ショーン・ストリックランド

アメリカの総合格闘家 (1991-)

ショーン・ストリックランドSean Strickland1991年2月27日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州アナハイム出身。エクストリーム・クートゥア/ミレニアMMAジム所属。元UFC世界ミドル級王者。UFC世界ミドル級ランキング1位UFCパウンド・フォー・パウンド・ランキング14位

ショーン・ストリックランド[1]
2022年
本名 ショーン・トーマス・ストリックランド
(Sean Thomas Strickland)
生年月日 (1991-02-27) 1991年2月27日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アナハイム
通称 ターザン
(Tarzan)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 185 cm (6 ft 1 in)
体重 84 kg (185 lb)
階級 ミドル級
ウェルター級
リーチ 193 cm (76 in)
スタイル 総合格闘技
拠点 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アナハイム
チーム エクストリーム・クートゥア
ミレニアMMAジム
RVCAトレーニングセンター
シンジケートMMA
ランク ブラジリアン柔術 (黒帯)
現役期間 2008年 -
総合格闘技記録
試合数35
勝利29
ノックアウト11
タップアウト4
判定14
敗戦6
ノックアウト2
判定4
総合格闘技記録 - SHERDOG
テンプレートを表示
ショーン・ストリックランド
YouTube
チャンネル
活動期間 2023年4月24日 -
登録者数 15万人
総再生回数 6,363,933回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年2月時点。
テンプレートを表示

来歴

編集

過去の様々な発言からホモフォビア的思想を持っているとされる。

荒んだ家庭環境で育ち、アルコール依存症の父親から母親とともに身体的・精神的虐待を日常的に受けていた。14歳の時に総合格闘技のトレーニングを始め、2008年、17歳でプロ総合格闘技デビュー。KOTC世界ミドル級王座を獲得後、5度のKOTC王座防衛に成功し13戦無敗の戦績を残す。

2014年3月15日、UFC初出場となったUFC 171でババ・マクダニエルと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち[2]

2015年2月22日、ウェルター級転向初戦となったUFC Fight Night: Bigfoot vs. Mirサンチアゴ・ポンジニッビオと対戦し、0-3の判定負け。キャリア16戦目で初黒星を喫した[3]

2017年4月8日、UFC 210でウェルター級ランキング11位のカマル・ウスマンと対戦し、0-3の判定負け。

2017年11月11日、UFC Fight Night: Poirier vs. Pettisコート・マッギーと対戦し、3-0の判定勝ち。当初は1-0の判定ドローとアナウンスされたが、後に採点のミスが発覚しストリックランドの勝利に裁定が変更された[4]

2020年10月31日、ミドル級復帰戦となったUFC Fight Night: Hall vs. Silvaでジャック・マーシュマンと対戦し、3-0の判定勝ち。なお、この試合はマーシュマンがミドル級リミットから1.5ポンドの体重超過をしたため、187.5ポンド契約で試合が行われた[5]

2020年11月14日、UFC Fight Night: Felder vs. dos Anjosブレンダン・アレンと対戦し、スタンドパンチ連打で2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2021年7月31日、UFC on ESPN: Hall vs. Stricklandでミドル級ランキング8位のユライア・ホールと対戦し、3-0の5R判定勝ち[7]

2022年2月5日、UFC Fight Night: Hermansson vs. Stricklandでミドル級ランキング6位のジャック・ハーマンソンと対戦。ハーマンソンのタックルを全て切り、2-1の5R判定勝ち。6連勝を飾った[8]

2022年7月2日、UFC 276アレックス・ペレイラと対戦し、左フックでダウンを奪われ追撃の右ストレートで1RKO負け[9]

2022年12月17日、UFC Fight Night: Cannonier vs. Stricklandでミドル級ランキング3位のジャレッド・キャノニアと対戦し、1-2の5R判定負け[10]

2023年1月14日、前戦から約1カ月後の試合となったUFC Fight Night: Strickland vs. Imavovでミドル級ランキング12位のナッソーディン・イマボフとライトヘビー級契約で対戦し、3-0の5R判定勝ち。怪我で欠場したケルヴィン・ガステラムの代役を受けての緊急出場であった[11]

