ショッパーズプラザ

現在のショッパーズプラザのロゴ
かつて、福岡ショッパーズプラザの専門店街で使われていたロゴマーク
(2011年8月3日撮影)

ショッパーズプラザ(英文名称:SHOPPERS PLAZA)は、株式会社ダイエーイオンリテール株式会社が運営しているショッピングモール

目次

概要編集

 
日本初のSC 庄内店
(旧:庄内ショッパーズプラザ)
 
京橋店
(旧:京橋ショッパーズプラザ)
 
ショッパーズプラザ横須賀

創業以来、各地への出店とともに規模を拡大してきたダイエーは、1970年前後になると、既に商店街や市場が形成されていた場所に、自治体による戦後の市街地再開発と連携し、商店街や市場を代替する形での出店を進めるようになる。それに並行してダイエーはショッピングセンターの開発に着手。それが1964年(昭和39年)4月5日に開業した[1]日本初のショッピングセンターとなった大阪府・豊中市の庄内店でスーパー機能と銀行を兼ね備えた棟と専門店を集中的に入居させる専門店棟の2つに分け集客を図るこの方式はダイエーのみならず他社でも採用されることになった。

この成功に際して、商店主会など地元組織が設置した建物にダイエーがキーテナントとして入居する方法のほかに、ダイエーが設置した建物に、直営のスーパーマーケットである「ダイエー」に加えて専門店を多数入居させる方法が正式に採用され、1968年(昭和43年)11月30日に日本初の郊外型のショッピングセンターである香里店が開業。この香里店に付与されたのがショッパーズプラザである[2]。代替元となった商店街や市場の店舗については、これらが専門店街に軒を連ねた例や、あるいはダイエー出店に合わせて店舗を閉じ店主がダイエーの売場従業員となった例など、さまざまであった。

この当時誕生したショッパーズプラザには、横浜市郊外の戸塚ショッパーズプラザ(現:イオン戸塚店)、大阪市内の京橋ショッパーズプラザ(現:イオン京橋店)、福岡市天神の福岡ショッパーズプラザ(現:イオンショッパーズ福岡店)」などがある。

その後、ダイエーの出店拡大に伴いショッパーズプラザとの相違が無くなった事を受け、1975年のダイエーのシンボルマークの改定時より使用が無くなり、数年後にはショッパーズの全店舗の名称がダイエーに統一された。ショッパーズの名称が再び付与される事になったのは、ダイエーがチェーンストアの規模拡大志向に対応し、ダイエーもGMSに専門店を付加したショッピングセンター(モール)型の店舗を一時期志向し始めた時である。これらの店舗にもショッパーズプラザあるいはショッパーズモールを用いた(ショッパーズモールマリナタウンなど)。しかし、同時期に、さまざまなデベロッパーにより、広大な敷地をもって開業した大規模な商業施設が多数存在するようになり、しかも年々その規模は拡大化する傾向にあった。一方でダイエーは経営悪化が表面化し、既存店舗の閉鎖を進める必要性が生じるほどとなっており、どんどん大規模化するショッピングモールを新規出店する余力は既にない状態になっていた。

2006年には、ダイエー海老名店を業態転換によりショッパーズプラザ海老名とした。元からのダイエー店舗の売場に他の業者を出店させる点では既に他店舗で多くの実例があったが、他の業者の出店エリアを専門店街として直営売場とは明確に区別した点では新しい試みであった。直営売場と専門店街との区別の結果、ショッパーズプラザ海老名が誕生し直営売場はグルメシティ海老名店に変更された。なお、直営売場と専門店街との相乗効果を図る目的で、子会社[3]株式会社OPAで使われているプロパティマネジメント手法を導入している。

なお、ダイエーが撤退した後もショッパーズとして多少の改名がされつつも存続している存在しているSCも存在し、全国にその名残が伺える。

2015年1月1日から親会社となったイオンにより、ダイエーはイオングループの食品スーパー事業の中核を担う方針となった。2016年3月1日までにイオングループの各社に現存する下記店舗を含むダイエーの一部大型店の営業権を承継した。その中には承継までショッパーズの名前を使用してきた大型ショッピングモールのショッパーズプラザ横須賀、ショッパーズプラザ新浦安が該当となった。しかしイオンモール等のイオンブランドへの転換は無く、イオンリテールが運営するショッパーズプラザとして名前を残すこととなった。2017年5月にショッパーズプラザ新浦安は「イオン新浦安店」に変更となり、現在は2店舗が存在する。

