シロ (クレヨンしんちゃん)

春日部市立春日部第1児童センターに設置されているシロの立体像

シロとは、臼井儀人の漫画『クレヨンしんちゃん』に登場する架空のである。アニメ版の声優は真柴摩利、『SUPER SHIRO』版心の声大塚明夫[1]

概要編集

しんのすけに拾われて野原家で飼われている雑種[2]で性別はオス。名前の由来は体の色(被毛)が白い事による。小型犬ではあるが室外で飼われている。

年齢は不明だが、2007年4月27日放送「ぼく、野原シロのすけです」では5歳でしんのすけの双子の兄という設定となっていた。人間の言葉を話す時の一人称は「ぼく」。「ぼく、野原シロのすけです」以外でも人間の言葉を話す回がある[3]。誕生日は不明。

4匹兄弟の1匹として生まれ、母親はボルシチ、父親は未登場で不明だが飼い主は「ボルシチが家から脱走した際に出会った行きずりの野良犬」と推測しており、シロに似た容姿だろうと称している[4]。飼い主一家の父が犬に触れると呼吸困難不整脈になる病気「突発性犬アレルギー」(架空の病気)を発症し犬が飼えなくなってしまった。兄弟3匹はすぐ引き取られたが、ボルシチとシロはなかなか引き取り手が見つからずボルシチは保健所へ託す事となった。それに反発した飼い主一家の長女るんが、誰かが拾ってくれるよう家族には内緒にシロを段ボール箱に入れて(兄と母親は知っていたが黙認していた)路上へ置き去りにし(実際はしんのすけが拾うまで見守っていた)、しんのすけに拾われて野原家で飼われる事となった。

登場編集

原作第1巻、アニメ1992年5月25日放送分「子犬を拾ったゾ」にて登場。道端に箱で捨てられた所をしんのすけが拾ってきた。初登場時は家の中での糞や、みさえのお気に入りドレスを食いちぎる等行儀が悪かったが、気弱ながらも次第にかなり利口な犬となる。野原家(特にしんのすけ)の行動に苦労する一方であるが、しんのすけの事は人間の中で一番大好きな存在である。

性格編集

 
しんのすけとシロ

犬だが変わり者揃いの野原一家では数少ない常識を持つ。しんのすけ(みさえ)に散歩をサボられた際は自ら散歩に出向く、エサをもらえなかった際は商店街で芸を披露して観客からエサやお金を貰う、しんのすけやみさえの代わりにおもちゃを片付ける、洗濯物を取り込む、ラディッシュやりをサボったしんのすけの代わりに世話して育てる、おつかいをサボったしんのすけの代わりにおつかいに行って八百屋の店主に生姜が欲しい事を口答で必死に伝えて生姜を購入する、ひまわりの面倒を見る等人間並みの行動力を持っており、そのポテンシャルの高さはひろしも認める程である。知能も非常に高く人間の言葉がほぼ理解できている。

一方、酒癖が悪い一面もあり、1995年4月10日放送「酔っぱらいシロだゾ」ではビールの入ったドッグフードを食べてしまった際暴れん坊に豹変し、「自分はライオンだ」と思い込み、家の中を散らかした挙句、みさえにも噛み付く等暴走の限りを尽くした。その上、2階のバルコニーに上がった時は今度は「自分は鷲だ」と思い込み、空を飛ぼうとダイブした所でみさえに止められた。その後は二日酔いに悩まされた[5]。マイペースな一面も持ち合わせており、勝手に一人で散歩に出かけたり、家庭内で何らかのトラブルが発生し一家がパニックに陥っている中、外でのんびり昼寝したりエサをせがんだりしている。

人間以外の動物に対して、喧嘩は弱いものの自分を苛めた野良犬や野良猫とも仲良くなったり、捨て犬や病気の捨て猫、怪我をしたカラスの面倒を見るなど友好的で、シロ自身が世話をした捨て猫が死んだ時は元飼い主に怒って吠え掛かかったことがある。また、自身と酷似した犬(名前はアイゼンハワー)を亡くした病気持ちの女性を慰めたこともある。

動物病院やシャワーが嫌いであり、注射やハサミや薬を見ると怯えたり暴れたりする。

野原家・小山家特有の笑い方(後ろを向いて、口だけニヤッと笑う)をしたり、かわいいメス犬を見つけるとナンパをして鼻の下を伸ばしたり、目をキラキラ輝かせてしんのすけお得意の「おねだり攻撃」をする等、しんのすけ達に似る一面もある。

一度、しんのすけの世話が怠慢になったことで家出をしたことがあり、しんのすけらの必死の捜索も虚しく見つけられず、しんのすけを激しく落ち込ませた事があったが一日で戻ってきた。

