メインメニューを開く

シルト: silt[1])あるいは日本語沈泥[2](ちんでい)とは、より小さく粘土より粗い砕屑物のこと[3]地質学では、粒径が1/16mm以下のもの)の中で、粘土(粒径が1/256mm以下)より粒が大きく粗いもの(粒径1/16mm - 1/256mm)をシルトと呼ぶ。

シルトが続成作用によって堆積岩になったものをシルト岩という。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、133頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ シルトとは - 新語時事用語辞典
  3. ^ 山崎晴雄, 久保純子『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』講談社、2017年、133頁。ISBN 978-4-06-502000-5

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集