現存の店舗編集

2017年5月現在は、2つのショッピングモールが現存している。横須賀はイオンリテールの運営となっている。

店舗名 所在地 開業日 備考
ショッパーズプラザ横須賀
(イオン横須賀店)
神奈川県横須賀市 1991年(平成3年)4月25日[4] 2016年3月1日付でイオンリテールに承継
ショッパーズプラザ海老名
(海老名店)
神奈川県海老名市 1984年(昭和59年)9月2日[5] 旧海老名店を改装したダイエー初のプロパティマネジメント手法店舗。

ダイエーが運営していた旧ショッパーズプラザ編集

かつては上述の通り、ダイエーはチェーン展開を開始してロゴマークを変更する1975年に至るまで日本全国で「ショッパーズプラザ」を掲げ地域と連携を図ってきたが、順次その名前を外した。

北海道・東北・関東地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
札幌ショッパーズプラザ
札幌店
北海道札幌市中央区 閉店(1993年(平成5年)[6] 1973年(昭和48年)11月26日[6]
盛岡ショッパーズプラザ
盛岡店
岩手県盛岡市 閉店 (2005年(平成17年)11月27日[7] 1973年(昭和48年)5月[8]18日
山形ショッパーズプラザ
山形店
山形県山形市 閉店(2005年(平成17年)11月20日[9] 1972年(昭和47年)6月15日[10]
仙台ショッパーズプラザ
(仙台店)
宮城県仙台市 イオンリテールに継承され継続
イオン仙台店
1975年(昭和50年)9月9日[11]
水戸ショッパーズプラザ
水戸店
茨城県水戸市 閉店(2005年(平成17年)10月31日[12] 1973年(昭和48年)11月9日[13]
草加ショッパーズプラザ
草加店
埼玉県草加市 建物を建て替え継続 1974年(昭和49年)4月5日
志木ショッパーズプラザ
(志木店)
埼玉県志木市 閉店(2013年(平成25年)7月31日[14] 1974年(昭和49年)11月[14]13日
千葉ショッパーズプラザ
(千葉店)
千葉県千葉市 閉店 1973年(昭和48年)[15]
木更津ショッパーズプラザ
(木更津店)
千葉県木更津市 閉店 1973年(昭和48年)12月23日
ショッパーズプラザ新浦安
(ダイエー新浦安店→イオン新浦安店)
千葉県浦安市 イオンリテールに継承され継続
イオン新浦安店
1990年(平成2年)6月28日
大島ショッパーズプラザ
(大島店)
東京都江東区 継続 1973年(昭和48年)[15]
赤羽ショッパーズプラザ
赤羽店
東京都北区 建物を建て替え継続 1969年(昭和44年)12月5日[16][17]
碑文谷ショッパーズプラザ
(碑文谷店)
東京都目黒区 イオンリテールに継承され継続
イオンスタイル碑文谷
1975年(昭和50年)4月1日
立川ショッパーズプラザ
立川店
東京都立川市 閉店(2014年(平成26年)2月28日) 1970年(昭和45年)11月3日[18]
八王子ショッパーズプラザ
八王子店
東京都八王子市 閉店(2015年(平成27年)2月15日) 1970年(昭和45年)11月13日[18]
原町田ショッパーズプラザ
(原町田店)
東京都町田市 建物を建て替え継続
(2013年(平成25年)3月31日旧店舗閉店[19]
(2016年(平成28年)7月21日新店舗開店)
1969年(昭和44年)6月[20]20日
向ヶ丘ショッパーズプラザ
向ヶ丘店
神奈川県川崎市多摩区登戸[1] 継続 1971年(昭和46年)9月10日[1]
鶴見ショッパーズプラザ
(鶴見店)
神奈川県横浜市鶴見区 閉店 1971年(昭和46年)4月[16]
横浜西口ショッパーズプラザ
横浜西口店
神奈川県横浜市中区 継続 1972年(昭和47年)4月5日[21]
上大岡ショッパーズプラザ
(上大岡店)
神奈川県横浜市港南区上大岡386[1] 閉店 1969年(昭和44年)12月5日
長津田ショッパーズプラザ
(ダイエー長津田店)
神奈川県横浜市緑区長津田町1976[1] 閉店 1970年(昭和45年)3月26日[1]
戸塚ショッパーズプラザ
(戸塚店)
神奈川県横浜市戸塚区吉田町884[1] イオンリテールに継承され継続
イオン戸塚店
1972年(昭和47年)3月25日[1]
藤沢ショッパーズプラザ
藤沢店
神奈川県藤沢市 建物を建て替えて継続
(2010年(平成22年)8月22日旧店舗閉店[22]
(2011年(平成23年)10月8日新店舗開店[23]
1974年(昭和49年)6月22日[24]

