メインメニューを開く
シルヴァー A43型

Sylver: SYStème de Lancement VERtical)は、フランスNaval Group社が開発したミサイル垂直発射システム

概要編集

シルヴァー VLSは、PAAMS武器システムのミサイル装備の中心となるものとして開発された。当初はアスター艦対空ミサイルの運用のみを行っていたが、のちに、本機に対応して、より小型の個艦防空ミサイルや、長射程の巡航ミサイルも開発された。

シルヴァー VLSは、アメリカ合衆国Mk.41と同様のホット・ローンチを採用しており、8セルが1モジュールを構成する。Mk.41と同様、ミサイルコンテナの高さに応じてA35, A43, A50, A70の4つのタイプが開発されている。これらは、それぞれの名称がコンテナの高さを表しており、例えばA43型の全高は4.3メートルである。これらはそれぞれ、下記のようなミサイルを運用できる。

 
シルヴァーVLSの規格と、搭載可能なミサイルの図式(ロシア語)
シルヴァー VLS[1]
A35 MICA VL VT1 - - -
A43 アスター15
A50 アスター30
A70 - - SCALP Naval

このうち、小型・短射程のVT1は、アメリカのESSMのように、4連装のキャニスターを介して搭載できるので、搭載弾数を増やすことができる。また、A70型では、アメリカ製のスタンダード SM-2ER艦隊防空ミサイルトマホーク巡航ミサイルなどの運用も可能である。

搭載艦編集

出典・脚注編集

関連項目編集