メインメニューを開く

シンガポールマネージメント大学 (略称: SMU; 中国語: 新加坡管理大学; マレー語: Universiti Pengurusan Singapura; タミル語: சிங்கப்பூர் நிர்வாக பல்கலைக்கழகம்)は、2000年に設立されたシンガポールの大学である。シンガポール経営大学との訳もある。

シンガポールマネージメント大学
Singapore Management University
Singapore Management University 22, Aug 06.JPG
設立年 2000年
理事長 J. Y. Pillay
学長 Lily Kong
副学長 Lily Kong(代理)
大学職員数
300人
学部生数 8182人
大学院生数 1828人
所在地 シンガポール
ブラスバサー
北緯1度17分48秒 東経103度50分59秒 / 北緯1.29667度 東経103.84972度 / 1.29667; 103.84972座標: 北緯1度17分48秒 東経103度50分59秒 / 北緯1.29667度 東経103.84972度 / 1.29667; 103.84972
公共交通 ドビーゴート駅シティホール駅ブラスバサー駅
スクールカラー SMUブルー とSMUゴールド         
ウェブサイト www.smu.edu.sg
テンプレートを表示

シンガポールマネージメント大学は、変化の多い時代に対応できるリーダーや起業家を輩出することを目的に、シンガポール政府が出資し、米国ウォートン・スクールをモデルとして、2000年1月12日に設立された。学部・大学院併せて約10000人が在籍している。現在は、会計学、経営学、経済学、情報システム学、法学、社会科学の6つのスクールから構成され、学士、修士及び12の博士課程が開設されている。30以上の研究所とCOEを保有する他、専門職教育課程では専用の企業研修と生涯学習を受けられる。SMUはマネジメント教育に関する第三者評価機関AACSB International、EQUIS、AMBAから認証を受けている。少人数制でゼミ形式での教育を特徴とする。SMUのキャンパスは南部にあるNUSや西部にあるNTUと違い、シンガポールの中心部に位置しており、実業界とのつながりが強い。

目次

歴史編集

1997年、シンガポールにNUS、NTUに続く第三の大学を作る最初の計画が持ち上がった。

その後、リゾートホテルチェーンであるバンヤンツリーでExective Chairmanを務める何光平氏(Ho Kwon Ping)が議長として任命され、アメリカの大学教育をベースとしながらも、より柔軟かつ幅広い高等教育を行う方針が決定された。学部教育のモデルとしては米ペンシルバニア大学ウォートン・スクールが選ばれた。ウォートン・スクールとは1999年2月に協定が結ばれ、同年6月にはWharton-SMU Research Centerが設立された[1]

2000年、シンガポールマネージメント大学は、エヴァンスロードにあるHwa Chong Institutionの一角を一時的なキャンパスとして開学した。そして5年後の2005年には、4つのスクール、図書館、3つの研究機関を伴う大学として、シンガポールの商業と文化の中心であるブキティマへの移転を完了した。その後、Law Schoolの開設、School of Economics and Social Sciencesの改組(School of EconomicsとSchool of Social Sciences)を経て、現在の体制となった[2]

大学方針編集

Following a strategic review by the university management, senior faculty and the Board of Directors, Professor De Meyer announced the strategic goals of a five year plan in his SMU President’s State of University Address 2011[3]. These goals are to:

  • Raise the reputation and international profile of SMU.
  • Continue to deliver a holistic undergraduate education experience with a distinctive interactive pedagogy, involving multi-disciplinary perspectives and a culture of rigorous learning and innovation.
  • Foster a stimulating and dynamic research culture combining focused disciplinary research with opportunities for multi-disciplinary perspectives.
  • Become an Asian knowledge hub for research centred around the world of business and management.
  • Develop high quality graduate, professional and executive education programmes.
  • Ensure financial strength that sustains growth and innovation.

学部・スクール編集

School of Accountancy
Lee Kong Chian School of Business
2004年、東南アジアの財団から5,000万シンガポールドルの寄付を受け、スクール名をLee Kong Chian School of Businessとした。[4]BBM(Bachelor of Musiness Management、経営学学士)の他、MBA、EMBA、MSc、PhDの各プログラムを提供しており、スクールとしてAACSBおよびEQUISからの認定を受けている。[5]
School of Economics
School of Information Systems
School of Law
School of Social Sciences

ランキング編集

  • Singapore Management University was ranked 52nd worldwide in 2012 by The University of Texas at Dallas Top 100 Worldwide Business School Ranking.[6]
  • SMU was rated as a 4 Palms Business school (world top 300) by Eduniversal in 2011.[7]
  • Singapore Management University was ranked by Webometrics Ranking of World Universities (Jan 2011) 1262th out of around 20000 colleges, polytechnics and universities in the world.[8]
  • Singapore Management University (as an entire university) was ranked 28th out of all business schools in the world by Webometrics (Ranking Web of World Business Schools) in Jan 2011.[9]
  • SMU was ranked 10th worldwide and 1st in Asia by The Accounting Review for the number of refereed articles accepted for publication in 2009.[10]

教員編集

出身者編集

脚注編集

外部リンク編集