メインメニューを開く

ジェイ・アール北海道バス琴似営業所

ジェイ・アール北海道バス 琴似営業所

ジェイ・アール北海道バス琴似営業所(ジェイアールほっかいどうバスことにえいぎょうしょ)は、ジェイ・アール北海道バスJRバス・JR北海道バス)が北海道札幌市西区二十四軒2条7丁目1番21号に設置する営業所である。

目次

概説編集

2003年(平成15年)4月1日札幌市交通局琴似自動車営業所(札幌市営バス)がJR北海道バスに移譲されたことにより発足した。

札幌都市圏の路線のうち、かつて札幌市営バスが担当していた路線を中心とした、主に札幌市中心部(中央区西区)の路線を担当する。路線全体の案内上の呼称としては「琴似エリア」が用いられる。移管直後しばらくの間は、札幌市営バスから引き継いだ路線路線を案内上「琴似線」と呼ぶこともあった[注 1]

本営業所は1営業所全体の移譲を受けるという点でJR北海道バスにとっては初のケースであり、市営バス時代から利用実績が堅調な地区であった[1]ことから、JR北海道バスでは2002年の夏ごろから乗務員の採用に着手[1]、2003年2月頃からは社内に準備室を設置する[1]などの対策を行なった。

移譲後は基本的な路線網については大きな再編はせず[1]、JR琴似駅への乗り入れや経路変更などの軽微な修正にとどまっている一方、需要の多い路線については臨機応変に増便などを行うことで対処した[1]。この結果、移譲翌年度(2004年度)の利用実績は、前年度と比較して3万人の増加をみている[1]

路線・運行系統編集

2019年(平成31年)4月1日現在、担当路線は以下の通り[2][3]JR札幌駅札幌駅バスターミナル宮の沢駅前は宮の沢バスターミナルを示す。

札幌市交通局札幌市営地下鉄)との連絡運輸乗継割引)は、地下鉄駅最寄(同名)停留所乗継にて全区間で適用。さっぽろ駅はJR札幌駅・札幌駅前・北5条西7丁目、大通駅は大通西4丁目・大通西3丁目・時計台前・北1条西4丁目、西11丁目駅は西11丁目駅前・北1条西11丁目となる[4]。乗継割引に関する概要は札幌市営地下鉄#乗継割引を参照。

啓明ターミナル、もいわ山ロープウェイ、旭山公園方面編集

南19条西16丁目は「ロープウェイ入口」から、南13条西22丁目は「啓明ターミナル(環状通上)」から、もいわ山ロープウェイは「もいわ山麓駅」から、2017年(平成29年)4月1日に改称[5]

円11・桑11・循環円10・循環円11・円13の地下鉄乗継割引は、大通西25丁目(円山公園駅)も適用される。桑11にて大通西18丁目(西18丁目駅)は適用されない[4]

西25丁目線
桑園円山線
  • 桑11:桑園駅 - 北3条西15丁目 - 大通西15丁目 - 医大病院前 - 大通西18丁目 - 大通西25丁目 - 円山公園駅前 - 大通西25丁目 - 南7条西25丁目 - 南11条西22丁目 - 啓明ターミナル
    • 2009年(平成21年)4月1日、新設[6]。54の桑園駅系統廃止に伴う。
ロープウェイ線
  • 循環円10・循環円11:円山公園駅前 - 大通西25丁目 - 南7条西25丁目 - 界川 - 旭丘高校前 - 伏見町高台(←もいわ山ロープウェイ←) - 南19条西16丁目 - 南13条西22丁目 - 南11条西22丁目 - 南7条西25丁目 - 大通西25丁目 - 円山公園駅前
    • 循環円10は界川先廻り、循環円11は南11西22先廻り。循環円11の円山公園駅前を午前10時以降に発車する便はもいわ山ロープウェイ経由。
    • 札幌市営バス運行時の系統番号は両方向とも「環12」で、そのまま引き継がれた。旧来からJRバスが運行する系統で「12」が存在しており、同一事業者での番号重複は従来利用者以外にはわかりにくいとの指摘があった[7]
旭山公園線
  • 円13:円山公園駅前 - 大通西25丁目 - 南7条西25丁目 - 界川 - 旭山公園
 
53 JR札幌駅到着(札幌営業所担当便)
啓明線

札幌営業所も担当する[3]

