シンセン☆キラキラナイト

シンセン☆キラキラナイト[1][2]は、1984年10月から1991年3月[注釈 1]まで放送されていたラジオ番組枠のタイトル。

シンセン☆キラキラナイト
ジャンル バラエティ番組
トーク番組
放送方式 録音
放送期間 1984年10月 - 1991年3月
放送時間 #ネット局の節を参照
放送局 秋田放送山形放送福井放送山口放送高知放送
ネットワーク 秋田放送・山形放送・福井放送・山口放送・高知放送
パーソナリティ #歴代パーソナリティ・番組の節を参照
テンプレートを表示

概要編集

主に当時のアイドルを中心とする歌手、タレントが日替わりで出演していた枠。1984年10月スタート時は、伊藤さやか以外全員が1983年デビュー組のアイドル・タレント。1990年当時は、ロック歌手の加入も多かった。全ての番組がキー局を持たない番組制作会社製作の番組で、番版番組であった。そして元々、それぞれが独立していた番組であり、本枠とは別に各局によっては1番組単独で購入して放送していた場合も多かった(#各番組単独でのネットの節を参照)。そして日高のり子の『南風にラブコール』は既にスタートしていた番組が途中から本枠に加入番組であり[注釈 2]仁藤優子の『乙女座カーニバル宣言』は本枠終了後も独立して放送を続けていた[注釈 3]

放送されていたのは主に親局出力が5kwである地方局であり、本枠を『シンセン☆キラキラナイト』として一括購入し放送したことがある局は、秋田放送山形放送福井放送山口放送高知放送の5局である。しかし、局によっては自社制作の別番組を入れるなど編成の都合で1曜日分または2曜日分が放送無しになる場合もあった(#注釈節を参照)。

固定のスポンサーは無しで放送されていた番組がほとんどだったが、当時バップ所属だった藤木まりの番組で、バップが単独スポンサーとして入っていたことがあった[1]

歴代パーソナリティ・番組編集

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1984年10月 -
1985年9月
大沢逸美
『イッツミーナイト』[4]
伊藤さやか
『つっぱりロックン課外授業』[4]
森尾由美
『アイ・ラブ・ユーミー』[4]
松本明子
『あっちむいてWA-HA-HA!』[4]
小林千絵
『きみにドキドキ』[4]
1985年10月 -
1986年3月
若林加奈
『はじけて!!バンバン』
橋本美加子
『みかっこ☆倶楽部』
1986年4月 -
1986年9月
大沢逸美
『イッツミーナイト』
志賀真理子
『ポニーテールに乾杯』
1986年10月 -
1987年3月
野咲たみこ
『たみちゃんはーい』
藤木まり
『ときめきラブ♡まりにアタック!』
森川美穂
『MIHO・多感世代キラッ!』
1987年4月 -
1987年9月
城之内早苗
『恋人通りの喫茶店』
工藤夕貴
『YUKIリンリンセンセイション』
1987年10月 -
1988年3月
堀江しのぶ
『デカデカ・デスマッチ』
日高のり子
『南風にラブコール』[注釈 2]
1988年4月 -
1988年7月
伊藤智恵理
『チェリーに口づけ』[5]
仙道敦子
『風の中の散歩道』
森川美穂
『わがままでナイトタウン』
1988年7月 -
1988年9月
パンプキン
『ABUNAIパーティー』
[6][注釈 4]
1988年10月 -
1989年3月
北岡夢子
『夢子の夢飛行』
[7]
チャイルズ
『超電動!?チャイルズパラダイス』[7]
1989年4月 -
1989年9月
青木愛[注釈 5]
『ちりばめて星のオルゴール』[8]
中村由真
『マジカルYUMAランド』[8]
1989年10月 -
1990年3月
『MONOごころ宇宙船』 山口弘美
『つよがりセンチメント』
1990年4月 -
1990年9月
岩田麻里
『ヒップ・ポップ・エンジェル』[9]
大野美樹[注釈 6]
『ロックンロール・スキャンダル』[9]
CARO
『ガラスのラビリンス』[9]
中村由真
『くちべに・ルック・アウト!』[9]
高橋貴代子
『絵本と指とパジャマ』[9]
1990年10月 -
1991年3月
仁藤優子
『乙女座カーニバル宣言』[注釈 3]

