メインメニューを開く

シンセウェイヴ (: Synthwave アウトラン[† 1]レトロウェイヴフューチャーシンセなどと称されることもある[2])は、1980年代の映画音楽ビデオゲームに影響された[5][6]電子音楽のジャンル[1]。2000年代中頃に登場して以来、インターネット上の様々なニッチ・コミュニティで発展していき、2010年代初頭には広く人気を得た[2]。シンセウェイヴは音楽性とアートワークの両面でレトロフューチャリズムを志向しており、1980年代のサイエンス・フィクションアクション映画ホラー映画などを模している[7]サイバーパンクと比較されることもある[7]。1980年代の文化に対する懐古の念を表現しており、その時代の空気感をとらえ、賞賛しようとしている[8]

シンセウェイヴ
様式的起源
文化的起源 2000年代中頃から2010年代初頭[2]
サブジャンル
  • ドリームウェイヴ[3]
  • アウトランウェイヴ[3]
  • サイファイウェイヴ[3]
関連項目
ユーロビート

目次

特徴編集

音楽ライターの四方宏明によれば、シンセウェイヴでは「サウンドだけではなく、コンセプトとヴィジュアルにおいて、80年代カルチャー(映画、ドラマ、アニメ、ゲーム、ファッション、グラフィックなど)へのノスタルジー的引用」がおこなわれるという[9]

音楽的には、シンセウェイヴは1980年代の映画、ビデオゲームカートゥーンなどから強い影響を受けている[10]。このほかには、ジョン・カーペンターヴァンゲリス[† 2]タンジェリン・ドリームなどからの影響もある[5][11][4]

ミュージシャンのPerturbator(James Kentのソロプロジェクト)によれば、シンセウェイヴは基本的にインストであり、1980年代風の常套句が含まれていることが多い[11]。例えば、電子ドラムゲート・リヴァーブ英語版アナログ・シンセサイザーで鳴らしたベースラインやリードなどが、当時の曲を模倣するために使われる[11]

このような美学は、レトロをテーマにし、シンセウェイヴアーティストを起用している映画やビデオゲームにも反映されてきた。Glitchslapのブライアン・ヤングによれば、Power Gloveが手掛けた『Far Cry 3: Blood Dragon』というゲームのサウンドトラックは、そのもっとも有名な例のひとつであるという[3]。その他の例としては、2016年から放送の始まったNetflix製作のドラマ『ストレンジャー・シングス』がある[12]。これは80年代ホラー映画のような雰囲気を纏った作品だが、作中に80年代映画へのオマージュが含まれているだけではなく、音楽面でも80年代カルチャーへの憧憬が表現されている[12]。音楽は挿入曲とオリジナル曲で構成されているが、「(挿入曲に使われた)Tangerine Dream、Vangelis、New Orderなどの楽曲からは、レトロウェイヴのルーツを意図的に選んだ感が」あると四方は分析している[12]。また、本作のサウンドトラックを担当したカイル・ディクソンとマイケル・スタインはジョン・カーペンタータンジェリン・ドリームジョルジオ・モロダーハロルド・フォルターメイヤーなど、70年代から80年代にかけての映画音楽から強い影響を受けている[12]。サウンドトラックはローリング・ストーン誌の「2016年ベストアルバム50枚(47位)」に選ばれており、2017年には、グラミー賞の「ベスト・スコア・サウンドトラック部門」にもノミネートされた[12]

歴史編集

起源編集

シンセウェイヴは2000年代中盤にうまれた[2]David Grellier (College)[9]Kavinsky[9]Justiceなどのフランス出身のアーティストが、初期のシンセウェイヴのサウンドを作り出したパイオニアだとされている。初期のアーティストは1980年代の著名な映画音楽の作曲家から影響を受けて音楽を作り始めたが、彼らの作る音楽は当時、主にフレンチ・ハウスのシーンと結びついていた[2]

人気の獲得編集

2011年の映画『ドライヴ』のサウンドトラックではシンセウェイヴ・アーティストが多く参加していたため、この映画の公開がきっかけとなってシンセウェイヴの新たなファン層やミュージシャンがうまれた[13][14]NerdglowのChristopher Higginsは、2014年時点でのシンセウェイヴシーン内でもっとも人気のあるアーティストとしてElectric YouthKavinskyをあげている[10]。2015年以来、シンセウェイヴはシーン外のミュージシャンやメディアなどから幅広いオーディエンスを獲得している[15]

ファッシュウェイヴ英語版(: Fashwave "ファシスト"と"シンセウェイヴ"のかばん語)[16]は主にシンセウェイヴやヴェイパーウェイヴのサブジャンルだといえるが、政治的なタイトルが使われていたり、時々サウンド・バイト英語版が挿入されていたりする[17]。このようなサウンド・バイトは2015年頃にYoutubeから持ってきたものである[18]。2017年にViceのPenn BullockとEli Pennは、ファシストオルタナ右翼を自称する人々がヴェイパーウェイヴの音楽性やアートをプロパガンダ目的で盗用しているという問題について報じた[17]。また、ファッシュウェイヴを「一般受けしやすいはじめてのファシスト音楽」だと表現している[17]

