ジェス・グリン

イギリスの歌手

ジェス・グリン(: Jess Glynne1989年10月20日[1] - )は、イギリス出身の歌手。2014年クリーン・バンディットの『Rather BE』にゲストボーカルとして参加し、第57回グラミー賞で授賞最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞した[1]

ジェス・グリン
Jess Glynne (17579099972).jpg
Jess Glynne (17579099972)
基本情報
生誕 (1989-10-20) 1989年10月20日(30歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ポップ・ミュージック
職業 歌手
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
公式サイト Jess Glynne(日本語)
Official Website(英語)

来歴編集

1989年、ロンドンのハムステッドに生まれる[1]

2014年クリーン・バンディットの『Rather BE』にゲストボーカルとして参加し、第57回グラミー賞で授賞最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞[1]

同年、ルート94の「My Love」にフィーチャリング参加し、全英チャートで1位を記録[2]

2015年アルバム『I Cry When I Laugh』でソロデビュー[1]。このアルバムはイギリスのチャートで初登場1位を獲得した後[3]、6度の1位を記録し、200万枚を売り上げた[4]

同年、ソロ名義のシングル「Hold My Hand」、「Don't Be So Hard on Yourself」、タイニー・テンパーとのコラボレーションソング「Not Letting Go」も全英チャートで1位を記録[2]

日本では、同年10月6日に初来日し、日本テレビ系「スッキリ!!」に出演[5]

2018年サマーソニックで来日予定[4]

作品編集

アルバム編集

  • I Cry When I Laugh(2015年)
  • Always In Between(2018年)

シングル編集

  • Right Here(2014年)
  • Real Love with Clean Bandit(2014年)
  • Rather BE feat. Jess Glynne(2014年) - クリーン・バンディット名義
  • Hold My Hand(2015年)
  • Don't Be So Hard on Yourself(2015年)
  • Take Me Home(2015年)
  • Ain't Got Far to Go(2016年)
  • If I Can't Have You(2016年)
  • I'll Be There(2018年)
  • All I Am(2018年)
  • Thursday(2018年)
  • No One(2019年)

OST編集

  • Backstage Diaries(2015年)
  • Chic(2015年)
  • ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年)

受賞歴編集

ノミネート編集

  • ブリット・アワード(2016年)、ベスト女性ソロアーティスト、シングル・オブ・ザ・イヤー、ベストシングル賞「Hold My Hand」[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Jess Glynne”. タワーレコード. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ a b ジェス・グリン、クリーン・バンディット「ラザー・ビー」参加の歌姫がデビューALを9月日本リリース”. ビルボードジャパン. 2018年5月10日閲覧。
  3. ^ UKアルバム・チャート、ジェス・グリンのデビュー作が初登場1位”. barks. 2018年5月10日閲覧。
  4. ^ a b サマソニ来日のジェス・グリン、約3年ぶり新曲MV公開”. ビルボードジャパン. 2018年5月10日閲覧。
  5. ^ ジェス・グリン、初のプロモーション来日を果たすことが明らかに”. Time Inc. 2018年5月10日閲覧。
  6. ^ JESS GLYNNE”. グラミーアワーズ. 2018年5月10日閲覧。
  7. ^ Jess Glynne Awards”. IMDb. 2018年5月10日閲覧。

外部リンク編集