ジェシー・チャベス

アメリカの野球選手 (1983 - )

ジェシー・デビッド・チャベスJesse David Chavez1983年8月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンガブリエル英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。フリーエージェント(FA)。愛称はフラーコFlaco)(後述)。

ジェシー・チャベス
Jesse Chavez
Jesse Chavez 2013.jpg
オークランド・アスレチックス時代
(2013年5月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンガブリエル英語版
生年月日 (1983-08-21) 1983年8月21日(39歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 MLBドラフト42巡目
初出場 2008年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

2001年MLBドラフト39巡目(全体1158位)でシカゴ・カブスから指名されたが、この時は契約せずにリバーサイド・コミュニティ・カレッジ英語版へ進学した。

プロ入りとレンジャーズ傘下時代編集

2002年MLBドラフト42巡目(全体1252位)でテキサス・レンジャーズから指名され、翌2003年5月17日に契約した。

2003年、傘下のA-級スポケーン・インディアンス英語版でプロデビュー。17試合(先発8試合)に登板して2勝2敗1セーブ、防御率4.55、48奪三振を記録した。

2004年はA級クリントン・ランバーキングス英語版でプレーし、27試合(先発22試合)に登板して6勝10敗、防御率4.68、96奪三振を記録した。

2005年はまずA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版でプレーし、11試合に登板後、5月にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格。AA級フリスコでは31試合に登板して4勝3敗1セーブ、防御率5.68、27奪三振を記録した。

2006年はAA級フリスコで開幕を迎え、38試合に登板。2勝5敗4セーブ、防御率4.42、70奪三振の成績で、7月にAAA級オクラホマ・レッドホークスへ昇格し、1試合に登板した。

パイレーツ時代編集

2006年7月31日にキップ・ウェルズとのトレードで、ピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。移籍後は傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーし、12試合に登板して2勝1敗、防御率4.24、15奪三振を記録した。

2007年はAAA級インディアナポリスでプレーし、46試合(先発1試合)に登板して3勝3敗2セーブ、防御率3.92、65奪三振を記録した。

2008年はAAA級インディアナポリスで開幕を迎え、51試合に登板。2勝6敗14セーブ、防御率3.80、70奪三振の成績で、8月27日にパイレーツとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。同日のカブス戦でメジャーデビュー。2点ビハインドの9回表から登板し、1回を無安打無失点1三振に抑えた[2]。この年メジャーではリリーフとして15試合に登板して0勝1敗、防御率6.60、16奪三振を記録した。

2009年3月4日にパイレーツと1年契約に合意。この年はリリーフに定着し、73試合に登板。1勝4敗、防御率4.01、47奪三振を記録した。

ブレーブス時代編集

2009年11月3日に岩村明憲とのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した[3]が、12月10日にラファエル・ソリアーノとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[4]

2010年2月24日にブレーブスと1年契約に合意[5]。開幕から17試合に登板していたが、防御率7.33と落ち込み、6月15日にAAA級グウィネット・ブレーブスへ降格したが、16日に再昇格した。ブレーブスでは28試合に登板して3勝2敗、防御率5.89、29奪三振を記録した。

ロイヤルズ時代編集

2010年7月31日にリック・アンキールカイル・ファーンズワースとのトレードで、グレゴール・ブランコティム・コリンズと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[6]。移籍後は23試合に登板して2勝3敗、防御率5.88、16奪三振を記録した。

2011年2月18日にロイヤルズと1年契約に合意[7]。3月17日に傘下のAAA級オマハ・ストームチェイサーズへ配属され、そのまま開幕を迎えた。開幕後は19試合に登板して2勝3敗5セーブ、防御率4.94の成績で、6月3日にショーン・オサリバン故障者リスト入りしたためメジャーへ昇格[8]。5日のミネソタ・ツインズ戦でシーズン初登板を果たしたが、1回を3安打2失点と救援に失敗し、試合後にAAA級オマハへ降格した[9]。登録枠が拡大された9月1日にメジャーへ再昇格[10]。この年は4試合の登板にとどまり、防御率10.57だった。オフの10月11日にDFAとなった[11]

