メインメニューを開く

ジェットストリーム (JETSTREAM) は、三菱鉛筆が開発し販売している油性ボールペンである。

JETSTREAM
製品種類 ボールペン
使用会社 三菱鉛筆
使用開始国 日本の旗 日本
主要使用国 日本の旗 日本
使用開始 2006年
ウェブサイト ジェットストリーム スタンダード
テンプレートを表示

「油性ボールペンの短所をすべてつぶすこと」を目標として、三菱鉛筆が2000年に開発を開始した。書いた直後でも水ににじまない、といった油性ボールペンの長所はそのままに、既存のすべての油性ボールペンと異なる軽い書き味が何よりもの特徴である[1]。まず日本国外向けのキャップ式製品が完成し2002年に発売したが、日本国内向けにはキャップレス(ノック式)に挑戦し2003年に開発を開始した。キャップレスでも問題の起きないインクに改良し完成するまでに3年以上を費やし、2006年7月にノック式の製品を発売した[2]

書き味が滑らかであり、従来の製品と比較するとペン先の摩擦が半分ほどしかない。そのため、書き味には定評がある[2]

製品発売以降、各社から相次いで低粘度油性ボールペンが発売され、開発競争が生まれることになった。

ラインナップ編集

(日本国内製品のみ。数量限定品は割愛)

  • ジェットストリーム スタンダード
    • ジェットストリーム a-gel搭載タイプ
    • ジェットストリーム ラバーグリップタイプ
  • ジェットストリーム 多色ボールペン
    • ジェットストリーム 2色ボールペン
    • ジェットストリーム 3色ボールペン
    • ジェットストリーム 4色ボールペン
  • ジェットストリーム 多機能ペン
    • ジェットストリーム 2&1
    • ジェットストリーム 3&1
    • ジェットストリーム 4&1
    • ジェットストリーム Fシリーズ
  • ジェットストリーム カラーインク(2代目)
  • ジェットストリーム プライム
  • ジェットストリーム スタイラス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 他社含め以前に、特許は取ったものの商品化に断念したものと思われる特許が見られる。
  2. ^ a b “油性ボールペン嫌いがゼロから作った三菱鉛筆「JETSTREAM」”. 日本経済新聞. (2009年2月25日). http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT2J000024022009 2010年4月16日閲覧。 

外部リンク編集