北陸・甲信越地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
新潟ショッパーズプラザ
新潟店
新潟県新潟市 閉店(2005年(平成17年)11月30日[25][26] 1973年(昭和48年)11月23日[27]
高岡ショッパーズプラザ
(高岡店)
富山県高岡市 閉店(1999年(平成11年)5月31日[28] 1976年(昭和51年)10月1日
甲府ショッパーズプラザ
甲府店
山梨県甲府市 閉店(1999年(平成11年)11月14日[29] 1974年(昭和49年)11月[30] 25日

東海地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
豊橋ショッパーズプラザ
(豊橋店)
愛知県豊橋市 閉店(1998年(平成10年)5月[31] 1972年(昭和47年)[15]9月8日
安城ショッパーズプラザ
(安城店)
愛知県安城市 閉店 1973年(昭和48年)[32]
金山ショッパーズプラザ
金山店
愛知県名古屋市中区 建物を建て替え→イオンリテールに承継され継続
(2012年(平成24年)9月30日旧店舗閉店[33]
(イオン金山店)
1973年(昭和48年)6月[33]30日
栄ショッパーズプラザ
(栄店)
愛知県名古屋市中区 閉店(2005年(平成17年)10月31日[34][35] 1971年(昭和46年)5月13日[1]
今池ショッパーズプラザ
今池店
愛知県名古屋市千種区 イオンリテールに承継され継続
(イオン今池店)
1969年(昭和44年)[15]11月30日
上飯田ショッパーズプラザ
(上飯田店)
愛知県名古屋市北区 イオンリテールに承継され継続
(イオン上飯田店)
1973年(昭和48年)[15]
鳴子ショッパーズプラザ
鳴子店
愛知県名古屋市天白区 閉店(2013年(平成25年)7月31日[19] 1972年(昭和47年)[15]9月15日
高辻ショッパーズプラザ
(高辻店)
愛知県名古屋市昭和区 閉店[36] 1973年(昭和48年)[15]6月

