シンフォニエッタ (モーラン)

シンフォニエッタ(Sinfonietta)は、イギリス作曲家アーネスト・ジョン・モーランが作曲した管弦楽曲である。

作曲の経緯編集

本来は2番目の交響曲として着想されたものであった。ただし、未完に終わった交響曲第2番とは別のものである。BBCの音楽監督に就任したアーサー・ブリスからの委嘱を受け、1940年にBBCのために書き始めたものだった。作曲中に当初の方針を変更し、1944年に小規模な管弦楽曲として完成した。

初演編集

1945年3月7日、BBCのラジオ放送において初演された。演奏はジョン・バルビローリ指揮、BBC交響楽団による。

作品の内容編集

三つの楽章から成り立っており、第2楽章は変奏曲である。交響曲における苛烈さは影を潜め、やや古典的な作風である。第3楽章では従来の作風に近い響きとなり、交響曲と同様打楽器が効果的に用いられる。

第1楽章 Allegro con brio編集

ハ長調和音打撃とともに弦楽器に細かく動き回る快活な主題が現れる。木管のゆったりした旋律が応じ、弦と木管が歌いかわす。ややテンポを速めて舞曲調になるが、薄い響きの中に収束し、ホルン・ソロとなる。突如冒頭の主題が再び現れる。木管の旋律も再現され、冒頭主題のリズムを使って盛り上げてゆき、頂点で曲を閉じる。演奏時間約6分。

第2楽章 Tema con variazioni編集

ト長調。主題と六つの変奏曲からなる。

  • 主題 弦楽器主体のゆったりとした旋律である。木管が寂しげにからむ。
  • 第1変奏 木管主体であり、薄暗い響きである。細やかな動きの伴奏。
  • 第2変奏 ティンパニの打撃にホルンがシンコペーションで応じ、弦楽器の細かい音形を導き出し、トランペットが歌う。
  • 第3変奏 弦のピッツィカートの伴奏で木管が静かに歌う。
  • 第4変奏 弦と木管の対話。暗く美しい。
  • 第5変奏 フルート・ソロに弦楽器が寄り添う。
  • 第6変奏 ファゴットやフルートが弦楽器のどっしりした伴奏で歌うが、やがて弦楽器主体となり、盛り上がる。しかし再び静かになり、消えてゆく。演奏時間約10分。

第3楽章 Allegro risoluto編集

ハ長調。全合奏で開始される。シンコペーションが特徴的な旋律である。木管から金管へ受け渡され、弦が確保すると金管に賛歌風の旋律が現れる。弦楽器が細やかな音形で伴奏する。ピッツィカートで冒頭主題を出すと、新たなやや暗い旋律を出す。木管と弦主体で進んでゆくが、途中に金管も挟まれる。舞曲風に展開され、冒頭主題が再現される。最後は全合奏で主題を奏し、弦楽器の先導で不協和音を幾度か全合奏でぶつけ、ついにハ長調主和音上に終結する。演奏時間約6分。

録音編集

下記のものが比較的容易に入手できる。

参考文献編集

上記CDのライナー・ノートにおけるLewis Foremanによる解説。下記サイトのデータなど。

外部リンク編集