シリヌ・ブクリ

フランス出身の柔道選手

シリヌ・ブクリ(Shirine Boukli 1999年1月24日- )はフランス出身の柔道家。階級は48 kg級[1][2]

獲得メダル
フランスの旗 フランス
柔道
世界ジュニア
2019 マラケシュ 48 kg級

経歴編集

柔道一家の下、4歳の時に伯父の道場で柔道を始めた[3]。2015年の世界カデ44 kg級で5位になると、2016年のヨーロッパカデ団体戦では優勝した[2]。2019年のヨーロッパジュニアで2位になると、世界ジュニアでも決勝で古賀若菜に合技で敗れるが2位となった[4]。2020年のグランプリ・テルアビブでは決勝で角田夏実腕挫十字固で敗れるも2位、グランドスラム・パリでは準決勝で世界チャンピオンのダリア・ビロディドと8分以上の戦いの末に小外掛で敗れると、3位決定戦でも元世界チャンピオンのムンフバット・ウランツェツェグに腕挫十字固で敗れて5位だった[1][5]グランドスラム・デュッセルドルフでは決勝で元世界チャンピオンの渡名喜風南隅返の技ありで破って、IJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[6]ヨーロッパ選手権でも優勝した[7]。2021年のグランドスラム・テルアビブでは決勝でビロディドを足車で破って優勝した[8]東京オリンピックには国内のライバルであるメラニー・クレマンよりもここ最近の成績で上回っていたために代表に選出された[9]世界選手権では準々決勝でスペインのフリア・フィゲロアに技ありで敗れると、敗者復活戦でもモンゴルのムンフバット・ウランツェツェグに敗れて7位だった[10]

IJF世界ランキングは2434ポイント獲得で9位(21/4/19現在)[11]

人物編集

3人の柔道家の弟がいる。映画館によく行き『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』を見た際はよい時間を過ごせたとしている。ドラマでは『オクトーバー・ファクション』を見た際は本当に面白くて『パニッシャー』を見るのをやめました、と述べている。試合の時は縁起かつぎで初めてフランスカデ柔道選手権大会で優勝した時につけていたブラジャーをつけている[12]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

映像番組出演編集

脚注編集

外部リンク編集