シント=トロイデンVV

コーニンクレッカ・シント=トロウデンセ・フットバルフェレニヒング[2]オランダ語: Koninklijke Sint-Truidense Voetbalvereniging)は、ベルギーリンブルフ州シント=トロイデンを本拠地とするサッカークラブである。 一般的にはシント=トロイデン(シント=トラウデンとも)またはSTVV(エス・テー・フェー・フェー)、あるいは愛称のデ・カーナーリス(De Kanaries)と呼ばれる。現在はベルギー・プロ・リーグ (1部) に所属している。

シント=トロイデン
原語表記 Koninklijke Sint-Truidense Voetbal Vereniging
愛称 De Kanaries (The Canaries)
クラブカラー 黄・青
創設年 1924年
所属リーグ ベルギー・プロ・リーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン シント=トロイデン
ホームスタジアム スタイエン
収容人数 14,600[1]
運営法人 日本の旗 DMM.com
代表者 ベルギーの旗 デイビット・ミーカーズ
監督 ドイツの旗 ベルント・ホラーバッハ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

最高順位は1965–66シーズンの2位。またベルギーカップ決勝に2度進出した。1924年創設。登録(Matricule)番号英語版は373。クラブカラーは黄色と青であり、愛称の「デ・カーナーリス(カナリア)」はここに由来する。1927年以降はスタイエンでホームゲームを開催している。日本の大手IT企業であるDMM.comが出資している。

歴史編集

1924年にシント=トロイデンの2つのクラブ、FC UnionとFC Goldstarとの間の合併によって設立された。クラブカラーにはシント=トロイデン市の色に合わせて黄色と青が選ばれ、シント=トロイデンセ・フットバル・フェレーニヒング (Sint-Truidense Voetbal Vereeniging) と命名された。Cercle Tongerenとの間で行われた初試合の観衆はわずか9人だった。1930年代末、Léopold Appeltanがシント=トロイデンの中心選手だった。1948年11月21日、Appeltanはクラブ在籍中の選手として始めてベルギー代表として試合に出場した。1940年代末、クラブはベルギー・セカンドディビジョン(2部)に昇格した。1947年にはクラブ名が「シント=トロイデンセ・フットバルフェレニヒング」(Sint-Truidense Voetbalvereniging) に改称された。5年後、2部で2位となり、1部への昇格を果たした。成功を収めた監督レイモン・ゲタルスは1959年からシント=トロイデンの指揮を執った。ゲタルスの管理の下で、チームは1966年シーズンを1部の2位で終了した。

2008年、FCLラピーデ・ウェーゼマール英語版の女子チームのがSTVVに加わった。

2015年、1部に5度目の昇格を果たす。

2017年11月15日、日本のECサイトを運営するDMMグループが経営権を取得したことを発表した[3]

2018年6月19日、デサントジャパン株式会社とオフィシャルサプライヤー契約を締結したことを発表した。 それに伴いアンブロブランドのユニフォームを着用。

2018年7月、福岡のゲーム会社・レベルファイブがオフィシャルスポンサー契約。ユニフォームスポンサーとして右鎖骨に同社のサッカーゲームである「イナズマイレブン」ロゴを掲出[4]

2018年9月27日、スカパー!JSAT株式会社とパートナーシップを締結したことを発表した[5]。その翌日の2018年9月28日には、株式会社エイチ・アイ・エスともパートナーシップを締結し、2018-2019シーズンのオフィシャル観戦ツアーの実施を発表した[6]

獲得タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン ベルギーカップ
リーグ 順位
2007-08 ベルギー・プロ・リーグ 34 6 9 19 32 58 27 17位 6回戦敗退
2008-09 ベルギー・セカンドディビジョン 36 24 8 4 72 29 80 1位 5回戦敗退
2009-10 ベルギー・プロ・リーグ 28 12 6 10 35 35 42 5位 6回戦敗退
2010-11 ベルギー・プロ・リーグ 30 8 5 17 20 51 29 12位 6回戦敗退
2011-12 ベルギー・プロ・リーグ 30 3 10 17 32 61 19 16位 7回戦敗退
2012-13 ベルギー・セカンドディビジョン 34 17 6 11 54 36 57 4位 準々決勝敗退
2013-14 ベルギー・セカンドディビジョン 34 20 7 7 51 31 67 3位 4回戦敗退
2014-15 ベルギー・セカンドディビジョン 34 24 7 3 62 28 79 1位 6回戦敗退
2015-16 ベルギー・プロ・リーグ 30 8 6 16 28 47 30 13位 7回戦敗退
2016-17 ベルギー・プロ・リーグ 30 8 6 16 35 48 30 12位 準々決勝敗退
2017-18 ベルギー・プロ・リーグ 30 9 10 11 29 41 37 10位 7回戦敗退
2018-19 ベルギー・プロ・リーグ 30 12 11 7 47 36 47 7位 準々決勝敗退
2019-20 ベルギー・プロ・リーグ 29 9 6 14 36 53 33 12位 7回戦敗退
2020-21 ベルギー・プロ・リーグ 34 10 8 16 41 52 38 15位 7回戦敗退
2021-22 ベルギー・プロ・リーグ 34

欧州の成績編集

シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計
1999 UEFAインタートトカップ 1回戦   スパルタク・ヴァルナ 6-0 2-1 8-1  
2回戦   アララト・エレバン 3-1 2-0 5-1  
3回戦   アウストリア・ウィーン 2-1 0-2 2-3  
2003 UEFAインタートトカップ 2回戦   トボル 0-2 0-1 0-3  

現所属メンバー編集

2021年8月4日現在[7]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   ケニー・ステッペ
2 DF   松原后
3 DF   マキシミリアーノ・カウフリーズ
4 DF   橋岡大樹
7 FW   イロンベ・ムボヨ ( )
8 MF   ロッコ・ライツ
9 FW   鈴木優磨
11 FW   オレクサンドル・フィリポフ
12 MF   サミュエル・アサモア
13 DF   リベラト・カカーチェ
15 FW   林大地
16 FW   スティーブ・デ・リダー  
18 FW   原大智
19 MF   スタン・ヴァン・デッセル
21 GK   シュミット・ダニエル
No. Pos. 選手名
22 FW   ウォーク・ヤンセンス
23 FW   伊藤達哉
24 MF   モリー・コナテ
26 DF   ホルヘ・テシェイラ
27 DF   ディミトリ・ラヴァリー
30 FW   ネルソン・バロンゴ ( )
32 MF   クリス・ダーキン
33 MF   ジョニー・ルーカス
35 GK   ウィム・ヴァン・マルセニーレ
39 DF   ジョナタン・ブアトゥ ( )
40 DF   ジュニオール・ピウス
44 MF   クリスティアン・ブリュルス
61 FW   ヤルネ・ステウカース
77 DF   ゲオルギオス・ヴァルギアンニディス
90 FW   デュカン・ナゾン

ローン移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
4 DF   橋岡大樹 (浦和レッドダイヤモンズ)
18 FW   ファクンド・コリーディオ (インテル・ミラノ)
27 DF   ディミトリ・ラヴァリー (マインツ05)
No. Pos. 選手名
40 DF   ジュニオール・ピウス (ロイヤル・アントワープ)
77 DF   ゲオルギオス・ヴァルギアンニディス (インテル・ミラノ)
-- MF   ロッコ・ライツ (ボルシアMG)
-- FW   原大智 (D.アラベス)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- MF   李昇祐 (ポルティモネンセSC)
No. Pos. 選手名
-- MF   サンティアゴ・コロンバット (クラブ・レオン)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

提携クラブ編集

脚注編集

外部リンク編集