ブルージェイズ時代編集

2011年10月21日にウェイバー公示を経てトロント・ブルージェイズへ移籍した[12]。12月12日にDFAとなり[13]、12月14日にマイナー契約で傘下のAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ降格した。

2012年はAAA級ラスベガスで開幕を迎え、先発として10試合に登板。6勝2敗、防御率3.72とまずまずの成績を残し、5月27日にブルージェイズとメジャー契約を結んだ[14]。昇格後は1試合に登板したが、6月6日にAAA級ラスベガスへ降格[15]。6月18日に再昇格し、先発として2試合に登板したが、計8.2回で10安打10失点、防御率10.38と結果を残せず、リリーフに復帰。しかしリリーフでも救援失敗が目立ち、7月14日にAAA級ラスベガスへ降格した[16]。8月4日に再昇格し、同日のオークランド・アスレチックス戦では、1回を1安打無失点に抑える好投を見せたが、若手有望株のチャド・ジェンキンスとメジャー契約を結ぶため、翌5日にDFAとなった[17]。6日に40人枠へ復帰し、AAA級ラスベガスへ降格した。ブルージェイズでは9試合の登板にとどまり、1勝1敗、防御率8.44だった。

アスレチックス時代編集

2012年8月24日に金銭トレードで、アスレチックスへ移籍した[18]。移籍後は傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツで2試合に登板し、9月10日にメジャーへ昇格[19]。アスレチックスでは4試合に登板し、防御率18.90だった。

2013年3月10日にAAA級サクラメントへ配属され[20]、そのまま開幕を迎えた。4月20日にメジャーへ昇格し[21]、3試合に登板したが、防御率6.23と振るわず、29日にAAA級サクラメントへ降格[22]。5月10日にメジャーへ再昇格し[23]、その後はリリーフに定着。この年は35試合に登板して2勝4敗1セーブ、防御率3.92、55奪三振を記録した。

2014年1月7日にアスレチックスと1年契約に合意[24]。先発として開幕を迎え、21試合に登板していたが、8月からリリーフに復帰。9月は2試合の登板にとどまり、プレーオフのロースター入りを逃した。この年は32試合(先発21試合)に登板して8勝8敗、防御率3.45、136奪三振を記録した。

2015年1月12日にアスレチックスと215万ドルの1年契約に合意した[25][26]。同年も先発ローテーションに入り、30試合に登板、うち26試合で先発として投げて防御率4.18をマーク。しかし負けが込み、7勝15敗と大きく負け越した。15敗は、アメリカンリーグワースト2位タイの数字である。

ブルージェイズ復帰編集

2015年11月20日にリアム・ヘンドリックスとのトレードで、ブルージェイズへ移籍した[27]

2016年5月15日にレンジャーズ戦で、乱闘が起きた直後にプリンス・フィルダーに対して報復死球を行い、退場処分を受けた[28]。17日にMLBから3試合の出場停止処分が科せられたことが発表された[29]。なお、この年からリリーフに再転向しており、移籍までに39試合にリリーフ登板して防御率4.57・1勝2敗を記録していた。

ドジャース時代編集

2016年8月1日にマイク・ボルシンガーとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[30]。ドジャースでは23試合に登板して1勝、防御率4.21を記録した。ブルージェイズとの合算では、キャリア2位となる62試合に登板して2勝2敗、防御率4.43、WHIP1.33という内容だった。オフの11月3日にFAとなった[31]

エンゼルス時代編集

2016年11月11日にロサンゼルス・エンゼルスと契約するとMLB公式サイトで報じられ[32]、14日付で契約した[31]

2017年は再び先発でも投げ、先発で21試合・リリーフで17試合に登板したが、7勝11敗、防御率5.35という成績に終わった。オフの11月2日にFAとなった[33]

