メインメニューを開く

概要編集

10代後半頃から、地元ブルックリンで"Empty Sky"というジャズロックを融合したバンドでヴォーカル兼ベースを担当、地元では有名なバンドであった。また、Crockworkというハードロックバンドで1980年1983年まで活動し、その後ホワイトラインへ加入した。
ホワイトライオンを脱退した後は、ホワイトライオンで一緒にプレイしたドラムのGreg D'Angeloと共に、元キッスエース・フレーリーのバンドに加入したり、ザック・ワイルドが結成したPride and Gloryに加入した。またオジー・オズボーンの7作目のスタジオアルバム「オズモシス」のレコーディングにも参加したが、ジェームスのベースの録音が使われる事はなく、その後別のベーシストで録音し直されリリースされていた。

1995年に、元ガンズ・アンド・ローゼススラッシュのソロ・プロジェクト「スラッシュズ・スネイクピット」のツアー・メンバーとして参加し、1990年代後半から2000年代前半まではデイヴィッド・リー・ロスのバンドのツアーメンバーで活動した。また、2004年にザック・ワイルド率いるブラック・レーベル・ソサイアティに加入し、2005年10月ごろまで活動した。

2006年にはメガデスに加入し、アルバム「ユナイテッド・アボミネイションズ」と「Endgame」に参加したが、2010年に元メンバーのデイブ・エレフソンが復帰したため、脱退した。

その後、元ドッケンのギターリストのジョージ・リンチ率いるLynch Mobに加入したりなど、元ジューダス・プリーストのVoティム・オーウェンズセパルトゥラのGuアンドレア・キッサー、元SlayerのDrポール・ボスタフなどと共に「HAIL!」というハードロック/ヘヴィメタルのトリビュートバンドでも活動した。

その他編集

ミュージシャンだけなくグラフィック・アーティストとしても活動しており、ギルビー・クラークのソロ・アルバムにも手がけ、また元ホワイトライオンのボーカリストMike Trampのソロ・アルバムにも、ジェームスが撮った写真の作品が使われている。

2012年にはアメリカで放送されたリアリティ番組「The Amazing Race:Season 21」に出演した。

ディスコグラフィ編集

Rondinelli

  • Wardance

ホワイトライオン

  • Pride (1987)
  • Big Game (1989)
  • Mane Attraction (1991)
  • The Best of White Lion (1992)

Pride & Glory

  • Pride and Glory (album)|Pride & Glory (1994)

ザック・ワイルド

  • Book of Shadows (album)|Book of Shadows (1996)

デイヴィッド・リー・ロス

  • Diamond Dave (2003)

Hideous Sun Demons

  • Hideous Sun Demons (album)|Hideous Sun Demons (2004)

ブラック・レーベル・ソサイアティ

  • Hangover Music Vol. VI (2004)
  • Mafia (2005)

メガデス

ティム・オーウェンズ

  • Play My Game (2009)

外部リンク編集