2023年7月1日、UFC on ESPN: Strickland vs. Magomedovアブス・マゴメドフと対戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[12]

UFC世界王座獲得

編集

2023年9月10日、UFC 293のUFC世界ミドル級タイトルマッチで王者イスラエル・アデサンヤに挑戦。試合前のオッズでは5.5倍対1.2倍で圧倒的不利と目されていたが、1Rに右ストレートでダウンを奪うと、アデサンヤの打撃を巧みなディフェンスで捌き、スタンドでプレッシャーをかけ続け終始優勢に試合を進めて、番狂わせとなる3-0の5R判定勝ち。王座獲得に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[13]。元々はドリカス・デュ・プレシがアデサンヤに挑戦する予定であったがデュ・プレシが足を負傷したため、ストリックランドが代役を受けての出場であった[14]

2024年1月20日、UFC 297のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング2位の挑戦者ドリカス・デュ・プレシと対戦し、1-2の5R判定負け。王座から陥落し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[15]

2024年6月1日、UFC 302でミドル級ランキング7位のパウロ・コスタと対戦し、2-1の5R判定勝ち[16]

ファイトスタイル

編集

上体を真っ直ぐにしてアップライト・スタンスに構え、試合を通してフットワークを使うことがほとんど無いが、ガードを固めショルダー・ロールやパーリングなどを駆使した高いディフェンス技術を持つ[17][18]。攻撃面では、ハードパンチャーではないものの、左ジャブを軸とした堅実なボクシングを武器に、豊富な手数と常に前に出てプレッシャーをかけ、試合のペースを相手に取らせないスタイル[19]。また、77%のテイクダウンディフェンス率を誇り、自らテイクダウンを狙うことは少ないがテイクダウン成功率においても64%と高い数値を誇る[20]。試合ではスタンドでの打撃がほとんどであるが、柔術黒帯を所持している。