レンジャーズ時代編集

2018年2月23日にレンジャーズと1年契約を結んだ[34]。レンジャーズでは30試合に投げ、3勝1敗1セーブ、防御率3.51を記録した。

カブス時代編集

2018年7月20日にタイラー・トーマス英語版とのトレードで、カブスへ移籍した[35]。移籍後は32試合で2勝1敗4セーブ、防御率1.15の好成績を挙げた。

レンジャーズ復帰編集

2018年11月30日にレンジャーズと2年契約を結んだ[36]

2020年オフの10月28日にFAとなった[37]

エンゼルス傘下時代編集

2021年2月25日にエンゼルスとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになったが[38]、3月26日にFAとなった[39]

ブレーブス復帰編集

2021年4月17日にブレーブスとマイナー契約を結んだ[31]。6月24日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[40]。この年は30試合に登板した。またチームがワールドシリーズ(WS)に進出。第2戦と第5戦の2試合に登板し、自身初となるWS登板を果たした。プレーブスは4勝2敗でヒューストン・アストロズを下して26年ぶり4度目のWS優勝を果たし、自身初めてのWS優勝メンバーとなった[41]。オフの11月3日にFAとなった[42]

カブス復帰編集

2022年3月14日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ[31]。4月2日にメジャー契約を結びアクティブ・ロースター入りした[31]

プレーブス復帰編集

2022年4月20日にショーン・ニューカムとの交換(プラス金銭)でアトランタ・ブレーブスにトレード移籍した[31][43]

エンゼルス復帰編集

2022年8月2日にライセル・イグレシアスとのトレードでタッカー・デービッドソンと共にロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[44]。しかし、移籍後は11試合で防御率7点台と振るわず、8月29日にリリースされた[45]

ブレーブス復帰編集

2022年8月30日にウェーバー公示を経てアトランタ・ブレーブスに移籍した[46]。 オフの11月6日にFAとなった[47]

