メインメニューを開く

座標: 北緯53度48分27秒 西経2度57分00秒 / 北緯53.8076度 西経2.9500度 / 53.8076; -2.9500

シングルトン・バンク鉄道事故
発生日 1961年7月16日
発生時刻 10:30(現地時間
イングランドの旗 イングランド
場所 ウィートン英語版
路線 フリートウッド支線英語版
事故種類 列車衝突事故
原因 信号扱い手のミス、現場スタッフのミス
統計
列車数 2本
死者 7人
負傷者 116人
テンプレートを表示

シングルトン・バンク鉄道事故(シングルトン・バンクてつどうじこ)は、1961年7月16日イギリスイングランドウィートン英語版付近で発生した列車衝突事故である。

事故概要編集

コルン駅英語版8時50分発フリートウッド駅英語版行きの気動車急行列車が保線列車後尾のバラスト運搬車[1]に約45mph(72km/h)で追突した。保線列車はシングルトン・バンク信号所付近でバラスト交換作業(ballast cleaning[2])を終えたところであり、急行列車を通すために同区間を出発しようとしていた。 この事故で7人が死亡し(旅客列車運転士と乗客6人)[1]、116人が負傷した[1]

事故原因編集

事故原因はシングルトン英語版の信号扱い手が電話の内容を誤解しディーゼル列車の通行を許可したためである。また事故調査報告では、問題のある作業慣行を許容していた地域の検査官を強く批判した。

脚注編集

  1. ^ a b c “Report on the Collision at Singleton Bank” p.1 (page=4)
  2. ^ “Report on the Collision at Singleton Bank” p.2 (page=5)

外部リンク編集