メインメニューを開く

ジェイムズ・ブルース (第8代エルギン伯爵)

第8代エルギン伯爵および第12代キンカーディン伯爵ジェイムズ・ブルース: James Bruce, 8th Earl of Elgin and 12th Earl of Kincardine, KT, GCB, KSI, PC1811年7月20日 - 1863年11月20日)は、イギリス政治家植民地行政官外交官スコットランド貴族エルギン伯爵ブルース家に生まれ、1841年サウサンプトン選挙区英語版選出の庶民院議員として政界入り。同年爵位を継承。1842年に植民地行政官に転じ、ジャマイカ総督英語版(在職1842年-1846年)、ついで連合カナダ植民地総督英語版(在職1847年-1854年)に就任した。1849年連合王国貴族エルギン男爵に叙され、貴族院議員に列する。1857年には特命全権使節として中国へ派遣され、アロー戦争で英軍を指揮して軍を撃破し、1858年天津へ進撃して天津条約を締結。その直後に日本にも軍艦を率いて現れ、江戸を海上封鎖し、その結果として日英修好通商条約を締結した。1859年に英国に帰国した際に第2次パーマストン子爵内閣郵政長官英語版に就任したが、1860年のアロー戦争再戦で再び特命全権使節として中国へ派遣されて英軍の指揮を執った。清軍を破って北京を占領した後、北京条約の締結を行った。1862年インド副王兼総督に就任したが、在任中の1863年にインドで死去した。

第8代エルギン伯爵
ジェイムズ・ブルース
James Bruce, 8th Earl of Elgin
Elgin.png
8代エルギン伯
生年月日 1811年7月20日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドン
没年月日 1863年11月20日 (52歳没)
死没地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国パンジャーブ州、ダラムシャーラー
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 無所属
称号 第8代エルギン伯爵、第12代キンカーディン伯爵、キンロスの第8代ブルース卿、トーリーの第12代ブルース卿、エルギンの初代エルギン男爵、シッスル勲章ナイト(KT)、バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、枢密顧問官(PC)
配偶者 エリザベス・ブルース
メアリー・ブルース英語版
親族 第7代エルギン伯爵(父)
チャールズ・カミング=ブルース英語版(義父)
初代ダラム伯爵(義父)
トマス・ブルース英語版(弟)
第9代エルギン伯爵(長男)
ロバート・ブルース英語版(次男)
サイン James Bruce, 8th Earl of Elgin and 12th Earl of Kincardine Signature.svg

在任期間 1842年 - 1846年
女王 ヴィクトリア

在任期間 1847年 - 1854年
女王 ヴィクトリア

内閣 第2次パーマストン子爵内閣
在任期間 1859年 - 1860年

在任期間 1862年3月21日 - 1863年11月20日
女帝 ヴィクトリア

選挙区 サウサンプトン選挙区英語版
在任期間 1841年 - 1842年

その他の職歴
イギリスの旗 貴族院議員
1849年 - 1863年
テンプレートを表示

経歴編集

生い立ち編集

1811年7月20日スコットランド貴族で外交官の第7代エルギン伯爵・第11代キンカーディン伯爵トマス・ブルースと、その2人目の妻メアリ(旧姓オズヴァルド)の間に第1子として生まれる。イートン・カレッジを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ[1]。イートン校で後の首相ウィリアム・グラッドストンと出会い、二人は生涯の友人となった[2]

大学を優秀な成績で卒業した後、地元ファイフに帰り父の借金の処理にあたった[3]。政治家を志し、1834年には『英国選挙民への書簡』を発表し、人気が下降していた保守党党首の初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー擁護論を展開した[3]

議会入り編集

1839年ファイフ選挙区英語版から庶民院議員選挙に出馬するも落選[3]。しかし1841年総選挙英語版ハンプシャー州のサウサンプトン選挙区英語版から当選し、独立会派の庶民院議員となった[4]

1840年に異母兄ジョージが死去したため、エルギン伯爵位の法定推定相続人となり[2]、翌年11月14日に父が死去したことで爵位を継承した。継承した爵位は全てスコットランド貴族だったのでこの継承で貴族院議員に転じることはなかった。