  • 51:JR札幌駅 - 時計台前 - 大通西4丁目(啓明発)/北1条西4丁目(啓明行) - 西11丁目駅前 - 医大病院前 - 南3条西16丁目 - 南8条西16丁目 - 南11条西16丁目 - 南14条西17丁目 - 啓明ターミナル
  • 53:JR札幌駅 - 時計台前 - 大通西4丁目(啓明発・啓明行始発)/北1条西4丁目(啓明行) - 西11丁目駅前 - 中央区役所前 - 南3条西16丁目 - 南6条西20丁目 - 南7条西25丁目 - 南11条西22丁目 - 啓明ターミナル
    • 大通西4丁目 - 啓明ターミナルの区間便あり。
  • 50:JR札幌駅 - (53と同経路) - 南11条西22丁目 - 南13条西22丁目 - (この間無停車) - もいわ山ロープウェイ
    • 2019年(平成31年)4月1日、札幌駅からもいわ山ロープウェイの直通アクセスとして53を延長する形で新設[9][10]
山鼻線
  • 循環啓55・循環啓56:啓明ターミナル - 南19条西16丁目 - 伏見町高台 - 旭丘高校前 - 界川 - 旭山公園通15丁目 - 南9条西7丁目 - 中島公園駅前 - 幌平橋駅前 - 静修学園前 - 西線16条 - 啓明ターミナル
    • 循環啓55は南19西16先廻り、循環啓56は西線16条先廻り。
  • 循環啓65・循環啓66:啓明ターミナル - 南11条西22丁目 - 旭山公園通15丁目 - 南9条西7丁目 - 中島公園駅前 - 幌平橋駅前 - 静修学園前 - 西線16条 - 啓明ターミナル
    • 循環啓65は南11西22先廻り、循環啓66は西線16条先廻り。
    • 札幌市営バス運行時の系統番号は南19西16経由も含め両方向とも「環50」で、そのまま引き継がれた。旧来からJRバスが運行する系統で「50」が存在しており、同一事業者での番号重複は従来利用者以外にはわかりにくいとの指摘があった[7]

宮の森・大倉山競技場、円山動物園、円山西町方面編集

荒井山線
動物園線
  • 円15:円山公園駅前 - 神宮前 - 総合グラウンド前 - 動物園前 - 円山西町2丁目 - 円山西町神社前
    • 円山公園駅 - 円山西町2丁目の区間便あり。
くらまる号
  • 臨時:円山公園駅前 - 動物園正門前 - 大倉山競技場
    • 4月下旬から10月中旬まで運行[11]

山の手、西野、福井、平和方面編集

山の手線
西野福井線
  • 発41:発寒南駅前 - 西町北7丁目 - 西野3条2丁目 - 手稲東小学校 - 西野二股 - 福井4丁目 - 五天山公園 - 福井えん堤前
    • 発寒南駅 - 五天山公園の区間便あり。
    • 2010年(平成22年)4月1日、一部便を発寒南駅 - 五天山公園に短縮。
  • 琴41:JR琴似駅 - 地下鉄琴似駅前 - 西区役所前 - 西町北7丁目 - (発41と同経路) - 五天山公園 - 福井えん堤前
    • JR琴似駅 - 五天山公園、地下鉄琴似駅前 - 五天山公園、地下鉄琴似駅前 - 福井えん堤前の区間便あり。2004年(平成16年)4月1日、一部便をJR琴似駅に延長。2010年(平成22年)4月1日、一部便を五天山公園に短縮。
    • 地下鉄乗継割引は西町北7丁目(発寒南駅)も適用される[4]
  • 琴41-1:JR琴似駅→発寒南駅前→(発41と同経路)→五天山公園→福井えん堤前
    • 2004年(平成16年)4月1日開設。金曜の深夜のみ運行。地下鉄琴似駅は経由しない。
西野平和線
  • 発42:発寒南駅前 - 西町北7丁目 - 西野3条2丁目 - 手稲東小学校 - 西野二股 - 西野小学校 - 平和1条5丁目 - 平和の滝入口
  • 琴42:JR琴似駅 - 地下鉄琴似駅前 - 西区役所前 - 西町北7丁目 - (発42と同経路) - 平和の滝入口
    • 地下鉄琴似駅前 - 平和の滝入口の区間便あり。2004年(平成16年)4月1日、一部便をJR琴似駅に延長。
    • 地下鉄乗継割引は西町北7丁目(発寒南駅)も適用される[4]
  • 琴42-1:JR琴似駅→発寒南駅前→(発42と同経路)→平和の滝入口
    • 2004年(平成16年)4月1日開設。金曜の深夜のみ運行。地下鉄琴似駅は経由しない。
西野中洲橋線
  • 発43:発寒南駅前 - 西町北7丁目 - 西野3条2丁目 - 西警察署前 - 西野3条6丁目 - 西野6条8丁目 - 西野第二 - 中洲橋
  • 琴43:JR琴似駅 - 地下鉄琴似駅前 - 西区役所前 - 山の手3条6丁目 - 北海道医療センター前 - 西野3条2丁目 - (発43と同経路) - 中洲橋
    • 地下鉄琴似駅前 - 中洲橋の区間便あり。2004年(平成16年)4月1日、一部便をJR琴似駅に延長。
  • 琴43-1:JR琴似駅→発寒南駅前→(発43と同経路)→中洲橋
    • 2004年(平成16年)4月1日開設。金曜の深夜のみ運行。地下鉄琴似駅は経由しない。
  • 宮43:宮の沢駅前 - 上手稲神社前 - 西野4条9丁目 - 西野6条8丁目 - 西野第二 - 中洲橋