ネット局編集

「シンセンキラキラナイト」として帯枠でのネット
(出典:[10]
(「→」は、放送曜日・時間帯変更無し、網掛け枠は放送無し)
局名 1984年10月 - 1985年10月 -
1986年3月
1986年4月 -
1986年9月
1986年10月 -
1987年3月
1987年4月 -
1987年9月
1987年10月 -
1988年3月
秋田放送 月 - 金
21:10 - 21:55
月 - 金
21:00 - 21:55
月 - 金
21:25 - 21:55
月 - 金
21:10 - 21:55
月 - 金
21:25 - 21:55
月 - 水
21:00 - 21:55[注釈 7]
山形放送 月 - 金
20:00 - 21:00
月 - 金
20:00 - 21:00
月 - 金
20:00 - 21:00
月 - 金
20:00 - 21:00
福井放送 月 - 金
24:00 - 24:30
月 - 木
22:30 - 23:00
土 23:30 - 24:00[注釈 8]
[注釈 8] [注釈 8]
山口放送 月 - 金
25:00 - 26:00
高知放送
局名 1988年4月 -
1988年9月
1988年10月 -
1989年3月
1989年4月 -
1989年9月
1989年10月 -
1990年3月
1990年4月 -
1990年9月
1990年10月 -
1991年3月
秋田放送 月 - 木
24:00 - 25:00[注釈 9]
月 - 金
24:00 - 25:00
月 - 木
24:00 - 25:00[注釈 10]
月 - 金
24:00 - 25:00
月 - 木
24:00 - 25:00[注釈 11]
月 - 金
24:00 - 25:00
山形放送 月 - 金
20:00 - 21:00
福井放送 月 - 木
22:30 - 23:00
土 23:30 - 24:00[注釈 8]
月 - 木
22:30 - 23:00[注釈 12]
[注釈 12] [注釈 12] [注釈 13] [注釈 13]
山口放送 月 - 金
23:00 - 23:20[注釈 14]
月 - 金
23:30 - 23:50
高知放送 月 - 金
24:30 - 25:00
月 - 金
24:15 - 25:00

