メインメニューを開く

シリアル・ママ』(原題:Serial Mom)は、1994年アメリカ映画ジョン・ウォーターズ監督のブラックコメディ

シリアル・ママ
Serial Mom
監督 ジョン・ウォーターズ
脚本 ジョン・ウォーターズ
製作 マーク・ターロフ
ジョン・ウォーターズ
出演者 キャスリーン・ターナー
サム・ウォーターストン
音楽 バジル・ポールデュリス
撮影 ロバート・M・スティーヴンス
配給 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年4月13日
日本の旗 1995年4月29日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000
興行収入 $7,800,000
テンプレートを表示

ストーリー編集

ボルチモアに住む主婦ベヴァリー・サトフィンは、歯科医の夫と2人の子供を持つ、良き妻であり良き母親である。一家の平和を乱す者や社会のルールを守らない者に対しては、誰であっても容赦はしない。ホラー映画好きな息子を問題視した教師をひき殺したり、娘をフッて他の子に乗り換えた男の子を火かき棒で串刺ししたり、レンタルビデオを巻き戻さないで返却する老婦人を撲殺したりするなどして、次々と「ルールを守らないヤツら」に制裁を加えてゆく。

キャスト編集

備考編集

英語圏において連続殺人者のことをシリアル・キラー(Serial Killer)と呼ぶ。題名の「シリアル」はこの意味で使われている。シリアル食品などの「シリアル」の場合、スペルは「Cereal」であり、日本語表記は同じでもまったく意味の異なる単語である。ただし、発音は英語でも同じである。

外部リンク編集