人物編集

愛称はフラーコFlaco)で、これはメジャーデビュー前、レンジャーズ傘下所属時の投手コーチが名付けたスペイン語で「痩せこけた」を意味するものである[48]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2008 PIT 15 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 74 15.0 20 2 9 2 0 16 2 0 11 11 6.60 1.93
2009 73 0 0 0 0 1 4 0 15 .200 286 67.1 69 11 22 3 1 47 5 0 33 30 4.01 1.35
2010 ATL 28 0 0 0 0 3 2 0 0 .600 162 36.2 40 6 12 3 1 29 0 0 24 24 5.89 1.42
KC 23 0 0 0 0 2 3 0 6 .400 118 26.0 29 5 11 4 0 16 2 0 20 17 5.88 1.54
'10計 51 0 0 0 0 5 5 0 6 .500 280 62.2 69 11 23 7 1 45 2 0 44 41 5.89 1.47
2011 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 39 7.2 12 3 5 0 0 8 0 0 9 9 10.57 2.22
2012 TOR 9 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 102 21.1 25 6 10 1 2 27 0 0 22 20 8.44 1.64
OAK 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 3.1 9 1 1 0 1 3 1 0 7 7 18.90 3.00
'12計 13 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 123 24.2 34 7 11 1 3 30 1 0 29 27 9.85 1.82
2013 35 0 0 0 0 2 4 1 1 .333 248 57.1 50 3 20 4 3 55 5 0 27 25 3.92 1.22
2014 32 21 0 0 0 8 8 0 0 .500 621 146.0 142 17 49 3 5 136 7 0 64 56 3.45 1.31
2015 30 26 0 0 0 7 15 1 0 .318 672 157.0 164 18 48 2 2 136 3 0 78 73 4.18 1.35
2016 TOR 39 0 0 0 0 1 2 0 7 .333 173 41.1 43 9 10 0 2 42 1 0 22 21 4.57 1.28
LAD 23 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 109 25.2 28 3 8 3 0 21 0 0 14 12 4.21 1.40
'16計 62 0 0 0 0 2 2 0 11 .500 282 67.0 71 12 18 3 2 63 1 0 36 33 4.43 1.33
2017 LAA 38 21 0 0 0 7 11 0 1 .389 586 138.0 148 28 45 2 2 119 1 0 83 82 5.35 1.40
2018 TEX 30 0 0 0 0 3 1 1 3 .750 234 56.1 58 10 12 1 0 50 1 0 23 22 3.51 1.24
CHC 32 0 0 0 0 2 1 4 4 .667 143 39.0 26 3 5 0 0 42 0 0 5 5 1.15 0.80
'18計 62 0 0 0 0 5 2 5 7 .714 377 95.1 84 13 17 1 0 92 1 0 28 27 2.55 1.06
2019 TEX 48 9 0 0 0 3 5 1 8 .375 337 78.0 82 12 22 0 5 72 1 0 48 42 4.85 1.33
2020 18 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 77 17.0 20 6 7 0 1 13 0 0 13 13 6.88 1.59
2021 ATL 30 4 0 0 0 3 2 0 2 .600 133 33.2 23 0 11 1 0 36 3 0 9 8 2.14 1.01
2022 CHC 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.2 7 1 2 0 0 3 0 0 4 4 6.35 1.59
LAA 11 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 50 10.2 15 2 4 0 0 10 0 0 12 9 7.59 1.78
ATL 46 1 0 0 0 3 3 0 10 .500 218 53.0 49 5 14 0 1 61 2 1 18 16 2.72 1.19
'22計 60 1 0 0 0 4 3 0 10 .571 292 69.1 71 8 20 0 1 74 2 1 34 29 3.76 1.31
MLB:15年 571 84 0 0 0 48 63 8 63 .432 4427 1036.0 1059 151 327 29 26 942 34 1 546 506 4.40 1.34
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2008 PIT 15 1 3 0 0 1.000
2009 73 6 5 0 1 1.000
2010 ATL 28 1 5 0 0 1.000
KC 23 2 1 0 0 1.000
'10計 51 3 6 0 0 1.000
2011 4 0 0 0 0 ----
2012 9 0 1 1 0 .500
OAK 4 0 1 0 0 1.000
'12計 13 0 2 1 0 .667
2013 35 7 7 0 0 1.000
2014 32 11 4 0 3 1.000
2015 30 10 10 2 0 .909
2016 TOR 39 1 2 0 0 1.000
LAD 23 0 2 0 0 1.000
'16計 62 1 4 0 0 1.000
2017 LAA 38 4 11 0 1 1.000
2018 TEX 30 1 6 0 0 1.000
CHC 32 2 3 0 0 1.000
'18計 62 3 9 0 0 1.000
2019 TEX 48 2 7 0 0 1.000
2020 18 0 1 0 0 1.000
2021 ATL 30 1 4 1 0 .833
2022 CHC 3 0 0 0 0 ----
LAA 11 0 0 0 0 ----
ATL 46 2 5 0 0 1.000
'22計 60 2 5 0 0 1.000
MLB 571 51 78 4 5 .970
  • 2022年度シーズン終了時

背番号編集

  • 43(2008年 - 2010年途中、2018年7月21日 - 同年終了、2022年 - 同年4月19日)
  • 57(2010年途中 - 2011年)
  • 20(2012年 - 同年途中)
  • 60(2012年途中 - 2014年、2021年、2022年4月20日 - 同年7月30日、2022年8月30日 - )
  • 30(2015年 - 2016年途中、2020年)
  • 58(2016年途中 - 同年終了)
  • 40(2017年、2022年84日 - )
  • 53(2018年 - 同年7月19日、2019年)