特技編集

特技は自分の体を丸める「わたあめ」や自分の股間をかきむしる「チンチンカイカイ」[6]。他にも逆立ち、バック転やバック宙等、体操選手並みの芸も持つ。

また、床を汚すと怒られるため家の中で雑巾を足の下に敷いたり、玉乗りをしながら移動する程器用でもある。一度アイドル犬の代役として芸をこなした経験もある(「シロのCMデビューだゾ」)。

猫のように体が軽く、塀にジャンプする事も出来る。またずれ荘編では大家さんをごまかすためにロボット犬のまねをしたり、自宅に動物園から脱走したサルが入り込んできたときに死んだふりをしたり、耳を丸めてひまわりの前髪を表現をしたり、しんのすけとのかくれんぼ、映画『暗黒タマタマ大追跡』では置き去りされたことで東京駅から埼玉の春日部の自宅まで自力で歩いて帰ったり、『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』で沖縄から埼玉へ帰る際、空港でぬいぐるみに化けたり等の演技力もある。

映画『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』ではしんのすけが尿意を催したことで代わってバスの運転を任され、20世紀博内部への突入を成功させる活躍を見せた。

また、『爆発!温泉わくわく大決戦』でアカマミレの不健康ランドというゲームに強制参加させられた際、野原一家のミスによるペナルティーで難易度が過酷になっていく中、シロが唯一ノーミスだった。

その他編集

かすかべ防衛隊の臨時メンバーとして加入することがある。イメージカラーは[要出典]

しんこちゃんの回に2匹のチビシロが登場する。名前は「ジュ」と「ニア」。映画『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』では多数の子孫が登場していて小屋には「シロたち」と書かれていた。

「ペピグリームチャ」というドッグフードを食べているらしい[7]

原作7巻及び1995年4月10日放送「原始時代のしんちゃんだゾ」では捨て犬として巨大な姿が登場し、凶暴なマンモスの暴走を食い止めたと同時に飼い犬となった。巨大の為、頭にしんのすけを乗せる事が出来る。

野原ひまわり誕生まではグッズやゲーム作品において、しんのすけと共に描かれることが多かった。

映画では、『雲黒斎の野望』の前半は未来タイムパトロールのリングのマイクロキット通信で喋らされ、後半はしんのすけが操るカンタムロボのコンピューターにされた。『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』では初の主役となりお尻に爆弾を仕掛けられる。

キャスティング・演技編集

シロの声優は真柴摩利が担当しており、初登場時シロには声優が割り当てられてなかった。当時音響監督を務めていた大熊昭が真柴に犬の鳴きまねをしてほしいと依頼し、最終的に真柴がシロを演じる事となった[8]

真柴は「大熊さんは『ドラえもん』でも音響監督を務めており、私を動物やひみつ道具の役で呼んでくださった。そのことが頭にあり、私に鳴くようおっしゃったのかもしれないですね」と振り返っている[8]

また、真柴は風間トオルの役も務めており、風間くんを思わせるシーンも多々ある。「ぼく野原シロのすけです」では人間になったシロと風間くんが同時に喋ったシーンで、しんのすけに「風間君とシロのすけ(シロ)、キャラ(クター)がかぶってるゾ」と指摘された。また、シロと風間くんの会話のみで構成された次回予告では、その会話の中で風間が「僕とシロが会話していると変な感じがする」と自虐的な発言をした。

脚注編集

  1. ^ 野原家のシロの“心の声”が大塚明夫!?「SUPER SHIRO」で存在感を放つ“ヒーロー語り”とは”. アニメハック (2019年10月11日). 2019年12月29日閲覧。
  2. ^ 双葉社の公式設定では雑種犬とされているが、しんのすけはわたあめ犬と称している。1997年10月10日放送「テレビドラマのロケ隊が来たゾ」ではマルチーズと何かの雑種と推測されていた。
  3. ^ アクション仮面VSハイグレ魔王」、1996年9月1日放送「超(スーパー)ヒーロー鉄骨しんちゃんだゾ」、2003年7月5日放送「犬の惑星」、2003年12月6日放送「ネネちゃんのウサギがしゃべったゾ」、2014年4月11日放送「宇宙警察犬・ロボドッグだゾ」が該当する。
  4. ^ 原作46巻より。
  5. ^ 最後はしんのすけに水をくれた。
  6. ^ アニメ「シロに芸を仕込むゾ」(1993年3月1日放送)で覚えた。但し、この回ではしんのすけの言う通りに技ができていた訳ではない。「ジャンプ」→「わたあめ」、「チンチン」→「チンチンカイカイ」など。
  7. ^ アニメ「新婚さんのケンカだゾ」(1993年11月29日放送)
  8. ^ a b 『しんちゃん通信』 スペシャルインタビュー「シロ役 真柴摩利」” (2017年11月7日). 2018年7月7日閲覧。

関連項目編集