人物・エピソード

編集
  • がさつな性格から差別的で品性を欠いた暴言を吐くことが多く、これまで女性蔑視、同性愛嫌悪、人種差別など数々の物議を醸す過激な発言をしており[21]、それにより差別主義者のレッテルを貼られることもある。
  • 過去には「試合中に誰かを殺したい。これ以上の幸せはないだろう」といったサイコパス的な発言をしているが[22][23]、こうした言動はブルース・バッファーヴァレンティーナ・シェフチェンコなどから苦言を呈されている[24][25]
  • オーストラリアニューサウスウェールズ州はUFCとUFC 293から同州で3大会開催する契約を1600万ドル(約25億円)で交わしたが[26]、UFC 293の記者会見でもストリックランドは「女性は働く必要はない。家にいて家族を養う必要がある」と性差別発言をし、シドニーへ到着した際のソーシャルメディアでも「いたるところにゲイとトランスの旗が掲げられている」「汚いリベラル派に囲まれることになるだろう」と同性愛嫌悪発言をしている。こうしたストリックランドの言動から、州野党の自由党副党首ナタリー・ウォードは、ストリックランドのイスラエル・アデサンヤへの下品な同性愛嫌悪的な発言などを例に上げ、州与党政府へストリックランドがニューサウスウェールズ州での大会に出場した場合、大会への支援を撤回するか質問しているが、州首相クリス・ミンズは、ストリックランドの発言は「ぞっとするものであり、容認されるべきでない」としつつも、UFCの大会は州に大きな経済効果をもたらすものであり、また、UFCのファンは多数いるが同様の考えを全く持っていないファンも多いので、ストリックランドの意見だけでUFCコミュニティを傷つけるべきではないと述べ、州スポーツ大臣のスティーブ・カンパーも「州政府は、UFCの選手、サッカー選手、ミュージシャンのいずれによる無礼または侮辱的なコメントを支持しない」としつつ、「ストリックランドが出場するかどうかは我々の決定ではないが、我々はUFCを支持し、楽しみにしている」「1人や2人のせいでスポーツ全体を汚すことはできない」と述べている[27]
  • UFC 296の前日に行なわれた記者会見で、舌戦からストリックランドが子供の時に父親から虐待を受けていたことを対戦相手のドリカス・デュ・プレシが触れたことに腹を立て、UFC 296の試合会場でデュ・プレシと鉢合わせると殴りかかり乱闘を起こした。2人の間にはギルバート・バーンズの息子が着席していたが、ストリックランドは彼に離席を促し、その後にデュ・プレシに殴りかかっている。
  • カナダで行なわれたUFC 297の記者会見では、カナダのジャスティン・トルドー首相のフリーダム・コンボイへの対応を批判し、またセミファイナルで組まれていたUFC世界女子バンタム級タイトルマッチについて記者席の記者でも勝てると女性蔑視発言をし、さらにストリックランドのLGBTに関しての問題発言について記者と言い合いになるが、これらのことがカナダのテレビのニュースで取り上げられ同性愛者権利団体が抗議の声明を出すなどの問題に発展した。しかし、UFCのダナ・ホワイトCEOは、ストリックランドの意見のほとんどに賛同しないとしつつも、言論は自由であるべきで誰もが言いたいことを言い信じたいものを信じることができ侵害されるべきでないとして、選手の思想や発言を制限するつもりはないとコメントした。また、チケットを購入したファンからの返金要求や、試合を放送したESPNやUFCのスポンサーからの苦情なども一切なかったことを明かした[28]
  • 2022年5月にはプライド月間を前にしてLGBTに関しての扇動的な投稿を行いTwitterから一時使用停止処分を受けた。
  • 総合格闘家のステファン・ボナーが死去した際に、ストリックランドは「たった今ステファン・ボナーが亡くなり、俺のInstagramのフィードやGoogleには『彼は昔一緒にトレーニングしたり遊んだりした仲間だった』と言うような連中の写真で溢れかえっている。しかし、俺が知る限りではステファン・ボナーは狂っていた。彼はオピオイド中毒だった。彼は逮捕され、オピオイドを処方してくれなかった病院から追い出され、コロナ禍に彼のジムは経営破綻した。皆が知る通り、俺はクソ野郎だ。俺は彼の写真を投稿して『安らかに眠れ』と言うつもりはない」「だが、彼が亡くなった後に彼を追悼する写真を投稿している奴らへ。彼が失意のどん底にいた時、お前たちはどこにいた?俺は彼を救わなければならなかったと言うつもりはないが、お前たちはその時彼の傍にすらいなかったのだから、今さら彼を慰めるのは止めろ。もう彼はそれを必要としていない」と語っている[29]
  • 白人至上主義イデオロギーを持っていた祖父や映画『アメリカン・ヒストリーX』の影響で、少年時代は白人至上主義的なイデオロギーを持っていたが、中学3年生の時にヘイトクライムを起こしたため学校から退学処分を受けている。その後、母親に連れて行かれた総合格闘技ジムで、様々な人種の人々からトレーニングなどの助けを受けたことで白人至上主義の思想をやめたと語っている[30]
  • 2018年12月、ロサンゼルスでバイクに乗っていた際、車に衝突され一時意識不明となるが、命に別状はなかった[31]