近畿地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
藤の森ショッパーズプラザ
藤森店
京都府京都市伏見区深草キトロ町82[37] 閉店(2013年(平成25年)5月6日[38] 1975年(昭和50年)6月27日[37]
香里ショッパーズプラザ
香里店
大阪府寝屋川市香里南之町36-2[1]0 閉店(2005年(平成17年)8月31日[39][40] 1968年(昭和43年)11月30日[2]
樟葉ショッパーズプラザ
(樟葉店)
大阪府枚方市 閉店 1972年(昭和47年)4月1日[1]
高槻ショッパーズプラザ
(高槻店)
大阪府高槻市 閉店(2000年(平成12年)10月31日[41] 1971年(昭和46年)11月30日[1]
富田ショッパーズプラザ
(富田店)
大阪府高槻市 閉店 1972年(昭和47年)10月
茨木ショッパーズプラザ
(茨木店)
大阪府茨木市 閉店[2] 1968年(昭和43年)11月30日[2]
ショッパーズ南茨木
(南茨木店)
大阪府茨木市 閉店 1991年(平成3年)4月
箕面ショッパーズプラザ
(箕面店)
大阪府箕面市 閉店 1971年(昭和46年)4月2日[1]
池田ショッパーズプラザ
(池田店)
大阪府池田市 閉店 1967年(昭和42年)[15]9月
三国ショッパーズプラザ
(三国店)
大阪府大阪市淀川区 閉店(2002年(平成14年)11月29日[42] 1960年(昭和35年)11月[16]17日
京橋ショッパーズプラザ
(京橋店)
大阪府大阪市 イオンリテールに継承され継続
イオン京橋店
1971年(昭和46年)11月[43]
庄内ショッパーズプラザ
庄内店
大阪府豊中市庄内西町2—23-23[1] 建物を建て替えて継続 1964年(昭和39年)4月5日[1]
曽根ショッパーズプラザ
曽根店
大阪府豊中市曽根東町3—37-9[1] 継続 1971年(昭和46年)6月30日[1]
古川橋ショッパーズプラザ
(古川橋店)
大阪府門真市 閉店[44] 1971年
大和田ショッパーズプラザ
(大和田店)
大阪府門真市 閉店(2001年(平成13年)8月19日[45] 1969年(昭和44年)[15]
住道ショッパーズプラザ
(住道店)
大阪府大東市 継続[46] 1972年(昭和47年)[15]
四条畷ショッパーズプラザ
(四条畷店)
大阪府大東市[47] 継続 1971年(昭和46年)7月9日[1]
松原ショッパーズプラザ
(松原店)
大阪府松原市 閉店 1972年(昭和47年)[15]6月30日
柏原ショッパーズプラザ
(柏原店)
大阪府柏原市 閉店 1972年(昭和47年)[15]11月
ショッパーズモール泉佐野
(泉佐野店)
大阪府泉佐野市 閉店 2000年(平成12年)3月2日[48]
貝塚ショッパーズプラザ
(貝塚店)
大阪府貝塚市 閉店 1972年(昭和47年)[15]
春木ショッパーズプラザ
(春木店)
大阪府岸和田市 閉店 1972年(昭和47年)[15]11月30日
中百舌鳥ショッパーズプラザ
(中もず店)
大阪府堺市北区 閉店(2004年(平成16年)8月31日[49] 1970年11月29日
津久野ショッパーズプラザ
津久野店
大阪府堺市西区 継続 1972年(昭和47年)[15]11月30日
栂ショッパーズプラザ
(栂店)
大阪府堺市南区 継続 不明
金剛ショッパーズプラザ
(金剛店)
大阪府大阪狭山市 イオンリテールに継承され継続
(イオン金剛店)
不明
尼崎ショッパーズプラザ
尼崎店
兵庫県尼崎市昭和通り7—243[1] 閉店(2010年(平成22年)2月28日[50] 1966年(昭和41年)11月3日[1]
三和ショッパーズプラザ
三和店
兵庫県尼崎市 閉店 1969年(昭和44年)[15]12月13日
鈴蘭台ショッパーズプラザ
(鈴蘭台店)
兵庫県神戸市北区 閉店 1974年(昭和49年)
垂水ショッパーズプラザ
(垂水店)
兵庫県神戸市垂水区 閉店(2005年(平成17年)10月31日[12] 1969年(昭和44年)[15]11月28日
舞子ショッパーズプラザ
(舞子店)
兵庫県神戸市垂水区 閉店 1966年(昭和41年)10月28日
明石ショッパーズプラザ
(明石店)
兵庫県明石市大明石町1-3-6[1] 閉店(2005年(平成17年)8月31日[39][40] 1966年(昭和41年)10月28日[1]
加古川ショッパーズプラザ
(加古川店)
兵庫県加古川市 閉店 1973年(昭和48年)[15]
姫路駅前ショッパーズプラザ
(姫路駅前店)
(初代)姫路ショッパーズプラザ[1]
兵庫県姫路市光源寺前町[1] 閉店(1999年(平成11年)6月[51] 1964年(昭和39年)10月16日[1]
姫路ショッパーズプラザ
(姫路店)
兵庫県姫路市 閉店(2002年(平成14年)1月14日[52][53] 1974年(昭和49年)[52]12月6日
竜野ショッパーズプラザ
(竜野店)
兵庫県龍野市(現・たつの市 イオンリテールに継承され継続
イオン竜野店
1973年(昭和48年)12月5日[54]
奈良ショッパーズプラザ
(奈良店)
奈良県奈良市油阪町2[1] 閉店(2005年(平成17年)11月20日[9] 1971年(昭和46年)11月23日[1]
八木ショッパーズプラザ
(八木店)
奈良県橿原市 閉店 1973年(昭和48年)[15]4月