各番組単独でのネット編集

橋本美加子 みかっこ☆倶楽部
  • 西日本放送:土曜 21:00 - 21:30 (1986年10月 - 1987年3月)
  • 茨城放送:日曜夜(1986年 - 1987年3月)→ 木曜 19:00 - 19:30 (1987年4月 - 1987年9月)
  • 山梨放送:日曜 23:00 - 23:30 (1986年 - 1987年9月)
  • 熊本放送:日曜夜(1986年 - 1987年3月)
  • 青森放送:金曜 21:30 - 22:00 (1987年10月 - 1988年3月)
志賀真理子 ポニーテールに乾杯
  • 青森放送:日曜 22:30 - 23:00
  • ラジオ福島:土曜 21:30 - 22:00
  • 茨城放送:日曜 16:30 - 17:00
  • 西日本放送:日曜 24:00 - 24:30
城之内早苗 恋人通りの喫茶店
  • 岩手放送:土曜 24:30 - 25:00 (1987年4月 - 1987年9月)
  • ラジオ福島:土曜 22:00 - 22:30 (1987年4月 - 1987年9月)
  • 西日本放送:日曜 24:00 - 24:30 (1987年4月 - 1987年9月)
  • STVラジオ:土曜 24:50 - 25:00 (1987年10月 - 1988年9月)
  • 茨城放送:水曜 23:00 - 23:30 (1987年10月 - 1988年3月)
藤木まり ときめきラブ♡まりにアタック!
  • 茨城放送:水曜 19:30 - 20:00
  • 山形放送:日曜 22:30 - 23:00 (1987年4月 - 1987年9月)[注釈 15]
森川美穂 MIHO・多感世代キラッ! → 森川美穂 わがままでナイトタウン
  • 岩手放送:土曜 18:30 - 19:00 (1987年10月 - 1988年3月)→ 日曜 18:10 - 18:25 (1988年4月 - 1988年9月)
  • 茨城放送:火曜 23:00 - 23:30 (1987年10月 - 1988年9月)
  • 高知放送:土曜 19:00 - 19:30 (1987年10月 - 1988年3月)→ 日曜 15:30 - 16:00 (1988年4月 - 1988年9月)
  • STVラジオ:土曜 22:00 - 22:30 (1988年4月 - 1988年9月)
  • 山形放送:月 - 金 21:40 - 21:50 (1988年4月 - 1988年9月)[注釈 15]
工藤夕貴 YUKIリンリンセンセイション
  • 青森放送:土曜 21:30 - 22:00
  • 岩手放送:土曜 24:00 - 24:30
  • 山梨放送:日曜 11:30 - 12:00
  • 山陽放送:月 - 金 22:30 - 22:45、土曜 22:15 - 22:30
日高のり子の南風にラブコール
  • ラジオ福島:月 - 金 23:00 - 23:10 (1987年10月 - 1988年3月)
  • 西日本放送:月 - 金 24:15 - 24:25 (1987年10月 - 1988年3月)
仙道敦子 風の中の散歩道
  • 西日本放送:月 - 金 24:15 - 24:25 (1988年4月 - 1989年3月)
超電動!?チャイルズパラダイス
  • 青森放送:木曜 21:30 - 22:00 (1988年10月 - 1989年3月)
パンプキンのABUNAIパーティー
  • STVラジオ:月 - 金 23:40 - 23:45 (1988年10月 - )
  • 山陽放送:土曜 21:15 - 21:30 (1988年10月 - 1989年3月)
青木愛のちりばめて星のオルゴール
  • 西日本放送:日曜 24:15 - 24:30 (1989年4月 - 1990年3月)
中村由真のマジカルYUMAランド → 中村由真 くちべに・ルック・アウト!
  • 山形放送:日曜 22:00 - 22:30 (1989年4月 - 1989年9月)[注釈 15]/水曜 22:00 - 22:30 (1990年4月 - 1991年3月)
  • ラジオ福島:日曜 24:30 - 25:00 (1989年4月 - 1989年9月)
  • 茨城放送:木曜 19:00 - 19:30 (1989年4月 - 1989年9月)/日曜 21:10 - 21:25 (1990年10月 - 1991年3月)
  • KBS京都:月 - 金 22:35 - 22:45 (1989年4月 - 1990年3月)[注釈 16]
  • 西日本放送:土曜 21:30 - 21:50 (1989年10月 - 1990年3月)
  • 熊本放送:水曜 24:25 - 24:55 (1990年4月 - 1990年9月)
  • 北陸放送:火曜 21:20 - 21:50 (1990年10月 - 1991年3月)
大野美樹 ロックンロール・スキャンダル
  • 山梨放送:水曜 23:30 - 24:00 (1990年4月 - 1990年9月)
  • 西日本放送:日曜 24:15 - 24:30 (1990年4月 - 1990年9月)
岩田麻里 ヒップ・ポップ・エンジェル
  • 北陸放送:金曜 21:20 - 21:50 (1990年10月 - 1991年3月)
仁藤優子 乙女座カーニバル宣言
  • STVラジオ:土曜 24:50 - 25:00 (1990年10月 - )
  • 山形放送:土曜 22:00 - 23:00 (1990年10月 - )
  • 山梨放送:水曜 23:30 - 24:00 (1990年10月 - )
  • 西日本放送:日曜 24:15 - 24:30 (1990年10月 - )

