シー・ハルク:ザ・アトーニー

シー・ハルク:ザ・アトーニー』(She-Hulk:Attorney at Law)は、マーベル・スタジオが製作するアメリカ合衆国インターネットテレビドラマシリーズ。2022年8月18日にDisney+にて配信され、全9話で構成される[1][2][3]

She-Hulk:Attorney at Law
シー・ハルク:ザ・アトーニー
ジャンル ドラマ
スーパーヒーロー
原作 スタン・リー
ジョン・ビュッセマ
シー・ハルク
原案 ジェシカ・ガオ
脚本 ジェシカ・ガオ
監督 カット・コイロ
出演者 タチアナ・マスラニー
マーク・ラファロ
ティム・ロス
ジャミーラ・ジャミル
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 9
製作
製作総指揮
ケヴィン・ファイギ
ルイス・エスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
カット・コイロ
ジェシカ・ガオ
ブラッド・ウィンターバウム
製作 マーベル・スタジオ
配給 ディズニー・メディア・ディストリビューション
放送
放送チャンネルDisney+
テンプレートを表示

ムーンナイトミズ・マーベルに続き、サブスクサービスMarvel Unlimited(英語版)を使った関連アメコミが無料で読めるQRコードがドラマの映像中に隠されて書かれている。[4]

あらすじ編集

30代の独身、ジェニファー・ウォルターズは、弁護士として苦労三昧な生活を送っている。ある日、ある事故により、従兄弟のブルース・バナー/ハルクの血液にふれてしまい、シーハルクとなってしまう。そんな彼女の前に立ちはだかるのは、シーハルクの商標権を主張する、メアリー/タイタニア、釈放を要求するエミル/アボミネーション、ジェニファーのシーハルクとしての新たな弁護士とヒーローを両立した生活が始まるのだった。