脚注編集

  1. ^ Jenifer Langosch (2008年8月27日). “Bucs recall Chavez, demote Hansen” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  2. ^ Scores for Aug 27, 2008” (英語). ESPN (2008年8月27日). 2015年11月23日閲覧。
  3. ^ “Rays trade Iwamura to Pittsburgh for pitcher Jesse Chavez” (英語) (プレスリリース), (2009年11月3日), http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091103&content_id=7614930&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2015年11月23日閲覧。 
  4. ^ “Braves & Rays Strike Two-Player Deal” (英語) (プレスリリース), (2009年12月11日), http://atlanta.braves.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091211&content_id=7798702&vkey=pr_atl&fext=.jsp&c_id=atl 2015年11月23日閲覧。 
  5. ^ “Atlanta Braves Agree To Terms With 11 Players” (英語) (プレスリリース), (2010年2月24日), http://atlanta.braves.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100224&content_id=8130582&vkey=pr_atl&fext=.jsp&c_id=atl 2015年11月23日閲覧。 
  6. ^ “Royals acquire pitchers Collins and Chavez and outfielder Blanco from Braves” (英語) (プレスリリース), (2010年7月31日), http://kansascity.royals.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100731&content_id=12853614&vkey=pr_kc&fext=.jsp&c_id=kc 2015年11月23日閲覧。 
  7. ^ “Royals Agree to Terms With Five Players” (英語) (プレスリリース), (2011年2月18日), http://kansascity.royals.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110218&content_id=16676264&vkey=pr_kc&fext=.jsp&c_id=kc 2015年11月23日閲覧。 
  8. ^ Dick Kaegel (2011年6月3日). “Biceps tendinitis forces O'Sullivan to DL” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  9. ^ Mazzaro stepping in for injured O'Sullivan” (英語). MLB.com (2011年6月6日). 2015年11月23日閲覧。
  10. ^ Royals' struggling bullpen trying to reload” (英語). MLB.com (2011年9月1日). 2015年11月23日閲覧。
  11. ^ “Royals claim pitcher Aaron Laffey on outright waivers from the Yankees” (英語) (プレスリリース), (2011年10月11日), http://kansascity.royals.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20111011&content_id=25604596&vkey=pr_kc&fext=.jsp&c_id=kc 2015年11月23日閲覧。 
  12. ^ Gregor Chisholm (2011年10月21日). “Blue Jays claim Chavez off waivers” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  13. ^ “Blue Jays acquire Ben Francisco for Frank Gailey” (英語) (プレスリリース), (2011年12月11日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/26147884/ 2015年11月23日閲覧。 
  14. ^ Blue Jays reinfo” (英語). MLB.com (2012年3月27日). 2015年11月23日閲覧。
  15. ^ Blaine Blontz (2012年6月6日). “Jesse Chavez Optioned; Blue Jays Recall Yan Gomes” (英語). MLB Daily Dish. 2015年11月23日閲覧。
  16. ^ Chavez optioned to Las Vegas after difficult outing” (英語). MLB.com (2012年7月15日). 2015年11月23日閲覧。
  17. ^ Former first round pick Jenkins called up” (英語). MLB.com (2012年8月5日). 2015年11月23日閲覧。
  18. ^ “A's acquire Jesse Chavez from Toronto” (英語) (プレスリリース), (2012年8月24日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/37258302/ 2015年11月23日閲覧。 
  19. ^ “A's recall Barton, Chavez and Weeks” (英語) (プレスリリース), (2012年9月10日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/38201336/ 2015年11月23日閲覧。 
  20. ^ “A's announce nine roster moves” (英語) (プレスリリース), (2013年3月10日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/42570284/ 2015年11月23日閲覧。 
  21. ^ “A's Recall RHP Chavez from Sacramento; Option RHP Scribner to Sacramento” (英語) (プレスリリース), (2013年4月20日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/45314866/ 2015年11月23日閲覧。 