戦績

編集
総合格闘技 戦績
35 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
29 11 4 14 0 0 0
6 2 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
パウロ・コスタ 5分5R終了 判定2-1 UFC 302: Makhachev vs. Poirier 2024年6月1日
× ドリカス・デュ・プレシ 5分5R終了 判定1-2 UFC 297: Strickland vs. du Plessis
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2024年1月20日
イスラエル・アデサンヤ 5分5R終了 判定3-0 UFC 293: Adesanya vs. Strickland
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2023年9月10日
アブス・マゴメドフ 2R 4:20 TKO(右ストレート→パウンド) UFC on ESPN 48: Strickland vs. Magomedov 2023年7月1日
ナッソーディン・イマボフ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Strickland vs. Imavov 2023年1月14日
× ジャレッド・キャノニア 5分5R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Cannonier vs. Strickland 2022年12月17日
× アレックス・ペレイラ 1R 2:36 KO(右ストレート) UFC 276: Adesanya vs. Cannonier 2022年7月2日
ジャック・ハーマンソン 5分5R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Hermansson vs. Strickland 2022年2月5日
ユライア・ホール 5分5R終了 判定3-0 UFC on ESPN 28: Hall vs. Strickland 2021年7月31日
クリストフ・ヨトゥコ 5分3R終了 判定3-0 UFC on ESPN 23: Reyes vs. Procházka 2021年5月1日
ブレンダン・アレン 2R 1:32 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Felder vs. dos Anjos 2020年11月14日
ジャック・マーシュマン 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Hall vs. Silva 2020年10月31日
ノーディン・タレブ 2R 3:10 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Volkan vs. Smith 2018年10月27日
× エリゼウ・ザレスキ・ドス・サントス 1R 3:40 KO(右スピニングバックキック→パウンド) UFC 224: Nunes vs. Pennington 2018年5月12日
コート・マッギー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Poirier vs. Pettis 2017年11月11日
× カマル・ウスマン 5分3R終了 判定0-3 UFC 210: Cormier vs. Johnson 2 2017年4月8日
トム・ブリーズ 5分3R終了 判定2-1 UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2 2016年6月4日
アレックス・ガルシア 3R 4:25 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Cowboy vs. Cowboy 2016年2月21日
イゴール・アラウージョ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Mir vs. Duffee 2015年7月15日
× サンチアゴ・ポンジニッビオ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir 2015年2月22日
ルーク・バーナット 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Munoz vs. Mousasi 2014年5月31日
ババ・マクダニエル 1R 4:33 リアネイキドチョーク UFC 171: Hendricks vs. Lawler 2014年3月15日
マット・ラグラー 1R 4:59 TKO(パンチ連打) KOTC: Split Decision
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2013年8月29日
坂下裕介 5分5R終了 判定3-0 KOTC: Worldwide
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2013年7月5日
ビル・アルブレヒト 1R 2:41 KO(パンチ) KOTC: Restitution
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2013年2月7日
ジョシュ・ブライアント 5分3R終了 判定2-1 KOTC: Unification
【KOTC世界ミドル級王座統一戦】
2012年12月9日
ブランドン・ハント 1R 3:24 TKO(パンチ連打) KOTC: Hardcore
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2012年4月26日
ブランドン・ハント 1R 3:48 TKO(パンチ連打) KOTC: Steel Curtain
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2011年12月17日
ブレット・スバルデラ 1R 1:03 KO(パンチ連打) KOTC: Demolition 2011年8月6日
ドナビン・ホーキー 1R 1:21 リアネイキドチョーク KOTC: Platinum 2010年11月25日
アドリエル・モンテス 2R 1:05 TKO(パンチ連打) KOTC: Underground 63 2010年10月2日
ジョージ・インターアーノ 5分3R終了 判定3-0 LBFN 7: Long Beach Fight Night 7 2010年1月3日
ウィリアム・ウィーラー 1R 1:55 リアネイキドチョーク KOTC: Jolted 2009年10月3日
ブランドン・エルズワース 1R 1:28 TKO(パンチ連打) KOTC: Last Resort 2009年3月14日
タイラー・ポテット 2R 1:53 リアネイキドチョーク KOTC: Protege 2008年3月22日

獲得タイトル

編集
  • 第9代KOTC世界ミドル級王座(2012年)
  • 第14代UFC世界ミドル級王座(2023年)

