メインメニューを開く

ジェニファー・マルハーン・グランホルム英語: Jennifer Mulhern Granholm1959年2月5日 - )は、アメリカ合衆国政治家2003年1月1日にミシガン州初の女性知事に就任した。2006年に再選を果たし、2期8年を務め上げた。2011年1月1日に任期を終え、共和党リック・スナイダーに知事の座を引き継いだ。

ジェニファー・グランホルム
Jennifer Granholm
Jennifer Granholm.jpg
ジェニファー・グランホルム(2010年)
生年月日 (1959-02-05) 1959年2月5日(60歳)
出生地 カナダの旗 カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
ハーバード大学
現職 弁護士
所属政党 民主党
配偶者 ダニエル・マルハーン
子女 キャサリン・セシリア・ジャック
公式サイト Governor Jennifer Granholm

在任期間 2003年1月1日 - 2011年1月1日

在任期間 1999年1月1日 - 2003年1月1日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1959年カナダバンクーバースウェーデン系移民の家に生まれる。21歳でアメリカに帰化カリフォルニア大学バークレー校で政治とフランス語を学んだ後にハーバード・ロー・スクール博士課程を修める。その後、アメリカ合衆国連邦第六控訴裁判所、デトロイト東部地区連邦検事、ミシガン州ウェイン・カウンティ市の法務顧問を務めた後、1998年に女性初のミシガン州司法長官となった。2002年の州知事選挙で当選し、2003年に同州初の女性知事として就任、2006年にも有効投票数の56%を得て再任された。

政策と実績編集

在任中に州財政の40億ドルに上る予算不足問題を解消。また、自動車業界の不振に悩む同州で、新規雇用・インフラ促進・労働者の高度技術訓練の実施を掲げた。自動車工場の跡地を利用したテックタウンや企業家養成学校「ビズダム・ユー」等の試みはこの政策方針がもたらした一定の成果といえる。また、新規事業の創出を狙いバイオ・新エネルギー産業にも注力しており、2008年には2015年までに総量の10%を新エネルギーで賄う法案を可決させている。

知事在任中に二度訪日している。

知事退任後編集

2012年1月から、カレントTVというTV局の政治分析番組"War Room"のキャスターに就任した。しかし、2013年1月に、アルジャジーラによるカレントTVの買収が明らかになると、"War Room"を降りることを発表して番組を去った[1]

外部リンク編集

脚注編集