西21・発41・発42・宮43の一部便は、2006年(平成18年)10月21日に宮の沢駅・発寒南駅からイオン発寒SC(2012年4月1日より「イオンモール札幌発寒」、2016年4月1日より「発寒8条12丁目」に改称)まで延長。2016年(平成28年)4月1日に延長区間を廃止[12][13]

北5条・市立病院・八軒・発寒・麻生方面編集

桑園発寒線
北5条線
  • 54:札幌駅前 - 北5条西7丁目 - 北5条西13丁目 - 北5条西20丁目 - 西28丁目駅前
    • 札幌市営バス引き継ぎ時は札幌駅前 - 北5条西20丁目 - 開発建設部前 - 長生園前で運行(札幌市営バス時は西58)。1971年(昭和46年)10月1日に廃止された札幌市電西20丁目線の代替路線とされる[14]
    • 2008年(平成20年)4月1日、札幌駅前 - 長生園前 - 医大病院前 - 北3条西15丁目 - 桑園駅系統新設[15]
    • 2009年(平成21年)4月1日、桑園駅系統を廃止し桑11に振り替え。
    • 2017年(平成29年)4月1日、長生園前系統廃止。同日新設の西28丁目駅系統に振り替え[5]
  • 58:札幌駅前 - 北5条西7丁目 - 北5条西13丁目 - 北5条西20丁目 - 北6条西26丁目 - 琴似営業所前
北7条線
  • 31:大通西4丁目 - 北1条西11丁目(大通発)/西11丁目駅前(大通行) - 北5条西13丁目 - 市立病院前 - 北7条西15丁目 - 北7西20丁目 - 北6条西26丁目 - 琴似営業所前 - 西区役所前 - 地下鉄琴似駅前
南新川線
  • 37:大通西4丁目 - 北1条西11丁目(大通発)/西11丁目駅前(大通行) - 北5条西13丁目 - 市立病院前 - 北21条西15丁目 - (南新川→新川橋→北29条西15丁目(新川駅)→新琴似3条1丁目→和光小学校前→新陽小学校前→北25条西15丁目→南新川)
    • 2004年(平成16年)4月1日、環37(市立病院前発着の循環系統)として開設。同年12月1日に起終点を大通西4へ延長。2005年(平成17年)12月1日より系統を往路と復路に分離し番号を37に変更。括弧内、大通西4発は南新川・新川橋経由北25西15行、大通西4行は新川橋始発北25西15・南新川経由となる。
北24条線
琴似発寒線
  • 琴38:地下鉄琴似駅前 - 琴似3条2丁目 - 発寒小学校前 - 発寒8条7丁目 - 宮の沢駅前
    • 1999年(平成11年)2月25日、札幌市営地下鉄東西線の宮の沢駅延伸に伴い新設。
    • 2016年(平成28年)4月1日、琴39(地下鉄琴似駅前←発寒小学校前←発寒9条10←宮の沢駅前)廃止[13]
琴似八軒線
  • 琴40:琴似営業所前 - 西高校前 - 山の手高校前 - 西区役所前 - 地下鉄琴似駅前 - JR琴似駅 - 八軒5条1丁目 - 八軒6条西5丁目 - 税務大学校前 - 稲山通 - 琴似工業高校前 - 発寒8条10丁目 - 宮の沢駅前
    • 地下鉄琴似駅前 - 宮の沢駅前の区間便あり。
    • 1999年(平成11年)2月25日、札幌市営地下鉄東西線の宮の沢駅延伸に伴い、環40 発寒環状線(地下鉄琴似駅 - 八軒5条1 - 琴似工業高校前 - 西町北7 - 地下鉄琴似駅)を廃止のうえ新設(当時は、西40 琴似発寒線)。
    • 2010年(平成22年)4月1日、一部便の起点を琴似営業所前に延長。
新琴似線
  • 琴46:琴似営業所前 - 西高校前 - 山の手高校前 - 西区役所前 - 地下鉄琴似駅前 - JR琴似駅 - 八軒5条1丁目 - 新川橋 - 北29条西15丁目 - 新琴似3条1丁目 - 麻生町5丁目 - 麻生駅前(麻生バスターミナル
    • 地下鉄琴似駅前 - 麻生駅前の区間便あり。
    • 麻生駅での地下鉄乗継割引は麻生町5丁目も適用される[4]
    • 2016年(平成28年)4月1日、琴似営業所 - 西区役所前間の経路を山の手1条通経由から変更[13]