ジャマイカ総督編集

1842年には保守党政権の陸軍・植民地大臣のスタンリー卿エドワード・スミス=スタンリーの要請を受け入れて庶民院議員を辞してジャマイカ総督英語版に就任した[3]

スコットランド啓蒙主義英語版を掲げてジャマイカ統治に臨み、ジャマイカの近代化・市民社会化を目指した。スコットランドから導入した手法、例えば農業促進協会を設置しての新農業の普及、聖書や訓育書の学習の普及、職業技術向上のための職業訓練学校の創設、西インド諸島全域の行政機構の効率化などに努めた。黒人奴隷解放後の混乱する社会情勢の中、公正な態度により白人植民者からも黒人からも広く尊敬される総督となった[3]

1846年に帰国。ホイッグ党政権の陸軍・植民地大臣第3代グレイ伯爵ヘンリー・グレイからジャマイカ総督再任を要請されたが断った[5]

カナダ総督編集

 
1849年に描かれたエルギン伯の肖像

ホイッグ党政権からも高く評価されていたため、1847年1月には連合カナダ植民地総督英語版に着任した[5]

カナダでは1841年アッパー・カナダローワー・カナダが統合されて連合カナダ植民地英語版となっていた。この統合はローワー・カナダに多いフランス系住民をイギリス系住民が圧倒・吸収することを目指したものだったが、当時のカナダの政治情勢はそのような意図が実現できる状態ではなかった。それを見て取ったエルギン伯爵は、1848年にカナダ東部 (旧ローワーカナダ)のルイ・ラフォンテーヌ英語版とカナダ西部 (旧アッパーカナダ)のロバート・ボールドウィン英語版に共同組閣を依頼し、カナダ共同首相英語版に就任してもらって責任政府英語版を立ち上げた[6]

自由貿易信奉者であるエルギン伯爵は、カナダの殖産興業に努め、自国と競合する方向性を打ち出した[5]。また英系住民と仏系住民の対立の緩和のため、カナダ公文書には英語・フランス語双方を認め、彼自身もカナダ議会では英語フランス語双方の言葉で演説した[5]

またアメリカ合衆国との関係を重視し、1854年6月5日にはアメリカ国務長官ウィリアム・マーシーとの間に小麦、穀物、家禽類、魚類、羊毛・木綿、鉱石・貴金属などの商品取引、セントローレンス川ミシガン湖の航行権などを取り決めた[7]

またカナダ総督在任中の1849年11月13日連合王国貴族爵位のエルギンのエルギン男爵に叙され、貴族院議員に列している。

1854年12月にエドムンド・ウォーカー・ヘッド英語版準男爵と交代して英国へ帰国した[7]

アロー戦争 天津条約まで編集

1856年10月にアロー号事件が発生。英国首相の第3代パーマストン子爵ヘンリー・テンプルはこれを機に清政府に更なる市場開放を迫る条約改正を狙い、1857年春の総選挙英語版に勝利して議会から中国出兵の許可を得た後、1857年3月25日にエルギン伯を中国に送る特命全権使節に任じた[8]

エルギン伯はフランスに渡って英仏軍共同での中国出兵を確認した後、5月9日に5000人の遠征軍とともに中国へ出発した[8]。しかしその間にインドセポイの反乱が発生したため、6月3日にエルギン伯がシンガポールに到着した際、インド総督チャールズ・カニングの要請で中国遠征軍の一部をカルカッタへ送ることになった。そのため7月2日に香港に到着した際にエルギン伯が率いる中国遠征軍は1500人規模まで縮小されていた[8]。本国の外相第4代クラレンドン伯爵ジョージ・ヴィリアーズもインド危機の前には中国遠征など二義的な問題であるとして、当面武力行使は広東に限定して北京への進攻は見合わせるようエルギン伯爵への訓令を修正した[9]