表彰

編集
  • UFCパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注

編集
  1. ^ ショーン・ストリックランド UFC 公式サイト
  2. ^ UFC 171 results: Sean Strickland chokes out Bubba McDaniel in the first round Bloody Elbow 2014年3月15日
  3. ^ UFC Fight Night 61 results: Ponzinibbio tops Strickland in 'FOTN' contender MMA Junkie 2015年2月22日
  4. ^ UFC Fight Night 120 results: Sean Strickland wins hard-fought decision upon further review MMA Junkie 2017年11月11日
  5. ^ STRICKLAND TECHNICALLY OUT STRIKES THE STOUT-HEARTED WELSHMAN JACK MARSHMAN My MMA News 2020年10月31日
  6. ^ UFC Vegas 14 Results: Sean Strickland Stops Brendan Allen Behind Strong Jab Cage Side Press 2020年11月14日
  7. ^ Sean Strickland dominates Uriah Hall in unanimous decision for 5th straight win ESPN 2021年8月1日
  8. ^ Sean Strickland rips own performance, still wins split decision over Jack Hermansson in UFC Vegas 47 headliner MMA Fighting 2022年2月5日
  9. ^ UFC 276 results, highlights: Alex Pereira viciously knocks out Sean Strickland in first round CBSスポーツ 2022年7月2日
  10. ^ UFC Fight Night 216 results: Jared Cannonier takes split decision in evenly matched main event with Sean Strickland MMA Junkie 2022年12月17日
  11. ^ UFC Fight Night 217 results: Sean Strickland outpoints Nassourdine Imavov on short notice MMA Junkie 2023年1月14日
  12. ^ UFC Vegas 76 results: Sean Strickland overwhelms Abus Magomedov for second-round knockout win MMA Mania 2023年7月1日
  13. ^ UFC 293 play-by-play and live results MMA Junkie 2023年9月9日
  14. ^ Dricus Du Plessis calls for UFC title shot, wants best Israel Adesanya – not 'amateur' who lost to Sean StricklandMMA JUNKIE 2023年9月11日
  15. ^ UFC 297 Results: Strickland vs. Du Plessis MMA Fighting 2024年1月20日
  16. ^ UFC 302 Results, Fight Card and News MMA Fighting 2024年6月1日
  17. ^ UFC 293 Results: Sean Strickland Pulls Off Massive Upset Over Israel Adesanya Forbes 2023年9月10日
  18. ^ UFC Fans Can’t Ignore Similarity Between Sean Strickland and Floyd Mayweather – Will It Be Israel Adesanya’s Kryptonite at UFC 293? Sportsmanor 2023年9月9日
  19. ^ Sean Strickland uses volume striking and relentless pace to beat Nassourdine Imavov in UFC Vegas 67 main event MMA Fighting 2023年1月14日
  20. ^ Sean Strickland UFC Stats
  21. ^ UFC fighter Sean Strickland says 'women should be back in the kitchen' and 'taken out the workforce', as American makes sexist comments in bizarre press conference Daily Mail 2023年6月29日
  22. ^ An American middleweight in the UFC said he wants 'to kill somebody in a fight' after his latest win Insider 2021年8月1日
  23. ^ Sean Strickland says it would make him “super happy” to kill someone in the UFC BJPenn.com 2021年8月1日
  24. ^ Octagon Announcer Bruce Buffer Sends Ominous Warning To Controversial UFC Contender Sean StricklandLowKickMMA 2023年7月4日
  25. ^ Valentina Shevchenko fires back at ‘offended kid’ Sean Strickland for women’s MMA commentsMMA Fighting 2023年11月10日
  26. ^ Sydney signs mega deal to host three UFC fight cards over the next four years - but Alexander Volkanovski won't be the headliner when the first event lands in SeptemberMail 2023年5月18日
  27. ^ UFC fighter Sean Strickland makes sexist comments at press conference ahead of Sydney eventABC News 2023年9月7日
  28. ^ After a crazy build-up, Sean Strickland and Dricus Du Plessis deliver big-time in UFC 297 brawlKevinIole.com 2024年1月21日
  29. ^ Sean Strickland Lashes Out On MMA Community Sending Condolences To Stephan Bonnar LowKick MMA 2022年12月27日
  30. ^ Sean Strickland details neo-Nazi past, finding salvation in MMA MMA Fighting 2021年10月31日
  31. ^ UFC's Sean Strickland details serious motorcycle accident, says 'long road back' to octagon MMA Junkie 2018年12月16日

関連項目

編集

外部リンク

編集
前王者
イスラエル・アデサンヤ
第14代UFC世界ミドル級王者

2023年9月9日 - 2024年1月20日

次王者
ドリカス・デュ・プレシ

https://www.taiwanscores.com/