ジェイド・レイモンド

E3 2007にて。

ジェイド・レイモンド(Jade Raymond, 1975年8月28日 カナダ モントリオール[1][2] - )は、カナダのコンピュータゲームプロデューサー。G4のテレビ番組『The Electric Playground』の司会も務めている。

人物編集

マギル大学でコンピュータ科学などを学び、ソニーへプログラマーとして就職、そしてソニーオンライン初の研究開発チーム設立に携わった。それから エレクトロニック・アーツで『The Sims Online』のプロデューサーとして働き、ユービーアイソフトのモントリオール・スタジオで『アサシン クリード』のプロデュースを行った。

ヴィクター・ルーカス(Victor Lucas)、トミー・タラリコ(Tommy Tallarico)、ジュリー・ストッファー(Julie Stoffer)らと共にG4の番組『The Electric Playground』の司会を務めている。

また、「LOVE」という、カナダにおける児童暴力根絶を目的としたNPOにも参加している[3]。 彼女は自身を熱心なゲーマーと考えている[4]

2014年10月にユービーアイソフトを退社した後、2015年7月にエレクトロニック・アーツに入社した。2019年3月にはGoogleに入社し、同社の提供するクラウドゲームサービスGoogle Stadiaを開発するStadia Games and Entertainmentの責任者を務めている。[5]

携わった作品編集

ソニー・オンライン・エンタテインメント編集

エレクトロニック・アーツ編集

  • The Sims Online(2002年) - プロデューサー[7]

There Inc編集

  • There(2003年) - プロデューサー/Art[8]

ユービーアイ・モントリオール編集

ユービーアイ・トロント編集

脚注編集

外部リンク編集