ショーン・S・カニンガム

ショーン・S・カニンガムSean S. Cunningham, 1941年12月31日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサーである。『13日の金曜日』を監督し、ジェイソン・ボーヒーズの生みの親として知られる。他に、『鮮血の美学』や『ガバリン』などのホラー映画をプロデュースした。

ショーン・S・カニンガム
Sean S. Cunningham
Sean S. Cunningham
本名 Sean Sexton Cunningham
生年月日 (1941-12-31) 1941年12月31日(79歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
テンプレートを表示

フィルモグラフィ編集

脚注編集

外部リンク編集