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1991年3月で本枠のタイトルが終了。1991年4月時点の秋田放送、福井放送、山口放送、高知放送の各局番組表においては、1990年10月の時点ではあった『シンセン☆キラキラナイト』のタイトルが消えている[3]
  2. ^ a b 本枠とは別に単独で既にスタートしていた(1986年10月時点で秋田放送で月 - 金 19:30 - 19:40枠で放送)が、1987年10月から本番組枠に加入。
  3. ^ a b 本番組枠終了後も単独で、1992年9月まで放送。
  4. ^ この番組は1989年9月限りでシンセン☆キラキラナイト枠を離脱するが、その後も単独番組として放送を継続、1990年4月から『パンプキンのまたまたABUNAIパーティ』と改題、1992年9月まで放送。
  5. ^ 当時は歌手・タレントとして活動。
  6. ^ ロックバンド「PASSENGERS」のボーカル。
  7. ^ この間、木曜と金曜の同枠では自社の別番組『十全・ミキの歌謡曲ふれあい電話リクエスト』(木曜)、『Fat Friday'S』(金曜)を放送のため、水曜の堀江しのぶを火曜、金曜の森川美穂を水曜で放送、火曜の橋本美加子と木曜の日髙のり子は放送無し。
  8. ^ a b c d この間、金曜22:30枠で自社の別番組『JOY YOUNG 聞かにゃSONG』を放送のため、金曜の森川美穂は別枠の土曜23:30 - 24:00で放送。
  9. ^ この間、金曜の同枠では自社の別番組『ヨンボの音楽いろは塾』を放送のため、水曜の堀江しのぶ→パンプキンを火曜、木曜の仙道敦子を水曜、金曜のチャイルズを木曜にそれぞれ一日ずつ前倒しで放送、火曜の伊藤智恵理は放送無し。
  10. ^ この間、金曜の同枠では自社の別番組『ヨンボの音楽いろは塾』を放送のため、木曜の中村由真を火曜、金曜のチャイルズを木曜にそれぞれ移動して放送、火曜の青木愛は放送無し。
  11. ^ この間、金曜の同枠では自社の別番組『ヨンボの音楽いろは塾』を放送のため、木曜の中村由真を水曜、金曜の高橋貴代子を木曜にそれぞれ一日ずつ前倒しで放送、水曜のCAROは放送無し。
  12. ^ a b c この間、金曜22:30枠で自社の別番組『JOY YOUNG 聞かにゃSONG』(1989年3月まで)→『TAMPOPO通信』(1989年4月 - )を放送のため、金曜のチャイルズ→山口弘美は放送無し。
  13. ^ a b この間、金曜22:30枠で自社の別番組『TAMPOPO通信』を放送のため、金曜の高橋貴代子は月曜で放送、月曜の岩田麻里は放送無し。
  14. ^ オールナイトニッポン』のネット開始により、移動・短縮[11]
  15. ^ a b c この間、山形放送では本枠のオフシーズンだったが、この番組は単独でこの枠で放送。
  16. ^ はいぱぁナイト』の内包番組として放送。

出典編集

  1. ^ a b ラジオ新番組速報版 1987年秋号 p.132 山口放送のページ
  2. ^ ラジオ新番組速報版 1987年秋号 p.64 秋田放送のページ
  3. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1991年春号 p.30 - 31(秋田放送)、p.62 - 63(福井放送)、p.90 - 91(山口放送)、p.98 - 99(高知放送)より。
  4. ^ a b c d e BOMB学研)1985年3月号「アイドルDJ全員集合!」p.116
  5. ^ ラジオパラダイス 1988年5月号 p.9「4月生まれのさくらんぼの目標は『ハッピーラジオ』伊藤智恵理の新レギュラーは『チェリーに口づけ』」
  6. ^ ラジオパラダイス 1988年9月号 p.70「ラジパラタイムス『パンプキンのABUNAI放送が始まった』」
  7. ^ a b ラジオパラダイス 1988年11月号 p.17「『シンセン☆キラキラナイト』にチャイルズ、北岡夢子が加入」
  8. ^ a b ラジオパラダイス 1989年5月号 p.11「『シンセン☆キラキラナイト』の新パーソナリティに中村由真と青木愛」
  9. ^ a b c d e ラジオパラダイス 1990年5月号 p.35「シンセン☆キラキラナイトは全面新番組に」
  10. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1987年春号 - 1991年春号
  11. ^ ラジオパラダイス 1988年5月号「春の改編ラジオ大特集」p.47