メインメニューを開く

シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス

シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス(Cinderellabration:Lights of Romance)は、東京ディズニーランド (TDL)で、2003年から2008年までの各年1月〜3月に開催されていたスペシャルイベントの名称。詳しい開催期間は下記参照。

「シンデレラブレーション」(Cinderellabration)とは、「シンデレラ」(Cinderella)と「祭典」(Celebration)を合わせた造語。

概要編集

キャッスルフォアコートで開催される以下のイベントの総称。

  • シンデレラの戴冠式(キャッスルショー)
  • キャッスルフォアコートの点灯セレモニー
  • アトモスフィア・エンターテイナーによるフェスティバル
  • その他、キャラクターのグリーティング、ミニパレードなど(開催年度毎に異なる)

開催時期編集

シンデレラの戴冠式編集

ディズニー映画シンデレラ』のラストシーンは、王子とシンデレラの結婚式となっている。

『シンデレラの戴冠式』は、その後日に、「シンデレラを王家の一員として認め、国民と諸外国に知らしめる」ために開催された式典という設定になっている。

この式典には、ロイヤルゲストという名目で、他のディズニー映画に登場する王子と姫を始め、多くのディズニーキャラクターが登場する。

概要編集

鐘の音とともに壮大な音楽が鳴り響き、シンデレラの戴冠を祝う。

各国から招待されたディズニーの仲間たち「ロイヤルゲスト」が揃うと、馬車に乗ったシンデレラがステージ前に到着し、戴冠式を執り行う。

DATA

登場キャラクター編集

『シンデレラ』より
  • シンデレラ
  • プリンス・チャーミング(王子)
  • 国王 (富田耕生
  • 大公
  • トレメイン夫人(シンデレラの継母)
  • ドリゼラとアナスタシア(シンデレラの義姉たち)
  • ガス、ジャック、パーラ、スージー(シンデレラに協力していたネズミたち)
白雪姫』より
  • 白雪姫と王子
眠れる森の美女』より
  • オーロラ姫とフィリップ王子
アラジン』より
  • ジャスミン姫とプリンス・アリ(アラジン)
美女と野獣』より
不思議の国のアリス』より
ディズニーキャラクター

点灯セレモニー編集

キャッスルフォアコートに設けられたイルミネーションや映画のシーンを模した像などが、一斉に点灯される。

2003年は、戴冠式が1日1回の開催であった事もあり、点灯式は戴冠式のショーに組み込まれる演出がなされていた。戴冠式終了時にフェアリーゴッドマザーがシンデレラ城の塔に現れ、呪文を唱えることによって、点灯していた。

2004年以降は、戴冠式が1日2回開催となったため、1回目の戴冠式の前に、点灯セレモニーが開催された。この時にはキャラクターは登場せず、アナウンスと音楽に続いて、イルミネーションの点灯が行われた。

点灯セレモニー後のキャッスルフォアコートには、映画のBGMがストーリー順に流れ、BGMに併せてイルミネーションの色、光量が変化した。

フェスティバル編集

「シンデレラ・キャッスル・ガーデン」を舞台に繰り広げられ、美しく、眩いほどのイルミネーションと立体的な音楽による、光と音のエンターテイメント。「点灯セレモニー」終了後にシンデレラの戴冠式の時間を除き、閉園まで「シンデレラ・キャッスル・ガーデン」で開催された。また、「フェスティバル・アーティスト」たちによるパフォーマンスやキャラクターのグリーティングなども行われた。

キャッスルフォアコートで、各種パフォーマンスが披露された。

ジプシーダンサー
ジプシーを模した音楽とダンスのパフォーマンス
フォーチュンテラー(占い師)
水晶玉を片手に、コントを繰り広げる。
ジャグラー
ジャグリングを披露する。
シューマーチャント
ガラスの靴を持ち、この靴にぴったりの足のサイズを女性を探すコントを繰り広げる。
マスケスティア
男装の女性銃士。シンデレラ・キャッスル・ガーデンでのグリーティングを行う。
ファンタジー・ クリーチャーズ
フェアリー、ガーデンスピリッツ、ユニコーン、ピーコックの扮装で、パレードルートでのグリーティングを行う。

ロイヤル・アピアランス&グリーティング編集

2003年のみ開催。

プリンス・チャーミングにエスコートされたシンデレラがステージに現れ、ガス、ジャック、パーラ、スージーが出迎える。シンデレラとプリンスは馬車に乗り、4匹のキャラクターとダンサーでプラザを1周した。

公演情報
時間:約10分
回数:1日1〜2回

シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス-グランドフィナーレ!編集

2008年の公演が最後であり、イベント名も「シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス-グランドフィナーレ!」として開催された。

上記の2007年までのエンターテイメントに加え、『スーパードゥーパー・ジャンピンタイム:ビビディ・バビディ・ブー!』が開催された。

キャッチフレーズは「魔法よ 消えないで。

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム:ビビディ・バビディ・ブー!編集

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム:ビビディ・バビディ・ブー!』(Super-Duper Jumpin' Time: Bibbidi-Bobbidi-Boo!)は、2008年の「シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス-グランドフィナーレ!」期間中に開催された。

公演情報
場所:キャッスルフォアコートステージ
回数:1日1〜2回
時間:約20分