シンウインドShin Wind1984年4月7日 - 2013年12月21日[1]日本競走馬繁殖牝馬。主な勝ち鞍に1988年スワンステークス1990年京王杯スプリングカップ

シンウインド
欧字表記 Shin Wind[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1984年4月7日[1]
死没 2013年12月21日(29歳没) [2]
ウエスタンウインド[1]
ソロナエビス[1]
母の父 タマナー[1]
生国 日本の旗 日本北海道鵡川町[1]
生産者 市川学[1]
馬主 林幸雄[1]
調教師 二分久男栗東[1]
競走成績
生涯成績 23戦7勝[1]
獲得賞金 2億3600万円[1]
勝ち鞍
GII スワンステークス 1988年
GII 京王杯スプリングカップ 1990年
テンプレートを表示

経歴編集

競走馬時代編集

1987年1月、京都競馬場での新馬戦でデビューし1着となるも、秋まで休養。2戦目の条件戦を勝ってエリザベス女王杯に駒を進めたが14着に終わる。脚部不安による離脱を繰り返しつつ[3]も条件戦で勝ち星を重ね、1988年8月14日函館競馬場での1400万下戦マリーンステークスでは武豊を鞍上に1分8秒4のコースレコードを樹立して勝利し、この記録は2010年7月4日函館スプリントステークスワンカラットによって破られるまで約22年間保持された[3][4]。秋に入り、朝日チャレンジカップ2着を経て出走したスワンステークスで重賞初勝利。しかし、続く4戦は勝てず、1989年マイラーズカップ7着の後、長期の戦線離脱を余儀なくされる。1年余りの休養ののち、1990年3月阪神競馬場でのオープン特別コーラルステークスで休み明けながら3着に入ったのち東上し、京王杯スプリングカップではバンブーメモリーらを下して重賞2勝目を挙げた[3]。夏に高松宮杯でバンブーメモリーの2着に入ったものの、以降は掲示板を外れる競馬が続き、8歳を迎えてすぐの金杯(西)ダイユウサクの7着に入ったのを最後に現役を引退した[3][5]

繁殖入り後編集

引退後は槇本牧場で繁殖入りし、2007年に繁殖生活を退くまで9頭の産駒を産んだ[3]。産駒のうち、8番仔カゼノコウテイが瑞穂賞を、最後の仔であるサマーウインドJBCスプリントを含む3重賞を、どちらも繁殖生活引退後に制した[6][7]。繁殖牝馬を引退後は槇本牧場分場で余生を過ごし[3]2013年12月21日に死亡した[2]

競走成績編集

以下の内容は、JBISサーチ[5]およびnetkeiba.com[8]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番 馬番 オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1987.01.31 阪神 4歳新馬 ダ1200m(稍) 13 7 11 20.2(9人) 1着 1:14.5 (50.1) -0.3 岩元市三 53 (カンタービレ)
0000.10.24 京都 4歳以上400万下 ダ1400m(良) 9 6 6 03.3(2人) 1着 1:26.9 (51.6) -0.3 岩元市三 53 (メトロライデン)
0000.11.15 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2400m(良) 20 1 1 91.1(12人) 14着 2:32.4 (51.4) -3.1 村本善之 55 タレンティドガール
0000.12.06 阪神 ゴールデンサドルT 900 芝1600m(稍) 10 7 8 03.3(3人) 2着 1:35.7 (48.3) -0.1 岡部幸雄 55 ワンダーレジスト
1988.01.06 京都 若水特別 900 ダ1200m(稍) 12 2 2 02.6(1人) 1着 1:11.6 (47.7) -0.3 岩元市三 54 (ニシノウテナ)
0000.06.04 阪神 水無月S 1600 芝1600m(重) 11 2 2 10.1(4人) 1着 1:36.1 (49.4) -0.4 南井克巳 54 (ローズイバロン)
0000.06.26 中京 金鯱賞 GIII 芝1800m(重) 13 7 11 03.2(1人) 11着 1:48.9 (37.0) -1.5 岩元市三 52 パッシングパワー
0000.08.14 函館 マリーンS 1600 芝1200m(良) 7 5 5 02.5(1人) 1着 R1:08.4 (34.8) -0.8 武豊 55 (ダイナアルテミス)
0000.09.18 阪神 朝日チャレンジC GIII 芝2000m(良) 14 6 10 06.9(4人) 2着 1:58.7 (48.0) -0.1 南井克巳 53 タニノスイセイ
0000.10.30 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 12 2 2 02.4(1人) 1着 1:23.0 (48.2) -0.4 武豊 55 (ミスターボーイ)
0000.11.20 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 1 2 03.6(2人) 4着 1:36.2 (48.1) -0.9 武豊 55 サッカーボーイ
0000.12.18 中京 CBC賞 GIII 芝1200m(良) 16 7 14 01.7(1人) 2着 1:09.0 (35.4) -0.0 武豊 55 トーアファルコン
1989.01.29 京都 京都牝馬特別 GIII 芝1600m(稍) 11 4 4 01.9(1人) 3着 1:35.7 (47.3) -0.2 武豊 58 リキアイノーザン
0000.02.26 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(重) 11 5 5 01.8(1人) 7着 1:38.0 (50.0) -1.7 武豊 55 ミスティックスター
1990.03.24 阪神 コーラルS OP 芝1400m(良) 11 6 7 05.3(4人) 3着 1:22.8 (48.2) -0.1 丸山勝秀 56 ラッキーゲラン
0000.04.22 東京 京王杯スプリングC GII 芝1400m(重) 18 2 3 17.2(4人) 1着 1:23.3 (36.8) -0.2 南井克巳 56 (コガネターボ)
0000.05.13 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 16 8 15 19.7(6人) 4着 1:33.0 (35.6) -0.6 南井克巳 55 オグリキャップ
0000.06.10 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 10 8 9 38.4(6人) 8着 2:16.5 (52.2) -2.5 武豊 54 オサイチジョージ
0000.07.08 中京 高松宮杯 GII 芝2000m(良) 14 8 13 08.0(4人) 2着 1:59.7 (36.0) -0.3 南井克巳 56 バンブーメモリー
0000.10.28 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 16 7 14 04.9(2人) 6着 1:21.9 (46.2) -0.5 南井克巳 56 ナルシスノワール
0000.11.18 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 8 17 17.5(7人) 8着 1:34.5 (46.4) -0.9 南井克巳 55 パッシングショット
0000.12.16 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 16 4 7 11.0(6人) 6着 1:08.5 (34.6) -0.7 岡部幸雄 55 バンブーメモリー
1991.01.05 京都 金杯(西) GIII 芝2000m(良) 16 3 5 13.9(7人) 7着 2:01.1 (48.1) -1.0 南井克巳 56 ダイユウサク


