メインメニューを開く

ショータ・チョチョシビリ

ショータ・チョチョシビリグルジア語შოთა ჩოჩიშვილიロシア語Шота Самсонович ЧочишвилиShota Samsonovich Chochishvili 1950年7月10日 - 2009年8月27日)は、ソ連グルジア共和国シダ・カルトリ出身の柔道家格闘家である。身長190cm。体重110kg[1]

獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
柔道
オリンピック
1972 ミュンヘン 93kg級
1976 モントリオール 無差別級
世界柔道選手権
1975 ウィーン 無差別級
ヨーロッパ柔道選手権
1973 マドリード 無差別級
1974 ロンドン 無差別級
1975 リヨン 無差別級
1977 ルートヴィヒスハーフェン 無差別級

経歴・人物編集

柔道家としてはソビエト社会主義共和国連邦所属の代表選手として1972年第20回夏季オリンピックミュンヘン大会の柔道男子軽重量級(現-100kg級)で金メダルを獲得。また1976年第21回夏季オリンピックモントリオール大会では柔道男子無差別級で、優勝した上村春樹に敗れたものの銅メダルを獲得するなどの活躍を見せた。

1989年、ソビエト社会主義共和国連邦のペレストロイカ政策の一環としてスポーツ選手のプロ化が認められた際にはプロ格闘家に転向し、その年の4月24日新日本プロレスに登場。アントニオ猪木と対戦し、5ラウンド1分20秒にチダオバ流裏投3連発でKO勝ちした。この試合は猪木が異種格闘技戦で敗れた唯一の試合である。

現役引退後は、グルジア共和国のスポーツ界の要職や、グルジア共和国大統領補佐官を歴任するなど[要出典]、幅広い活躍を見せていた。

2009年8月27日白血病のために死去。59歳没。

主な戦績編集

軽重量級での戦績

重量級での戦績

脚注編集

外部リンク編集