アーティスト一覧編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「アウトラン」というサブジャンルの名前は、1986年にアーケードゲームとして発表されたレーシングゲームアウトラン』からきているが、このゲームは走行中のBGMをプレイ前に選択できることで有名だった[4]
  2. ^ 1980年代を代表する映画『ブレードランナー』では、ヴァンゲリスがサウンドを担当している[9]

出典編集

  1. ^ a b Robert (2016年9月23日). “On The Synthwave Genre and Video Games”. Surreal Resolution. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Neuman, Julia (2015年7月30日). “The Nostalgic Allure of 'Synthwave'”. New York Observer. http://observer.com/2015/07/the-nostalgic-allure-of-synthwave/ 2016年5月16日閲覧。 
  3. ^ a b c d Synthwave: If Tron and Megaman had a music baby.”. Glitchslap.com (2015年3月25日). 2015年5月19日閲覧。
  4. ^ a b Lambert, Molly (2016年8月4日). “Stranger Things and how Tangerine Dream soundtracked the 80s”. MTV.com. 2016年8月28日閲覧。 “Vintage synthheads like Survive (and digital replicants alike) make music in the genre that has come to be called synthwave — or “outrun,” after the 1986 driving arcade game that let players select a soundtrack (a first). Inspired by the early days of electronic music and artists like Giorgio Moroder, Vangelis, John Carpenter, and, of course, Tangerine Dream, synthwave is a postmodern take on the ’80s, aiming to capture the way it feels to watch an ’80s movie scored by Tangerine Dream late at night on TV more than to actually replicate their sound.”
  5. ^ a b We Will Rock You: Welcome To The Future. This is Synthwave.”. l'etoile (2014年4月9日). 2015年5月18日閲覧。
  6. ^ Neuman, Julia (2015年6月23日). “A Retrowave Primer: 9 Artists Bringing Back the ’80s”. MTV Iggy. 2015年6月23日閲覧。
  7. ^ a b Perturbator - DANGEROUS DAYS”. Scene Point Blank (2014年12月1日). 2015年5月24日閲覧。
  8. ^ Xeno and Oaklander - Sets & Lights”. Drowned in Sound (2011年10月13日). 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e 四方宏明 (2017年5月25日). “『ラ・ラ・ランド』ライアン・ゴズリングと80'sの関係”. All About. 2018年10月10日閲覧。
  10. ^ a b c d Christopher Higgins (2014年7月29日). “The 7 Most Essential Synthwave Artists”. Nerdglow.com. 2015年5月18日閲覧。
  11. ^ a b c d e McCasker, Toby (2014年6月22日). “Riding the Cyber Doom Synthwave With Perturbator | NOISEY”. Noisey.vice.com. 2015年5月19日閲覧。 “I'm a huge fan of those dirty-as-fuck John Carpenter-esque saw pads, so you'll most likely find more of these in my music for example...Electronic music has lost a lot of its musicality lately. It's all drops and bass lines looped for five minutes non-stop. Back in the ‘80s, you had classic themes and iconic melodies. I try to take the best of ‘80s music and the best of what modern electro has. The 80s were the golden age of synths too, with master composers like Vangelis and Tangerine Dream, who are huge inspirations for most of us in this genre. There’s this special imagery that comes up in your mind when you think about this decade. There's a lot of ‘80s cliché that I find to be extremely cool, like gory practical effects or over-saturated neon colours.”
  12. ^ a b c d e 四方宏明 (2017年5月25日). “『ストレンジャー・シングス』の世界を構成する音楽”. All About. 2018年10月10日閲覧。
  13. ^ Eric James Lyman (2015年1月11日). “Eric James Lyman - Synthwave”. Ericlyman.net. 2015年5月19日閲覧。
  14. ^ Drive at Five: Revisiting the Neon-Noir Masterpiece”. Vehlinggo.com. 2016年10月17日閲覧。
  15. ^ Stranger Things’ score is a gateway into synthwave AV Club
  16. ^ Hann, Michael (2016年12月14日). “'Fashwave': synth music co-opted by the far right”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/musicblog/2016/dec/14/fashwave-synth-music-co-opted-by-the-far-right 
  17. ^ a b c Trumpwave and Fashwave Are Just the Latest Disturbing Examples of the Far-Right Appropriating Electronic Music”. Vice (2017年1月30日). 2017年2月6日閲覧。