繁殖成績編集

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 主な勝利競走 供用 出典
初仔 1992年 (シンウインドの1992) 黒鹿毛 カコイーシーズ (不出走) [9]
2番仔 1993年 シンマミーチャン テューター 林幸雄 栗東・二分久男 2戦0勝 [10]
3番仔 1994年 シンツインクル 鹿毛 ミスターシービー (不出走) (繁殖牝馬) [11]
4番仔 1995年 シンリズム 栗毛 リズム 林幸雄
→笠原久夫
→高橋健男
→朝倉一彦
栗東・二分久男
高知・國澤輝幸
金沢・鷹尾雄治
→高知・國澤輝幸
→高知・坂本一仁
62戦5勝(うち地方36戦2勝) [12]
5番仔 1997年 セトノウインド ジェネラス 難波澄子 栗東・二分久男
→栗東・西園正都
21戦4勝 (繁殖牝馬) [13]
6番仔 2001年 ダンルヴァン 黒鹿毛 コロニアルアッフェアー (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 美浦伊藤伸一 5戦0勝 (繁殖牝馬) [14]
7番仔 2002年 クオーターバック 栗毛 フォーティナイナー 槙本一雄
→(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
北海道・山田和久
荒尾・幣旗吉昭
→美浦・伊藤伸一
13戦1勝(うち地方5戦1勝) [15]
8番仔 2003年 カゼノコウテイ 鹿毛 テイエムオペラオー (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
→槙本一雄
→(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
→(有)槇本牧場
美浦・伊藤伸一
園田・上田二郎
→美浦・伊藤伸一
→北海道・山田和久
福山・高本友芳
→北海道・山田和久
53戦9勝(うち地方28戦7勝) 2010年瑞穂賞 [6]
9番仔 2005年 サマーウインド 栗毛 タイキシャトル (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
→(有)槇本牧場
栗東・庄野靖志
→北海道・原孝明
→高知・雑賀秀介
→金沢・黒木豊
47戦14勝(うち地方24戦5勝) 2010年JBCスプリント
2010年東京盃
2010年クラスターカップ
[7]

血統表編集

シンウインド血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ボワルセル系
[§ 2]

*ウエスタンウインド
Western Wind
1974 黒鹿毛
父の父
Gallant Man
1954 鹿毛
Migoli Bois Roussel
Mah Iran
Majideh Mahmoud
Qurrat-al-Ain
父の母
Wildwook
1965 鹿毛
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Blue Canoe Jet Pilot
Portage

ソロナエビス
1972 栃栗毛
*タマナー
Tamanar
1955 栃栗毛
Sunny Boy Jock
Fille de Soleil
Tresa Bozzetto
Torrigiana
母の母
ソロナヒメ
1968 芦毛
*ソロナウェー
Solonaway
Solferino
Anyway
*ヴイキユニア
Vicunia
Vilmorin
Moon Drift F-No.16-b
母系(F-No.) ヴイキユニア(GB)系(FN:16-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Blenheim5×5=6.25% (父内) 、Mah Mahal5*5=6.25% (父内) 、PharosFairway5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [16]
  2. ^ [17]
  3. ^ [16]
  4. ^ [16][17]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o シンウインド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  2. ^ a b シンウインド”. 競走馬のふるさと案内所. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f シンウインドを訪ねて~槇本牧場”. 競走馬のふるさと案内所 馬産地コラム. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年2月29日閲覧。
  4. ^ 【函館スプリントS(GIII)】(函館)~ワンカラット レコードで重賞2勝目 [News]”. 中央競馬実況中継 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2010年7月4日). 2020年3月5日閲覧。
  5. ^ a b シンウインド 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  6. ^ a b カゼノコウテイ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  7. ^ a b サマーウインド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  8. ^ シンウインドの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年3月5日閲覧。
  9. ^ (シンウインドの1992)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  10. ^ シンマミーチャン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  11. ^ シンツインクル”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  12. ^ シンリズム”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  13. ^ セトノウインド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  14. ^ ダンルヴァン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  15. ^ クオーターバック”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  16. ^ a b c シンウインド 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年3月5日閲覧。
  17. ^ a b c シンウインドの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年3月5日閲覧。

外部リンク編集