登場人物・キャスト編集

ジェニファー・ウォルターズ / シー・ハルク
演 - タチアナ・マスラニー、日本語吹替 - 井上麻里奈[5]
超人法を専門とするGLK&H事務所の弁護士で、ある事故により従兄弟のブルース・バナーの血液で誤って交差汚染された後、バナーが変身したハルクに似たように大きくて力強く緑がかった姿のシー・ハルクとなる。ブルースとトレーニングをすることで、ある程度能力を使いこなすことが出来るようになった。私生活でも彼氏を探す為に色んな男性と交流しているが苦労している。
ブルース・バナー / スマート・ハルク
演 - マーク・ラファロ、日本語吹替 - 宮内敦士[5]
スーパーソルジャー計画の再現実験の失敗により、ガンマ線を大量に浴びた影響により、緑色の大男ハルクに変身してしまう体質となった天才科学者でアベンジャーズのメンバーであり、ジェニファーの従兄弟。現在はガンマ実験で彼とハルクの2つの側面のバランスを取り、バナーはジェニファーをスーパーヒーローにさせるためにメキシコで彼女と訓練する。
エミル・ブロンスキー / アボミネーション
演 - ティム・ロス、日本語吹替 - 三木眞一郎[注 1][5]
実験的治療の後、超人血清を過剰投与されハルクに似た姿に変身した、ロシア生まれのイギリス育ちの元第3コマンドー旅団の兵士でありジェニファーへの依頼人の一人。変身した状態でも自我を保つことができるようになっており、ジェニファーやウォンの助けもあり、その後変身しない事を条件に仮釈放を受けた。彼は改心して「アボマステ」と呼ばれるウェルネスリトリートのオーナーになった。
メアリー・マクファーレン / タイタニア英語版
演 - ジャミーラ・ジャミル、日本語吹替 - 加藤英美里[5]
シー・ハルクに匹敵する恐ろしい怪力と強さを持っているソーシャルメディアのインフルエンサー。シーハルクという名前に執着しており、ジェニファーに対して嫉妬心を持っている。裁判の最中に襲撃するもジェニファーの返り討ちに遭い警備員に拘束された。その後、ジェニファーに対してシーハルクの商標権を巡って裁判をするも敗訴するが、自身の化粧品の会社の展示会で自身がシーハルクである事を大々的に流そうと企んだ。ジェニファーが参加したパーティーでも襲撃するが人前で恥を掻いたため退散した。
ウォン
演 - ベネディクト・ウォン、日本語吹替 - 田中美央[5]
以前にブロンスキーと戦ったカマー・タージの書庫を管理・守護する至高の魔術師(ソーサラースプリーム)。エミルの証人として出廷する。
ニッキ・ラモス
演 - ジンジャー・ゴンザーガ英語版、日本語吹替 - 原島梢
ジェニファーの親友。
マロリー・ブック英語版
演 - レネイ・エリース・ゴールズベリイ、日本語吹替 - 斎藤恵理
ジェニファーのライバルである優秀な弁護士。
オーガスタス・“パグ”・パグリース
演 - ジョシュ・セガーラ英語版 、日本語吹替 - 祐仙勇
ジェニファーやニッキと共に働くGLK&H寺務所の法務チームのメンバー。
モリス・ウォルターズ
演 - マーク・リン・ベイカー英語版 、日本語吹替 - 星野充昭
ジェニファーの父親。
エレイン・ウォルターズ
演 - テス・マリス・キンケイド、日本語吹替 - すずき紀子
ジェニファーの母親。
トッド
演 - ジョン・バス英語版、日本語吹替 - 若林佑
ジェニファーとオンラインでデートをしようと決めた潜在的な求婚者。
マディスン・キング
演 - パティ・グッゲンハイム、日本語吹替 - 石田嘉代
後にウォンの友人となる。
ユージーン・パティリオ / フロッグマン
演 - ブランドン・スタンリー
不気味な蛙のアーマースーツに身を包んだ怪人。
マット・マードック / デアデビル
演 - チャーリー・コックス
ニューヨークヘルズ・キッチンで活動する盲目の弁護士。Netflixドラマ版と異なり、ヘルメットが赤色から黄色となっている。
ドニー・ブレイズ
演 - リス・コイロ、日本語吹替 - 浜田賢二
マスターズ・オブ・ミスティック・アーツに所属していた売れないマジシャン。
コーネリアス・P・ウィローズ
演 - レオン・ラマー、日本語吹替 - 鈴木琢磨
ドニーの相棒。
ルーク・ジェイコブソン
演 - グリフィン・マシューズ、日本語吹替 - 太田哲治
スーパーヒーローのユニフォーム制作を専門とするファッションデザイナーで、ジェニファーがシー・ハルクの姿に変身したり、移行したりするときに必要な新しいユニフォームを制作する。
ホールデン・ホリウェイ
演 - スティーヴ・コールター、日本語吹替 - 飛田展男
ジェニファーの上司。
デニス・ブコウスキー
演 - ドリュー・マシューズ、日本語吹替 - 森宮隆
ロサンゼルス郡地方検事局の弁護士。
いとこのチェド
演 - ニコラス・シリロ、日本語吹替 - 新田英人
ミーガン・ザ・スタリオン
演 - 本人
ダンサーにして歌手。3話の終盤でジェニファーの法律事務所に訪れた。
ルナ
演 - ペグ・オキーフ、日本語吹替 - 定岡小百合
ミーガンになりすまし、ブコウスキーを騙したニュー・アスガルドの形を変えるライト・エルフ。
レッカー英語版
演 - ニック・ゴメス英語版、日本語吹替 - 内野孝聡
ジェニファーのDNAを奪う目的で襲撃した4人組のチンピラ集団レッキング・クルー英語版のリーダー。武器はかつてニューアスガードの建設業者からこっそりネコババした工具を武器にしている。
サンダーボール英語版
演 - ジャスティン・イートン
レッキング・クルーのメンバー。その他のメンバーにもパイルドライバー、ブルドーザーが居る。
クレイグ・ホリス / ミスター・イモータル英語版
演 - デイヴィッド・パスケシ
ムザファー・ランバート / サラセン英語版
演 - テレンス・クロウ
吸血鬼。
アレハンドロ・モントーヤ / エル・アギラ英語版
演 - ジョセフ・カスティーヨ=ミディエット
自身の体から電気を生成する能力を持つ熟練した剣士。
アレキサンダー・ジェントリー / ポーキュパイン英語版
演 - ジョーダン・アーロン・フォード
ハリネズミの様な自作のアーマーを着たヴィランの武器デザイナー。
ウィリアム・トーレンス / マンブル英語版
演 - ネイト・ハード
人間と牛のハイブリッド。

