シール・ハーン・ナセル

1910年にカリフォルニア州で撮影

シール・ハーン・ナセルとは、アフガニスタンの政治家・実業家である。ナセルはハローティー族の族長(大ハーン)の家系に生まれ、1930年にクンドゥーズ地方の知事を務めた[1]シール・モハマド・ナセルとも。

人生編集

ナセルはアフガニスタン南部にあるガズニーハローティー族ギルザイ部族連合)の族長の息子として生まれた。しかし20世紀初頭にバーラクザイ朝ドゥッラーニー部族連合)のアミール(国王)のアブドゥッラフマーン・ハーンは政敵を弱体化させるために、ナセルの家族をガズニーからアフガニスタン北部に追放した[2]。ナセルはクンドゥーズを建設し郊外を開発する産業運動を立ち上げた。ナセルはまたスピンザー・コットン・カンパニーの創始者としても知られており、後にシルハン・バンダルと呼ばれることになるキゼル・カラ港(Qizel Qala)を開港した[3][4]。さらに「シルハン陸上港学校」(Sher Khan Dry Port School)のように彼の名前を冠した学校がを幾つもあるが[5][6][7][8][9][10][11]、バークラザイの王はガズニーのハーンに王位を奪われることを恐れてシールハーンを殺害したという噂が幾つもある[12]

遺産編集

ナセルの甥のゴラム・セルワール・ナセルは開発を続けて、スピンザーの工場労働者のために新しい住宅・学校・病院を建設し、クンドゥーズを経済的に繁栄した街に変えた[13]。クンドゥーズはアフガニスタンで最も富裕な州の1つになり、スピンザー・コットン・カンパニーは約2万人を雇用する国内最大かつ最も成功した私企業に成長した[14]。ナセルの名前を冠した学校からはグルブッディーン・ヘクマティヤール[15][16]やファルハド・ダリア、[6] サドルディン・サハル博士 [17]スレーマン・カカル[18]などの有名人を輩出している。なお歌手のファルハド・ダリアはナセルの孫である。

脚注編集

  1. ^ Ludwig W. Adams (1979). First supplement to the Who's who of Afghanistan: Democratic Republic of Afghanistan. Akademische Druck- u. Verlagsanstalt. p. 41. ISBN 978-3201011136. 
  2. ^ Peter Tomsen (2011). The Wars of Afghanistan: Messianic Terrorism, Tribal Conflicts, and the Failures of Great Powers. PublicAffairs. p. 42. https://books.google.com/books?id=zz9_Ve29eL0C&pg=PA42. 
  3. ^ Wörmer, Nils (2012). "The Networks of Kunduz: A History of Conflict and Their Actors, from 1992 to 2001" (PDF). Stiftung Wissenschaft und Politik. Afghanistan Analysts Network. p. 8
  4. ^ Grötzbach, Erwin: Afghanistan, eine geographische Landeskunde, Darmstadt 1990, p. 263
  5. ^ Roy, O.; Sfeir, A.; King, J., eds. The Columbia World Dictionary of Islamism. p. 130. https://books.google.com/books?id=rNrMilgHKKEC&pg=PA130. 
  6. ^ a b Books LLC (Editor). “Afghan Composers: Farhad Darya”. BARNES&NOBLE. 2015年3月22日閲覧。
  7. ^ Wahidullah (2011年3月3日). “School building constructed in Kunduz”. PAJHWORK AFGHAN NEWS. 2015年3月22日閲覧。
  8. ^ Hekmatyar, Gulbuddin (1948-)”. UC Press E-Books Collection, 1982-2004. 2015年3月22日閲覧。
  9. ^ Kakar, H.M.: The Soviet Invasion and the Afghan Response, 1979-1982, p. 307
  10. ^ Biography of Doctor Sadruddin Sahar Deputy for Administrative and Financial Affairs Ministry of Commerce and Industries”. Islamic Republic of Afghanistan. 2015年3月22日閲覧。
  11. ^ Afghan Biographies -Kakar, Sulaiman”. Afghanistan Online. 2015年3月22日閲覧。
  12. ^ del Castill, Graciana. Guilty Party: The International Community in Afghanistan. p. 58. https://books.google.com/books?id=iBVwAwAAQBAJ&pg=PA58. 
  13. ^ Emadi, Hafizullah. Dynamics of Political Development in Afghanistan. The British, Russian, and American Invasions. p. 60. https://books.google.com/books?id=JZ1gAQAAQBAJ&pg=PA60. 
  14. ^ Louis Dupree (2002). Afghanistan. Oxford University Press. p. 474. ISBN 978-0195776348. 
  15. ^ http://publishing.cdlib.org/ucpressebooks/view?docId=ft7b69p12h;chunk.id=s1.17.8;doc.view=print
  16. ^ Kakar, H.M.: The Soviet Invasion and the Afghan Response, 1979-1982, p. 307
  17. ^ http://moci.gov.af/en/page/7514/7523/7679
  18. ^ http://www.afghan-bios.info/index.php?option=com_afghanbios&id=2436&task=view&total=2916&start=1234&Itemid=2