メインメニューを開く

ショーン・コネリー/盗聴作戦

ショーン・コネリー/盗聴作戦』(ショーン・コネリー/とうちょうさくせん、原題:The Anderson Tapes)は、1971年制作のアメリカ合衆国クライム映画シドニー・ルメット監督、ショーン・コネリー主演。

ショーン・コネリー/盗聴作戦
The Anderson Tapes
監督 シドニー・ルメット
脚本 フランク・ピアソン
原作 ローレンス・サンダース
製作 ロバート・M・ワイトマン
出演者 ショーン・コネリー
ダイアン・キャノン
ラルフ・ミーカー
アラン・キング
マーティン・バルサム
クリストファー・ウォーケン
音楽 クインシー・ジョーンズ
撮影 アーサー・オーニッツ
編集 ジョアン・バーク
製作会社 ロバート・M・ワイトマン・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年6月17日
日本の旗 1971年10月16日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,000,000[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

デュークは金庫破りで10年の刑期を終えて出所後、ニューヨーク・イースト・サイドの豪華なマンションに住む愛人のイングリッドを訪ねた。そのマンションは類まれな豪華さで、加えて警備の厳重さは完璧に近いものであった。デュークはこのマンションの財産総額を計算し、マンションの全財産をそっくりいただくという犯罪計画を企てる。

デュークは早速プロフェッショナル・チームを編成、その面々は、表向き実業家で実はギャングのパットを始め、トミー、ザ・キッド、スペンサー、デュークの刑務所仲間パップ、パットの部下の殺し屋ソックス。一味は住人の名前、部屋の見取図、金庫の位置などを次々と調べあげ、また警備装置をポラロイドで撮影して、労働感謝祭の日を決行日と決めた。

だが、彼らはFBIなどの捜査機関から目を付けられて監視され、彼らの言動はすべてチェックされていたのだった。そうとは知らないデュークたちはいよいよ計画を決行、すばやく仕事を進めていくが、思わぬミスから犯行が発覚、デラニー警部の指揮するニューヨーク市警察によって次々と一網打尽にされていく。

キャスト編集

※テレビ放送:フジテレビジョンゴールデン洋画劇場1975年10月3日(金)

脚注編集

  1. ^ The Anderson Tapes (1971) - IMDb
  2. ^ "All-time Film Rental Champs", Variety (January 7, 1976) p 48

外部リンク編集