中国地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
鳥取ショッパーズプラザ
(鳥取店)
鳥取県鳥取市 閉店 1972年(昭和47年)[15]9月22日
ショッパーズモール岡山南
(岡山南店)
岡山県岡山市南区 出店中止[55] なし
倉敷ショッパーズプラザ
(倉敷店)
岡山県倉敷市昭和[1] 閉店(2002年(平成14年)5月31日[56] 1970年(昭和45年)7月10日[1]
福山ショッパーズプラザ
(福山店)
広島県福山市三之丸町8[1] 閉店(2005年(平成17年)10月31日[12][57] 1968年(昭和43年)8月16日[1]
広島ショッパーズプラザ
(広島店)
広島県広島市南区 閉店(2005年(平成17年)11月27日[58] 1970年(昭和45年)[59]4月18日
広島駅前ショッパーズプラザ
(広島駅前店)
広島県広島市南区 閉店(2005年(平成17年)11月27日[60][61] 1971年(昭和46年)[15]11月12日
徳山ショッパーズプラザ
(徳山店)
山口県徳山市常盤町2—34[1] 閉店(2001年(平成13年)1月31日[62] 1970年(昭和45年)10月30日[1]
山口ショッパーズプラザ
(山口店)
山口県山口市道場門前町字道場門前[1] 閉店(1998年(平成10年)6月30日[63] 1969年(昭和44年)10月17日[1]
宇部ショッパーズプラザ
(宇部店)
山口県宇部市 閉店 1971年(昭和46年)[15]11月3日

四国地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
徳島ショッパーズプラザ
(徳島店)
徳島県徳島市 閉店 1971年(昭和46年)6月18日[1]
ショッパーズモール屋島
(屋島店)
香川県高松市 閉店[64][61] 1997年(平成9年)11月27日[65]
千舟ショッパーズプラザ
(千舟店)
愛媛県松山市千舟町4-4[1] 閉店 1970年(昭和45年)12月4日[1]

九州・沖縄地区編集

店舗名 住所 現状 開業日
福岡ショッパーズプラザ
(福岡店)
福岡県福岡市中央区 イオン九州に承継され継続
イオンショッパーズ福岡店
1971年(昭和46年)6月15日[1]
ショッパーズモールマリナタウン
(マリナタウン店)
福岡県福岡市西区 イオン九州に承継され継続
イオンマリナタウン店
2000年(平成12年)3月2日
ショッパーズモールなかま
(ダイエーショッパーズモールなかま)
福岡県中間市 イオン九州に承継され継続
イオンなかま店
1998年(平成10年)11月20日
久留米ショッパーズプラザ
(久留米店)
福岡県久留米市東町天神田[1] 閉店 1970年(昭和45年)11月
佐賀ショッパーズプラザ
(佐賀店)
佐賀県佐賀市 閉店 1972年(昭和47年)[15]1月
長崎ショッパーズプラザ
(長崎店)
長崎県長崎市 イオン九州に承継され継続
イオン長崎店
1971年(昭和46年)11月25日
大分ショッパーズプラザ
(大分店)
大分県大分市 閉店(2000年(平成12年)1月11日[66] 1973年(昭和48年)[67]
宮崎ショッパーズプラザ
(宮崎店)
宮崎県宮崎市 イオン九州に承継され継続
イオン南宮崎店
1973年(昭和48年)
都城ショッパーズプラザ
都城店
宮崎県都城市 イオンモールへ建て替え後イオン九州に承継し継続
(2008年(平成20年)12月1日新店舗開店[68]
(イオン都城駅前店)
1973年11月30日
鹿児島ショッパーズプラザ
(鹿児島店)
鹿児島県鹿児島市 イオン九州に承継され継続
イオン鹿児島鴨池店
1975年7月11日
ショッパーズモールネーブルカデナ
(Kou'Sネーブルカデナ店)
沖縄県那覇市 閉店(2002年(平成14年)8月25日[69] 1999年(平成11年)4月[69]22日
那覇ショッパーズプラザ
那覇店
沖縄県那覇市 閉店(2005年(平成17年)11月20日[9][70] 1975年(昭和50年)5月[70]4日