10月16日にフランス特命全権使節ジャン・バティスト・ルイ・グロが香港に到着し、11月からはインドの補充部隊も到着して英仏連合軍5600人、汽走砲艦30隻から成る戦力が整った。東インド艦隊司令長官英語版サー・マイケル・シーモア英語版提督が抗英闘争の激化で撤退を余儀なくされた河南の再占領を決定したエルギン伯は12月12日に広東入城許可、条約義務履行、損害賠償支払いを求める最後通牒を清政府に発した[9]

清側の両広総督葉名琛にそれを受諾する権限はなかったため、英軍はただちに河南を占領して11月28日に広東砲撃を開始し、翌日に陥落させると英仏連合軍5700人が上陸して広東を占領した[9]。1858年2月12日にエルギン伯は北京に照会を送り、3月末までに上海において条約改正交渉を開始することを要求したが、清側は交渉窓口は広東のみという姿勢を崩さなかった。その時の英海軍は占領下広東やその他条約港の権益保護に忙殺されていて北京まで進撃するのは困難な状況だったが、エルギン伯は北航が遅れて清政府にあなどられることを恐れて北京への武力行使を決定した[10]

インドの反乱や広東抗英闘争の余波で吃水の浅い小型汽走砲艦の白河口への結集が遅れた上、エルギン伯とシーモア提督の間で意見対立が発生し、なかなか戦略が決まらなかったが、5月18日になって白河封鎖と天津侵攻の方針が決まった。その2日後に英仏軍は大沽砲台を占領し、5月30日にはエルギン伯とグロは天津に到着することができた[11]

6月26日に清政府との間に天津条約を締結し、北京に公使を駐在させること、キリスト教布教を公認すること、国内河川航行権を許可すること、賠償金支払い、アヘン輸入公認などを清政府に認めさせた[12]。しかし北京での皇帝との会見や天津に占領軍を駐屯させることは求めず、6週間後には全軍を南方へ撤収させた[13]。これは天津に占領軍を置けるほど戦力的余裕がなかったことと、依然として広東は英軍占領下にあるから、それによって清政府に対する条約履行強制力は確保できるという考えに加え、太平天国の乱が激化する中、北京を占領して清朝の威信を傷つければ清朝そのものが崩壊する恐れが高かったことがある。たとえ衰退する専制封建主義体制であっても、イギリスにとって中国貿易を保証する「安定した中央政府」の存在は不可欠だったのである[14]

日本との通商条約編集

 
江戸幕府と条約交渉を行うエルギン伯を描いた絵画

本国外相クラレンドン伯の訓令によりエルギン伯には、日本に侵攻し、通商条約を締結し、日本にアヘンを売りつける役目も与えられていた。そのため1858年7月6日に天津を退去したエルギン伯は日本へ向かうことになった。7月30日上海を4隻の艦隊で出発、8月3日安政5年6月24日)に長崎に到着、8月12日(7月4日)には品川沖に停泊し、江戸を砲撃し、海上封鎖した。

エルギン伯の日本遠征には当初東インド艦隊司令長官シーモア提督も十分な海軍力を率いて同行する予定であった。ところがシーモア提督は訓令を無視して10隻以上の艦船を上海から香港へ帰還させ、自身も一時長崎に寄港したもののすぐに香港へ引き返してしまった[15]。そのためエルギン伯に率いられて日本にやってきた艦船はわずかに蒸気船3隻、蒸気フリゲート艦レトリビューション号、フュリアス号、リー号、そして江戸幕府に贈呈した快速船エンペラー号だけという大国イギリスとしては貧弱な戦力となった。それでもエルギン伯は、もし締結を拒むなら50隻の艦船を率いて戻ってくることと、アヘンを売りつけると言って、江戸幕府を脅迫した。8月26日には日英修好通商条約を締結することに成功した[16]江戸に駐在公使を置くこと、下田箱館長崎新潟兵庫を開港して江戸と大阪を開市し、駐在領事を置くこと、輸出・輸入に制限は設けないこと、駐日英国民の領事裁判権を認めること、信教の自由を尊重すること、日本側には関税自主権はないことなどを認めさせた[17]

