メインメニューを開く

ショパン 猪狩(ショパン いがり 、1929年6月20日 - 2005年11月13日)はコメディアン。本名は猪狩 誠二郎(いがり せいじろう)といった。

ショパン 猪狩
本名 猪狩 誠二郎
生年月日 (1929-06-20) 1929年6月20日
没年月日 (2005-11-13) 2005年11月13日(76歳没)
出身地 日本の旗 日本
東京府荏原郡目黒町
言語 日本語
グループ名 東京コミックショウ
他の活動 女子プロレスの指導
配偶者 猪狩千重子
親族
弟子 八坂一夫、谷幸一
テンプレートを表示

子供のころに見た覗きからくりをヒントにアラブ人風の顔・派手な衣装で「ヘェ〜イ!!レッドスネェ〜ク!!!カモォ〜ン!!」と言いつつ笛を吹き、3つの壷からカラフルな蛇の縫いぐるみをニョロニョロと登場させる芸「三蛇調教」で人気を博す。他にマジックも演じており、相方が突っ込みを入れたりするコミック的な要素を取り入れた芸もしていた(マジックの最中に「手順がおかしい」と言う、ナイフを突き刺すマジックで「痛い」と言う等)。

来歴・人物編集

東京目黒の生まれ、宮大工の五男として育つ。

ボクシングの経験があるほか、第二次世界大戦前、上海プロレスセコンドを務めるなど格闘技に精通。1948年、兄とともに三鷹市に創設した道場で、妹を含めた女性数人に日本初の女子プロレスの指導を行う[1]

1957年榎本健一の一座にいた鯉口潤一と『東京コミックブラザーズ』(後に『東京コミックショウ』と改称)を結成。後に鯉口が弟子の八坂一夫、谷幸一を連れて脱退し、妻の千重子や娘と舞台を務めた。1993年3月末で舞台を引退。

2005年に心不全で死去。76歳没

家族編集

出演作品編集

バラエティ編集

出典編集

  1. ^ 『ワイセツ物陳列罪だった時代』写楽1983年7月号p37

関連項目編集

出典編集