琴似営業所が管轄しない琴似エリアの路線編集

琴似西野線
西町線
  • 61:JR札幌駅 - 北1西4 - 円山第一鳥居 - 西区役所前 - 宮の沢駅前

休廃止系統編集

北1条発寒線
  • 62:JR札幌駅 - 円山第一鳥居 - 北6条西26丁目 - 二十四軒駅前 - 発寒南駅前 - イオンモール札幌発寒
    • 2010年(平成22年)4月1日新設(平日のみ運行)。2012年4月より北1条通りに経路変更。2016年(平成28年)4月1日、廃止[13]
西町線
  • 快速63:JR札幌駅 - 北1西4 - 円山第一鳥居 - 西区役所前 - 西町北20 - イオンモール札幌発寒
    • 2010年(平成22年)4月1日新設(平日のみ運行)。2016年(平成28年)4月1日、廃止[13]
   
レトロ調車両 134-3351
検査時等代車例 137-6804
ぶらりサッポロ観光バス
  • JR札幌駅 - 北海道庁前(大倉山行)/時計台前(札幌駅行) - 西11丁目駅前 - 札幌市資料館 - 円山公園駅前 - 神宮前 - 動物園正門前 - 大倉山競技場前
    • 4月下旬から11月上旬まで。検査時等を除きレトロ調車両を使用していた。乗継割引の不適用、JRバスが利用可能な特別企画乗車券であっても利用できないなど乗車券の取扱が一部異なり、ぶらりサッポロ観光バスおよび並行路線で利用できる1日乗り放題券が発売されていた。

車両編集

札幌市営バス移管車両
札幌市営バスからは車両118台(非冷房車39台を含む)が琴似営業所と共に移管された、そのうち9台はCNG天然ガス自動車であったがCNG車は2014年初頭までに全て廃車された。ディーゼル車よりも早く廃車されたのはガス容器交換にコストがかかる為、ガス容器の使用期限(容器製造から15年)をもって廃車。
  • 移管車の塗装は当初、社名ステッカーなどを貼り付けただけの暫定塗装であったが、順次自社塗装への塗り替えが進められた。
  • 非冷房車については自社塗装への変更は行われずほとんどが移管年内に廃車となったが、一部は暫定塗装のまま様似営業所へ転じ室蘭ナンバーを取得した上で運用されたものや新篠津交通へ転籍し塗装変更の上活躍を続けた車両もいる。
自社発注車
発注車では他の営業所からの転籍車の他、ジェイ・アール北海道バス初のノンステップバスとなる三菱ふそうエアロスターや、これまで導入のなかった日産ディーゼル(現UDトラックス)のスペースランナーなど、琴似ならではの車両が在籍する。
移籍車
経年車の置き換えは移籍車によっても行われており、これまでに東京都交通局横浜市交通局神奈川中央交通東武バス・コムアート交通・羽田京急バスなどからの移籍車や、元自家用車など様々な車両が在籍する。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 国鉄バス路線としての開業後から2006年3月31日までは、札樽エリア・空知エリア・長沼エリアの各路線には系統単位の名称が存在せず、路線全体の呼称として「札樽線」「空知線」「長沼線」と呼んでいた。

出典編集

  1. ^ a b c d e f バスラマ・インターナショナル96号(ぽると出版) p31
  2. ^ 一般路線バス | 札幌市内”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ a b その他のご案内 連絡先一覧”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e 地下鉄乗継割引の適用範囲”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月25日閲覧。
  5. ^ a b 2017年4月1日ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2017年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月25日閲覧。
  6. ^ 新着トピックス情報”. ジェイ・アール北海道バス. 2009年7月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  7. ^ a b バス交通のわかりやすさ、使いやすさの問題について (PDF)”. 札幌市. p. 7. 2019年5月25日閲覧。
  8. ^ 「JR札幌駅〜医大病院前〜啓明ターミナル」新規運行”. ジェイ・アール北海道バス. 2006年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  9. ^ 2019年4月1日ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月25日閲覧。
  10. ^ JR北海道バス、札幌駅〜もいわ山ロープウェイ間の直通バス運行 4月1日から”. Traicy (2019年3月11日). 2019年5月25日閲覧。
  11. ^ くらまる号 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月25日閲覧。
  12. ^ 10月21日(土)イオン札幌発寒ショッピングセンターまで路線延長!”. ジェイ・アール北海道バス. 2006年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  13. ^ a b c d e 2016.4.1ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2016年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月25日閲覧。
  14. ^ 都心の「市電代替」バスが廃止---札幌のJR北海道バス - レスポンス(2017年4月2日)
  15. ^ 「札幌駅前〜医大病院前〜桑園駅」新規運行!!”. ジェイ・アール北海道バス. 2008年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集