一度中国へ戻らねばならないという時間的制約がある中、条約交渉が清政府に対するそれより容易に進んだこともあって、日本に対してはいい印象をもって離日したようである。「この忌まわしい東洋に着任して以来、愛惜の念をもって離れる唯一の土地」と友人への手紙の中で書いている[18]

アロー戦争 北京条約まで編集

 
北京に入城するエルギン伯を描いた絵画
 
北京に入城するエルギン伯を描いた絵画

日本を離れ、1858年9月3日に上海に戻ったエルギン伯は、上海会議において税率改定、内地通過税の限定、アヘン貿易の合法化を内容とする通商章程善後条約を清政府との間に締結した。天津条約で開港された揚子江流域の鎮江九江漢口を視察した後、1859年3月にイギリスへの帰国の途に就いた[16]

帰国後、エルギン伯はパーマストン子爵内閣郵政長官英語版に就任した[19]。また1859年には、秘書のローレンス・オリファントが中国・日本滞在中の記録をまとめた本を出版した(日本の部分のみ『エルギン卿遣日使節録』として日本語訳されている)[20]

ところが、清政府にとって天津条約は英仏連合軍の北京進攻を防ぐための便宜的手段でしかなかったから、その後も条約を守ろうとしなかった。特に公使の北京駐留、内地旅行、内港開港については実行する意思をまるで見せなかった。そのため英仏連合軍は再度武力行使する必要に迫られた[21]

1860年3月8日に英仏両国は清政府に最後通牒を発し、4月にはエルギン伯とグロが再度特命全権使節に任命されて中国に派遣された。この時にはインド反乱も鎮圧されていたためカルカッタから大規模な戦力を集めることができ、7月末までにはイギリス軍1万3000人・艦船70隻、フランス軍7000人・艦船30隻という中国遠征軍が整えられた。英仏連合軍は8月31日には再度大沽砲台を占領。連合軍は8月24日の天津交渉と9月18日の通州交渉をいずれも破談させ、交渉場所を徐々に北京へ近づけていき、ついに北京を無血占領した[22]。この際にエルギン伯はイギリス人捕虜が虐待された報復として円明園を破壊させた。

10月24日に清政府との間に北京条約を調印し、天津条約の批准書を交換した[23]。賠償金増額、新たに天津の開港、九竜半島割譲などを清政府に認めさせた[24]

1861年4月に再びイギリスへ帰国した[19]

インド総督編集

帰国後一か月もたたないうちにカニングの後任としてインド副王兼総督に任命され、1862年3月にカルカッタに着任した[19]

ジャマイカやカナダの統治と同様にスコットランド啓蒙主義と自由貿易主義を旨としてインド統治に臨んだ。母国スコットランド人の技師をインドに招来し、運河・道路・湾岸・鉄道などインフラ建設を押し進めた[25]。特に鉄道はカルカッタを中心とした鉄道網ネットワークを提唱するなど熱心に取り組んだ[26]。エルギン伯が招来したスコットランド技師たちはインドから中国・日本・オーストラリアニュージーランドにも流れていった[26]

またパンジャーブ州のシク教徒が中国遠征で勇戦したことを考慮してシクを重用する人事を行った[26]

カルカッタの酷暑に耐えられず、1863年2月には避暑地シムラへ移り、9月まで同地に滞在した。その帰途にパンジャーブ州・ダラムシャーラーで心筋梗塞を起こして死去した。もっとも在任期間の短いインド総督だった[18]。爵位は長男のヴィクター・ブルースが継承した[27]

栄典編集

爵位編集

1841年11月14日の父トマス・ブルースの死去により以下の爵位を継承した[4][27]

1849年11月13日に以下の爵位を新規に叙される[4][27]

  • エルギンの初代エルギン男爵 (1st Baron Elgin, of Elgin)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章編集

その他名誉職編集

家族編集

1841年4月22日、保守党の庶民院議員チャールズ・カミング=ブルース英語版の娘エリザベス・メアリー・カミング=ブルース(Elizabeth Mary Cumming-Bruce,生年不詳-1843)と最初の結婚をした。彼女との間に以下の娘を儲けた[4][27]

