」として、視聴者からの投稿ビデオを紹介していた。
  • 14:00の枠は「ショットガンチェック」として、新宿駅東口の歩行者にアンケートを募り、それをスタジオアルタ前から生中継で報告するという、内容だった。(また、両者とも突発事件などの場合は通常のニュースが流された)。

系列局の対応編集

テレビ新広島では、平日の夕方に『tssショットガン』のタイトルで自主制作を行っていた。当初は、『桃色学園都市宣言!!』直前の『ショットガン』の差し替えだったが、同時間帯が再放送枠に移行した後も1990年代前半まで続けられた。内容は、『tssスーパータイム』の内容予告が中心で、同番組のメインキャスター(笠間雅一棚田徹)が担当した。こちらは一般的なニュース番組のフォーマットで放送された。また、広島県内で行われた地方選挙の際、ミニ番組枠を使用して『tss選挙ショットガン』とのタイトルで開票結果を放送した。

前述のように19:58からの枠は全国ネット対応であったが、一部の系列局では『ショットガン』とのタイトルを用いず、独自のタイトルを使用した局も存在した。改題例としてテレビ西日本では『TNCニュース』、テレビ静岡では『FNNテレビ静岡ニュースフラッシュ』、関西テレビでは『KTVニュースフラッシュ』、山陰中央テレビでは「TSKニュース」などである。また、テレビ新広島ではローカル枠と同様『tssショットガン』とのタイトルで放送されたが、タイトルロゴは、フジテレビと同じデザインで上に「tss」を加えた白テロップが使用された。

関連項目編集