ショーン・ルーニー

ショーン・ルーニー(Sean Michael Rooney、1982年11月13日 - )は、アメリカ合衆国バレーボール選手である。元アメリカ合衆国代表北京オリンピック金メダリスト。

ショーン・ルーニー
Sean Michael Rooney
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Sean Rooney.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1982-11-13) 1982年11月13日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 イリノイ州ウィートン
ラテン文字 Sean Michael Rooney
身長 206cm
体重 100kg
選手情報
所属 大韓民国の旗 ウリカード・ハンセ
ポジション OH
スパイク 354cm
ブロック 336cm
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2008 北京
ワールドリーグ
2007 カトヴィツェ
2008 リオデジャネイロ
2012 ソフィア
2014 フィレンツェ
テンプレートを表示

高校まで編集

イリノイ州ウィートン(英語版)出身。南ウィートン・ワレンビル高校(英語版)当時の2001年には、同校をイリノイ州選手権優勝へと導き、同州の年間ベストプレーヤーに選出されている[1]。またバレーボールだけでなく、ゴルフバスケットボールなどでも才を見せた。

大学編集

ルーニーはペパーダイン大学カリフォルニア州マリブ)に進学し、2005年に卒業している。学位は経営学士。

同学在学中の4年間で全米バレーボール監督協会英語版(AVCA)が選ぶオールアメリカンに四度選出されている。最終学年となった2005年には、1セット当たり6.35点をあげNCAAディビジョンⅠ-ディビジョンⅡで第2位に成績を収めており、ナショナルプレーヤーにも選出された[2]。同年のNCAA男子バレーボール選手権英語版においては、UCLAブルーインズをフルセットで下して選手権者となった。この試合はブルーインズのホームコートであるポーリー・パビリオンで開催されており、ブルーインズはホームゲーム35年の歴史で初めての敗戦であった。ルーニーはこの大会ファイナル4でのMVPに輝いた[3]

プロ選手編集

2006/07シーズンに韓国Vリーグ現代キャピタル・スカイウォーカーズとプロ契約を結び、チーム二連覇となる同シーズン優勝に大きく貢献し自らもMVPに輝いた[1]。2007/08シーズンはロシアのDinamo-Yantar(英語版)と契約し[1]、更に翌2008/09シーズンにはFakel Novy Urengoyへ移籍した。

ビーチバレー編集

ルーニーは短期間ではあるが2005-2006年に、アメリカ合衆国ビーチバレープロ協会(略称:AVP 英語版)ツアーに参戦した。最高順位は5位で三度記録している。

アメリカ合衆国代表編集

国際試合編集

ルーニーは2007年にアメリカ合衆国代表に招集された。同年に開催されたワールドカップに出場し、対エジプト戦において18点(アタック15点、ブロック2点、サービスエース1点)をあげマッチMVPに輝いている。

2008年1月にプエルトリコカグアスで開催された北京オリンピック北中米予選(英語版)に出場し、大会を通じて46点(アタック43点、ブロック3点)をあげて優勝に大きく貢献し、自らもベストスパイカーに選出された。

オリンピック編集

初出場となった2008年の北京オリンピックでは優勝を果たし、2012年のロンドンオリンピックでも二大会連続出場を果たしている。

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ a b c Considine, Mike. Rooney close to realizing long-held Olympic dream My Suburban Life (June 26, 2008). Retrieved on August 18, 2008.
  2. ^ Senior Sean Rooney named AVCA National Player of the Year Pepperdine Athletic Department (May 4, 2005). Retrieved on August 18, 2008.
  3. ^ Pepperdine rallies to claim national championship Pepperdine Athletic Department (May 7, 2005). Retrieved on August 18, 2008.

外部リンク編集