最初の妻エリザベスはエルギン伯がジャマイカ総督として着任した後、ジャマイカにおいて急逝[3]

1846年にホイッグ党急進派の政治家の初代ダラム伯爵ジョン・ラムトンの娘メアリー・ルイーザ・ラムトン英語版(Lady Mary Louisa Lambton, 生年不詳-1898)と再婚。彼女との間に以下の3男を儲けた[4][27]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ "Elgin and Kincardine, James, Earl of. (ELGN861J)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  2. ^ a b 北政巳 2010, p. 3.
  3. ^ a b c d e f 北政巳 2010, p. 4.
  4. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “James Bruce, 12th Earl of Kincardine” (英語). thepeerage.com. 2019年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c d 北政巳 2010, p. 5.
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「連合カナダ植民地」 コトバンク. 2019年5月8日閲覧。
  7. ^ a b 北政巳 2010, p. 6.
  8. ^ a b c 横井勝彦 2004, p. 162.
  9. ^ a b c 横井勝彦 2004, p. 163.
  10. ^ 横井勝彦 2004, p. 164-166.
  11. ^ 横井勝彦 2004, p. 167-169.
  12. ^ 北政巳 2010, p. 7.
  13. ^ 横井勝彦 2004, p. 170.
  14. ^ 横井勝彦 2004, p. 170-171.
  15. ^ 横井勝彦 2004, p. 171.
  16. ^ a b 横井勝彦 2004, p. 172.
  17. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「安政五ヵ国条約」 コトバンク. 2019年5月18日閲覧。
  18. ^ a b 浜渦哲雄 1999, p. 113-114.
  19. ^ a b c 浜渦哲雄 1999, p. 114.
  20. ^ 北政巳 2014, p. 66.
  21. ^ 横井勝彦 2004, p. 172-173.
  22. ^ 横井勝彦 2004, p. 174-175.
  23. ^ 横井勝彦 2004, p. 175.
  24. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「北京条約」 コトバンク. 2019年5月8日閲覧。
  25. ^ 北政巳 2014, p. 67.
  26. ^ a b c 北政巳 2014, p. 68.
  27. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Elgin, Earl of (S, 1633)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年4月21日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
アベル・ロース・ドッティン英語版
ダンカン子爵英語版
サウサンプトン選挙区英語版選出庶民院議員
1841年–1842年
同職:チャールズ・セシル・マーティン英語版
次代:
ハンフリー・セント・ジョン=マイルドメイ英語版
ジョージ・ウィリアム・ホープ英語版
公職
先代:
第2代コルチェスター男爵英語版
郵政長官英語版
1859年–1860年
次代:
アルダリーの第2代スタンリー男爵英語版
官職
先代:
サー・チャールズ・メトカーフ準男爵英語版
ジャマイカ総督英語版
1842年 - 1846年
次代:
ジョージ・バークリー英語版
先代:
第2代キャスカート伯爵英語版
連合カナダ植民地総督英語版
1847年 - 1854年
次代:
サー・エドムンド・ウォーカー・ヘッド準男爵英語版
先代:
初代カニング伯爵
インド総督
1862年 - 1863年
次代:
サー・ロバート・ネイピア英語版
(代理)
名誉職
先代:
ジェイムズ・アースキン・ウィームス英語版
ファイフ統監英語版
1854年–1863年
次代:
ジェイムズ・ヘイ・アースキン・ウィームス英語版
学職
先代:
第2代キャスカート伯爵英語版
キングスカレッジ総長
1847年–1849年
次代:
ピーター・ボイル・ド・ブラキエール英語版
(トロント大学総長)
先代:
初代リットン男爵
グラスゴー大学学長英語版
1859年1862年
次代:
第3代パーマストン子爵
スコットランドの爵位
先代:
トマス・ブルース
第8代エルギン伯爵
第12代キンカーディン伯爵

1841年 - 1863年
次代:
ヴィクター・ブルース
イギリスの爵位
爵位創設 エルギンの初代エルギン男爵
1849年–1863年
次代:
ヴィクター・ブルース