メインメニューを開く

ショーン・ブラッドリー(Shawn Paul Bradley, 1972年3月22日 - )は、西ドイツ(現ドイツランドシュトゥール出身の元プロバスケットボール選手。選手時代にはダラス・マーベリックスセンターとして活躍。父親がアメリカ軍に従軍していた関係で西ドイツで生まれアメリカ合衆国ユタ州キャッスルデールで育ったため、ドイツとアメリカの二重国籍を取得している(国際試合はドイツ代表として出場)。2005年6月に引退を表明。現在はテキサス州アーリントンに住み、ルーカス高校のバスケットボール部コーチを務めている。

ショーン・ブラッドリー
Shawn Paul Bradley
Bradley, Shawn (2008) 2.jpg
2008年のブラッドリー
引退
ポジション(現役時) センター
背番号(現役時) 76→45→44
身長(現役時) 229cm (7 ft 6 in)
体重(現役時) 124.7kg (275 lb)
基本情報
本名 ショーン・ポール・ブラッドリー
ラテン文字 Shawn Paul Bradley
誕生日 (1972-03-22) 1972年3月22日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ
ラインラント=プファルツ州の旗ラインラント=プファルツ州
ランドシュトゥール
出身 ブリガムヤング大学
ドラフト 1993年 2位 
選手経歴
1993-1995
1995-1997
1997-2005
フィラデルフィア・76ers
ニュージャージー・ネッツ
ダラス・マーベリックス
受賞歴
代表歴
キャップ ドイツの旗 2002

目次

経歴編集

ブリガムヤング大学での活躍と将来性を高く評価され、1993年のNBAドラフトにおいてフィラデルフィア・セブンティシクサーズから2位指名を受ける。新人ながら1試合あたり10~12得点、平均3.5ブロックを記録し、入団して数年で自分のポジションを確立する。しかし身長は高いが線は細く、同世代のセンターパワーフォワードと比べてフィジカル面ではかなり劣る。そのためか「ディフェンスは消極的」と批判された。そしてよくポスタライズされる選手としても有名。そのためディフェンシブファウルを取られることが多く、1試合30分以下の出場時間でのファウル数が平均4ファウルを越えた。

マーベリックスに移籍して数年後に膝を故障。2004年にマーベリックスがエリック・ダンピアーを獲得すると、出場機会はほとんどなくなり翌年引退。

メディア出演編集

1996年の映画「スペース・ジャム」にカメオ出演しており、マグシー・ボーグスラリー・ジョンソンチャールズ・バークレーパトリック・ユーイングと並び不遇のNBAスターの1人として描かれている。

私生活編集

両親も背が高く、父親は203cm、母親は183cmある。 妻アネットとの間に1人の息子(チャンス)と4人の娘(シャイアン、シエラ、チェルシー、チャリティー)を持つ。ちなみに全員イニシャルが「C」である。[1]

外部リンク編集