メインメニューを開く

シー・オービット作戦(Operation "Sea Orbit")は、1964年アメリカ海軍が実施した燃料無補給での世界一周航海のこと。

概要編集

 
右下から
原子力空母 エンタープライズ
原子力ミサイル巡洋艦 ロングビーチ
原子力嚮導ミサイルフリゲート ベインブリッジ

航海の実施にあたった第1任務部隊(task force one)は、原子力空母エンタープライズ(CVAN-65)」、原子力ミサイル巡洋艦「ロングビーチ(CGN-9)」、原子力嚮導ミサイルフリゲート艦「ベインブリッジ(DLGN-25)」の3隻の原子力推進艦からなり、65日間をかけて、燃料無補給世界一周を達成した。

第1任務部隊は、1964年7月31日に出港した。第1任務部隊は、ラバトモロッコ)、ダカールセネガル)、フリータウンシエラレオネ)、モンロビアリベリア)、アビジャンコートジボワール)、ナイロビケニヤ)、カラチパキスタン)、フリーマントルメルボルンおよびシドニーオーストラリア)、ウェリントンニュージーランド)、ブエノスアイレスモンテビデオアルゼンチン)、サントスリオデジャネイロレシーフブラジル)に寄港し、10月3日に帰還した。ただし、エンタープライズは、カラチ、シドニー、リオ・デ・ジャネイロにしか入港していない。

2004年7月30日、シー・オービット作戦40周年記念行事がエンタープライズ艦上で開催され、作戦の元参加者たちが参集した[1]

脚注編集