  22. ^ “A's Recall RHP Straily from Sacramento; Option RHP Chavez to Sacramento” (英語) (プレスリリース), (2013年4月29日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/46125822/ 2015年11月23日閲覧。 
  23. ^ “A's Recall Chavez From Triple-A Sacramento; Option Scribner To Sacramento” (英語) (プレスリリース), (2013年5月10日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/47146420/as-recall-chavez-from-triple-a-sacramento-option-scribner-to-sacramento 2015年11月23日閲覧。 
  24. ^ “A's agree to terms with RHP Jesse Chavez on one-year contract” (英語) (プレスリリース), (2014年1月7日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/66368778 2015年11月23日閲覧。 
  25. ^ “A's agree to terms with RHP Jesse Chavez on one-year contract” (英語) (プレスリリース), (2015年7月12日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/106225128/as-agree-to-terms-with-rhp-jesse-chavez 2015年11月23日閲覧。 
  26. ^ Jamal Collier (2015年1月12日). “A's, righty Chavez avoid arbitration with one-year deal” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  27. ^ Gregor Chisholm (2015年11月20日). “Blue Jays swap Hendriks for A's Chavez” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  28. ^ Gregor Chisholm (2016年5月15日). “Bautista, Gibbons voice displeasure with Rangers”. MLB.com. 2016年5月27日閲覧。
  29. ^ “Discipline for Blue Jays-Rangers incidents announced” (英語) (プレスリリース), (2016年5月17日), http://m.mlb.com/news/article/178662068 2016年5月27日閲覧。 
  30. ^ Craig Calcaterra (2016年8月1日). “Blue Jays trade Jesse Chavez to the Dodgers” (英語). mlb.nbcsports.com. 2016年8月7日閲覧。
  31. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2022年5月23日閲覧。
  32. ^ Austin Laymance (2016年11月11日). “Angels add veteran righty Chavez” (英語). MLB.com. 2016年11月15日閲覧。
  33. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  34. ^ Rangers add Chavez to pitching mix MLB.com (英語) (2018年2月23日) 2018年2月25日閲覧
  35. ^ Carrie Muskat (2018年7月20日). “Cubs acquire righty Chavez from Rangers” (英語). MLB.com. 2018年7月22日閲覧。
  36. ^ Chavez back to Rangers on 2-year deal” (英語). MLB.com (2018年11月30日). 2018年12月14日閲覧。
  37. ^ Manny Randhawa and Paul Casella (2020年11月11日). “2020-21 free agents, position by position” (英語). MLB.com. 2020年11月17日閲覧。
  38. ^ Jeff Fletcher (2021年2月11日). “Angels sign veteran Jesse Chavez to minor league deal” (英語). The Orange County Register. 2021年4月28日閲覧。
  39. ^ Connor Byrne (2021年3月27日). “Angels Re-Sign Jon Jay, Release Jesse Chavez” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年4月28日閲覧。
  40. ^ Steve Adams (2021年6月24日). “Braves Select Jesse Chavez, Tanner Roark” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年6月25日閲覧。
  41. ^ Anthony Castrovince (2021年11月2日). “Braves win 1st World Series title since 1995” (英語). MLB.com. 2021年11月3日閲覧。
  42. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  43. ^ Jesse Rogers (2022年4月21日). “Atlanta Braves reacquire right-hander Jesse Chavez, 38, in swap of pitchers with Chicago Cubs”. ESPN.com. 2022年5月23日閲覧。
  44. ^ Angels deal for prospects, flexibility with flurry at Deadline” (英語). MLB.com. 2022年8月3日閲覧。
  45. ^ McDonald, Darragh (2022年8月29日). “Angels Release Jesse Chavez”. 2022年8月29日閲覧。
  46. ^ Braves claim Jesse Chavez off waivers from the Angels” (英語). MSN. 2022年9月3日閲覧。
  47. ^ 131 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2022年11月6日). 2022年11月14日閲覧。
  48. ^ Explaining Angels Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集