エピソード編集

1『普通レベルの怒り』(英語版)2022年8月18日(木曜日)配信

監督 カット・コイロ(英語版) 脚本 ジェシカ・ガオ(英語版)

2『超人の訴訟』(英語版)8月25日配信

監督 カット・コイロ 脚本 ジェシカ・ガオ

3『エミルブロンスキーの仮釈放』(英語版)9月1日配信

監督 カット・コイロ 脚本 Francesca Gailes & Jacqueline J. Gailes

4『本物のマジックとは?』(英語版)9月8日配信

監督 カット・コイロ 脚本 Melissa Hunter

5 『ノリノリ、緑、デニムの着こなしバッチリ』(英語版)9月15日配信

監督 Anu Valia(英語版) 脚本 Dana Schwartz(英語版)

6『ただのジェン』9月22日配信

監督 Anu Valia 脚本 Kara Brown

7 9月29日配信予定

8 10月6日配信予定

9 10月13日配信予定

(配信日は公式サイト予定[6])

製作編集

開発編集

キャスティング編集

撮影編集

マーケティング編集

リリース編集

当初は2022年8月17日から配信予定としていたが、同月4日に1日後ろ倒しの同月18日からの配信開始に変更となった。以降のエピソードについても毎週木曜日配信となる[3][7]

将来編集

2019年11月、ファイギは、ドラマでシー・ハルクを紹介した後、キャラクターがマーベル・シネマティック・ユニバースの映画にクロスオーバーすると述べた[8]

脚注・出典編集

  1. ^ インクレディブル・ハルク』では、檀臣幸が担当していた。
[脚注の使い方]
  1. ^ ディズニープラスの日(ディズニープラス・デイ)で発表された注目新作ラインナップ情報!”. Disney+ (ディズニープラス)公式 (2021年11月19日). 2022年5月7日閲覧。
  2. ^ MCUドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』8月17日配信開始! 初の予告編を解説&考察”. VG+ (バゴプラ) (2022年5月21日). 2022年6月4日閲覧。
  3. ^ a b 「シー・ハルク」毎週木曜配信に変更 ─ ケヴィン・ファイギ「マーベル・スタジオ作品の概念を超える」”. THE RIVER (2022年8月4日). 2022年8月5日閲覧。
  4. ^ 【ネタバレ】「シー・ハルク」第1話に隠し要素 ─ スマホを持ってドラマを観よう | THE RIVER - Part 2” (日本語). THE RIVER (2022年8月20日). 2022年9月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e “井上麻里奈、三木眞一郎、加藤英美里らマーベルドラマ「シー・ハルク:ザ・アトーニー」日本版声優に決定”. シネマトゥデイ. (2022年8月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0131793 2022年8月16日閲覧。 
  6. ^ マーベルドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』公式サイト|ディズニープラス”. Disney+ (ディズニープラス)公式. 2022年9月23日閲覧。
  7. ^ マーベル新作「シー・ハルク:ザ・アトーニー」8.17配信決定!ハルク、アボミネーション、ウォンも登場”. シネマトゥデイ (2022年5月18日). 2022年8月5日閲覧。
  8. ^ Marvel’s Kevin Feige Breaks Silence on Scorsese Attack: “It’s Unfortunate” (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2019年11月10日). 2022年5月7日閲覧。

外部リンク編集