  18. ^ Coleman, Jonny (2016年12月19日). “"Fashwave" Is Fascist Synthesizer Music and Yes, It's an Actual Thing”. LA Weekly. http://www.laweekly.com/music/fashwave-is-fascist-synthesizer-music-and-yes-its-an-actual-thing-7726607 
  19. ^ French synthwave act Carpenter Brut touring North America in 2017”. Brooklyn Vegan (2016年12月22日). 2017年2月2日閲覧。 “[...] French synthwave act Carpenter Brut touring North America in 2017 [...]”
  20. ^ Appleseed Cast Gives Memorable Moscow Concert”. The Moscow Times (2013年11月8日). 2015年5月19日閲覧。 “[...] as the gig calendar in the capital was packed with the likes of American synthwave band Cold Cave [...]”
  21. ^ Interview with David Grellier of College and founder of the Valerie Collective 2009”. Whatsonthehifi.com. 2015年5月18日閲覧。
  22. ^ Meet Com Truise: Synthwave Wunderkind” (2011年9月1日). 2015年5月19日閲覧。
  23. ^ Danger”. Retro Synthwave. 2018年4月26日閲覧。
  24. ^ Middleton, Ryan (2016年9月1日). “Premiere: Droid Bishop Difuses Glitter Wasteland 'Cold War' With Sugary, Synth-Heavy Remix”. Music Times. 2016年10月3日閲覧。
  25. ^ “Dynatron - Stars of the Night” (英語). NewRetroWave | Stay Retro! | Live The 80's Dream! | Retrowave is the Future |. https://newretrowave.com/retrowave-articles/2017/11/17/dynatron-stars-of-the-night 2018年2月7日閲覧。 
  26. ^ Harrison, Andrew (2016年8月12日). “The sound of the Upside Down: Stranger Things make sinister synths mainstream”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2016/aug/12/sound-of-the-upside-down-netflix-stranger-things-make-sinister-synths-mainstream 2017年2月2日閲覧。 
  27. ^ Vehlinggo, Aaron (2017年12月20日). “Electric Youth's Deeper Hidden Meaning”. Vehlinggo. https://vehlinggo.com/2017/12/20/electric-youth-interview 2018年7月12日閲覧。 
  28. ^ Disco Unchained: Saturday Sit-down with Futurecop!”. Discounchained.blogspot.se (2014年7月5日). 2015年5月19日閲覧。
  29. ^ Murphy, Dan (2015年11月17日). “Synthwave Band GUNSHIP to Release an Album on Cassette with a C64 Game”. God is a Geek: Video Game Reviews, Previews, Videos, Podcasts, and More.. http://www.godisageek.com/2015/11/synth-wave-band-gunship-to-release-an-album-on-cassette-with-a-c64-game/ 2018年2月2日閲覧。 
  30. ^ Rossignol, Derrick (2017年4月28日). “GUNSHIP’s Remix of Lionface’s “No Hope State” is Dreamy ’80s Synthwave (Premiere) | Nerdist” (英語). Nerdist. https://nerdist.com/gunships-remix-of-lionfaces-no-hope-state-is-some-dramatic-synthwave-premiere/ 2018年2月2日閲覧。 
  31. ^ Vehlinggo, Aaron (2015年8月11日). “Highway Superstar Aims High On Endgame”. 2017年9月26日閲覧。
  32. ^ KEENHOUSE RELEASES VIDEO + ARTWORK FOR "FOUR DREAMS"”. Magnetic Magazine. Magnetic. 2018年10月7日閲覧。
  33. ^ Riding the Dreamwave with Binary Entertainment”. L.A. Weekly. L.A. Weekly. 2018年10月7日閲覧。
  34. ^ Deeds, Michael (2016年9月22日). “‘Risky and fun’ Boise synthwave band Magic Sword goes on national tour”. Idaho Statesman. 2017年8月28日閲覧。
  35. ^ Zistler, Andrew (2016年8月29日). “The Midnight - Endless Summer”. New Retro Wave. 2018年2月19日閲覧。
  36. ^ Catching Up with Mitch Murder, King of the 80s Revival”. Vehlinggo.com. 2016年7月29日閲覧。
  37. ^ Zistler, Andrew (2017年5月23日). “Dana Jean Phoenix - Synth City”. NewRetroWave. 2017年8月28日閲覧。
  38. ^ Vehlinggo, Aaron (2017年5月14日). “5 Things Vehlinggo Didn’t Write About That You Should Hear”. 2017年8月28日閲覧。
  39. ^ Power Glove Interview: Reviving the 80s (July 2013)”. Game-ost.com (1970年1月1日). 2015年5月19日閲覧。
  40. ^ Edsall, Joey (2016年11月4日). “Scandroid - Self-Titled Scandroid”. NewRetroWave. 2017年9月26日閲覧。
  41. ^ NIGHTWAV – A Synthwave Compilation”. Lazerdiscs Records. 2018年10月7日閲覧。
  42. ^ Interview with Shredder 1984”. Dark Beauty Mag. 2018年10月7日閲覧。