ダイエーの関連会社が運営していたショッパーズ関連店舗編集

店舗名 住所 運営会社 現状 開業日
湯の川ショッパーズプラザ 北海道函館市 ホリタ グルメシティ湯川店→湯川店→
イオン北海道に承継され継続

イオン湯川店
ショッパーズ弘前
(ショッパーズ弘前店)
青森県弘前市 ショッパーズ弘前 閉店(2005年(平成17年)10月31日[12] 1994年(平成6年)3月4日[71]
北山ショッパーズモール 京都府京都市北区 サカエ グルメシティ店舗として継続
ショッパーズプラザコーチ[72] 高知県高知市[72] ショッパーズプラザコーチ[72] 閉店(2005年(平成17年)11月30日[9][73] 1979年(昭和54年)[73]
ショッパーズプラザ南海 愛媛県新居浜市若水町2—6-5[1] 南海百貨店 閉店(1999年(平成11年)5月31日[28] 1971年(昭和46年)9月[1]
三津ショッパーズプラザ
(コーノ三津店)
愛媛県 コーノ 閉店(2007年(平成19年)7月18日[74] 1976年(昭和51年)[74]
今治ショッパーズプラザ 愛媛県今治市旭町1丁目[75] 今治デパート[75] 閉店 1972年(昭和47年)[75]
三島ショッパーズプラザ 愛媛県今治市 今治デパート 閉店
ショッパーズ糸満 沖縄県糸満市 ショッパーズイトマン 閉店(2002年(平成14年)8月31日[76] 1986年(昭和61年)[77]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。
  2. ^ a b c d 大友達也 (2007年10月). “《研究展望》あの弱かったイオンがダイエーを呑み込んでしまった。何故?”. 社会科学 79号 (同志社大学 人文科学研究所)
  3. ^ 株式会社OPAは、ショッパーズ海老名誕生当時はダイエーの孫会社(ダイエー子会社株式会社十字屋の子会社)であったが、2007年1月16日にダイエーが十字屋を合併したため、ダイエーの子会社となった。
  4. ^ “超大型店きょう開店、ショッパーズプラザ横須賀”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (1991年4月25日)
  5. ^ “Dマート、神奈川・海老名に最大規模の店舗”. 日経流通新聞(日本経済新聞社). (1984年9月10日)
  6. ^ a b 札幌市教育委員会 『新札幌市史 第5巻通史5(下)』 北海道新聞社、2005年3月。
  7. ^ 念佛明奈 (2005年11月28日). “ダイエー 盛岡店閉店 客のねぎらいに従業員涙”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  8. ^ “ダイエー盛岡店11月閉店決定「街の顔」維持へ全力”. 河北新報 (河北新報社). (2005年9月27日)
  9. ^ a b c d “ダイエー、山形店・奈良店など6店を11月に追加閉鎖”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2005年9月15日)
  10. ^ 山形市史編さん委員会 『山形市史 現代編』 山形市、1981年。
  11. ^ ダイエー仙台店閉店 イオン3月12日開店(河北新報ONLINE NEWS 2016年2月24日)
  12. ^ a b c d “14店舗きょう閉鎖/ダイエー 水戸店など”. 東京新聞 (中日新聞社). (2005年10月31日)
  13. ^ 水戸市史編さん委員会編 『水戸市史 下巻(三)』 水戸市、1998年5月。
  14. ^ a b “ダイエー志木店、39年の歴史に幕 31日閉店”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2013年7月31日)
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 岩掘安三 『ダイエー 強さの秘密 中内功の実践論・矛盾論』 評言社、1973年。ISBN 978-4828200019
  16. ^ a b c 堀田真康 『ダイエー 燃える流通革命軍団』 朝日ソノラマ、1981年7月。ISBN 978-4257060871
  17. ^ 『日本商業年鑑 1970年版』 商業界、1970年。
  18. ^ a b 『日本商業年鑑 1971年版』 商業界、1971年。
  19. ^ a b 松平徳裕(2013年4月13日). “ダイエー6店閉鎖 志木など イオン電子マネー導入”. 東京新聞 (中日新聞社)
  20. ^ 大塚英樹 『中内功200時間語り下ろし 仕事ほど面白いことはない』 講談社、1973年。ISBN 978-4062082839
  21. ^ “ダイエー「横浜ショッパーズ・プラザ」開店”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (1972年4月6日)
  22. ^ “名残惜しむ客でにぎわい、ダイエー藤沢店が閉店”. 神奈川新聞 (神奈川新聞社). (2010年8月23日)
