メインメニューを開く

ジェイムズ・リンジー (第26代クロフォード伯爵)

第26代クロフォード伯爵ジェイムズ・リンジー

第26代クロフォード伯爵および第9代バルカレス伯爵ジェイムズ・ルードヴィック・リンジー英語: James Ludovic Lindsay, 26th Earl of Crawford and 9th Earl of Balcarres1847年7月28日 - 1913年1月31日)は、イギリスヴィクトリア朝時代の天文学者である。王立天文学会のメンバーとなり、1878年から王立天文学会の会長を務めた。

若い頃から天文学に興味を持ち、スコットランドのアバディーンシャーの Dunecht に父親とともに私設の天文台を建設した。観測機器を揃える一方、当時最も貴重な天文学文献のコレクションである "Bibliotheca Lindesiana" を造り上げた。

1870年に日食の観測のためにスペインのカディスで観測を行い、1874年に金星の日面通過モーリシャスで観測を行った。

1888年にエディンバラ王立天文台が閉鎖されようとした時、クロフォード伯は観測設備と "Bibliotheca Lindesiana" を新天文台の建設のために寄付した。これによって1896年にブラックフォードヒルに新しい天文台が設立された。

1878年に王立協会フェローに選出され、1896年にはアザミ勲章を受勲した[1]

出典編集

外部リンク編集