  23. ^ “ダイエー藤沢店、GMSから業態転換 効率重視のSSMモデル1号店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年10月19日)
  24. ^ (続)藤沢市史編さん委員会 『ニュースは語る20世紀の藤沢1956-2000 (続)藤沢市史 別編3』 藤沢市、2006年3月
  25. ^ “ダイエー新潟支配人が市訪問”. 新潟日報 (新潟日報社). (2005年12月1日)
  26. ^ “ダイエー新潟店、11月末閉鎖”. 新潟日報 (新潟日報社). (2005年9月29日)
  27. ^ 新潟県内 大規模小売店舗(店舗面積1000m2超)一覧 (Report). 新潟県. (2004年3月)
  28. ^ a b “ダイエーが経営再建で不採算店7店閉鎖へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1999年4月14日)
  29. ^ “ダイエートポス甲府11月14日で閉店を決定 甲府市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (1999年10月4日)
  30. ^ 牛島利明. “戦後小売業における地域間競争と規模間関係 ―山梨県甲府市の事例―”. 三田商学研究 第48巻第5号 (慶応義塾大学商学部) (2005年12月)
  31. ^ 中心市街地活性化に関する調査研究 中部地域の中核的都市の魅力・活力向上を目指して (Report). 中部経済連合会. (2009-11)
  32. ^ 安城市史編さん委員会編 『安城市史』 安城市、1971年2月1日
  33. ^ a b “ダイエー 金山店を建て替え 9月末閉店”. 建通新聞 (建通新聞社). (2012年5月8日)
  34. ^ “ダイエー栄店「一等地」34年で閉店”. 読売新聞 (読売新聞社). (2005年11月1日)
  35. ^ “ダイエー栄店、10月末に閉鎖”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2005年9月6日)
  36. ^ “再開発「シャンピアプラザ名古屋」NEWショッピングモールは10月1日開店をめざす 愛知県名古屋市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年2月17日)
  37. ^ a b 『ダイエー藤森店“37年間のご愛顧感謝セール”開催のお知らせ -営業終了まで約5ヶ月間にわたりセールを開催』 ダイエー、2012年12月4日。
  38. ^ “ダイエー藤森店、37年営業に幕 来年5月閉店”. 京都新聞 (京都新聞社). (2012年12月6日)
  39. ^ a b “ダイエー 閉鎖54店舗確定”. 読売新聞 (読売新聞社). (2005年9月30日)
  40. ^ a b “ダイエー、9店舗を閉鎖 老朽化の不採算店舗”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2005年9月1日)
  41. ^ “ダイエー、ハイパーマート7店閉鎖 建て直しへ背水の陣”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2000年7月21日)
  42. ^ “ダイエー、三国店など閉鎖”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2002年9月4日)
  43. ^ 三家英治 『現代日本小売経営戦略』 晃洋書房、1985年5月。ISBN 978-4771002906
  44. ^ 近隣に古川橋駅前店が存続
  45. ^ “ダイエー大和田店8月19日で閉店 大阪府門真市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年6月18日)
  46. ^ ポップタウン住道オペラパークのテナントとして、建て替えし、継続
  47. ^ 四條畷市ではなく、大東市の四条畷駅前に立地
  48. ^ “ショッパーズモール泉佐野3月2日オープン 大阪府泉佐野市 ダイエー”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年3月23日)
  49. ^ “ダイエー中もず店8月閉店、建て替えへ 来年夏オープン予定 大阪府堺市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年7月5日)
  50. ^ “トポス尼崎店:月末で閉店 不採算や建物老朽化、通算40年の歴史に幕”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2010年2月2日)
  51. ^ “ダイエー、トポス姫路駅前店売却”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1999年10月8日)
  52. ^ a b “にぎわい再生 街づくりへの挑戦 3.姫路・駅北周辺”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2002年1月8日)
  53. ^ “ダイエー姫路店来年1月14日で閉店 兵庫県姫路市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年11月29日)
  54. ^ 『龍野商工会議所30周年記念誌』 龍野商工会議所、1981年。
  55. ^ “ダイエー岡山市で大型SCショッパーズモール岡山南の出店中止を決める 岡山市築港栄町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (1999年8月26日)
  56. ^ “ダイエー倉敷店5月末閉店と決まる 岡山県倉敷市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年3月28日)
  57. ^ 松尾俊二 (2006年9月23日). “JR福山駅前・キャスパ 食品スーパーの「フレスタ」出店”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  58. ^ 岡田浩一 (2005年10月21日). “ダイエー広島店、米投資会社へ譲渡 ユアーズ核に誘致”. 中国新聞 (中国新聞社)
  59. ^ 金谷明彦 (2005年2月12日). “ダイエー「撤退方針」、地元を痛撃 中国地方”. 中国新聞 (中国新聞社)
  60. ^ “閉鎖予定4店舗も営業譲渡・売却急ぐ ダイエー”. 中国新聞 (中国新聞社). (2005年10月21日)
  61. ^ a b “ダイエー、9店舗を追加閉鎖”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2005年9月28日)
  62. ^ “ダイエートポス徳山店今月末で閉店 山口県徳山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年1月15日)
  63. ^ “ダイエー山口店、6月末で閉鎖”. 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (1998年4月3日)
  64. ^ “ダイエー屋島店、11月27日に営業終了”. 四国新聞(四国新聞社).(2005年9月27日)
  65. ^ “近畿・中・四国版 大型店が4店開業、地域間競争激化の様相”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年11月19日)
  66. ^ “ダイエー大分店一月十一日で二六年の歴史に幕を降ろした 大分市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年2月3日)
  67. ^ 草間一郎. “人口・交通環境と商業(その1)- ニュースから見る2010年の商業活動の動向-”. 土地総合研究 2011年冬号 (土地総合研究所) (2011)
  68. ^ “ダイエーを核に イオンモールMiELL(ミエル)都城駅前12月1日(月)グランドオープン 宮崎県都城市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年11月13日)
  69. ^ a b “最終日に1万3000人/Kou'Sカデナ店閉店”. 琉球新報 (琉球新報社). (2002年8月26日)
  70. ^ a b “ダイエー、県内撤退 那覇、浦添11月20日閉店”. 琉球新報 (琉球新報社). (2005年9月16日)
  71. ^ “ダイエー青森初出店で“弘前戦争”勃発、大型店が三つ巴”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年3月14日)
  72. ^ a b c “ショッパーズプラザコーチ ダイエー 秋に直営化”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 四国 12. (1991年4月2日)
  73. ^ a b “ダイエー高知店 11月末撤退「黒字化見込めず」”. 高知新聞 (高知新聞社). (2005年9月16日)
  74. ^ a b “コーノ、スーパー撤退 三津・道後の2店閉店”. 愛媛新聞 (愛媛新聞社). (2007年7月19日)
  75. ^ a b c 愛媛県史編さん委員会 『愛媛県史地誌II 東予西部』 愛媛県、1986年12月31日。
  76. ^ “ダイエー系列2店舗閉店/糸満・泡瀬店”. 琉球新報 (琉球新報社). (2002年9月1日)
  77. ^ 小那覇安剛 (2002年5月24日). “なじみの店惜しむ市民/ダイエー3店舗閉鎖”. 琉球新報 (琉球新報社)

関連項目編集

  • OPA - ダイエー子会社の株式会社OPAが運営する、専門店集合型ショッピングセンター。

外部リンク編集